風と帆掛けサバニ

沖縄の海を帆掛けサバニと気心しれたる友たちと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

East Club 第16回サバニ帆漕レース参戦記

2016年01月12日 | 帆掛けサバニ
画像のみですが

第16回サバニ帆漕レースでの写真をアップします。

イーストにとって今年の第17回大会はとても重要(最後)なレースとなります。

仲間との最高の思い出作りたいと思います












































































































































































East Club

コメント

第15回帆掛けサバニ帆漕レース-EAST CLUB-

2014年09月13日 | 帆掛けサバニ
思い出の第15回帆掛けサバニ帆漕レース

仲間達と過ごした楽しい時間を写真と共に!



We are EAST CLUB!!












□■ フェリー編 □■





 





































□■ サバニ組立 □■

























□■ 古座間味ビーチにて □■


































□■ 座間味島ドライブ □■



































□■ 島内レース激闘編 □■


































































































□■ 前夜祭etc □■


























今年も楽しい仲間達との素晴らしい思い出がたくさんできた。

忘れられないかけがえのない思い出



EAST CLUB
コメント

第14回サバニ帆漕レース参戦記 ~後編~

2013年07月20日 | 帆掛けサバニ
いや~、後編がアップされずみなさま(ほぼ身内)におかれましては首が伸びきってしまったかもしれませんが

おまたせしました。

第14回サバニ帆漕レース参戦記 ~後編~ 



さあ、脳細胞がどんどん老化し記憶が怪しいですが

かすかな記憶を頼りに後編を書き綴ります




早朝のあかばな~風景


奇跡的に真夜中までにほぼ全員が寝静まったイーストクラブ御一行は

早朝5時すぎから一人、また一人と起き始めます

早朝の座間味島はとても静まりかえっていて心が穏やかになります



さすがに朝はこのお方も静かです





そして、昨夜えりかとみゆきが作ってくれた豚汁を起き出した順に食べ始めます。

暖かい豚汁は胃に優しく美味しかった。あっ、さとみがわざわざ四角に変形させたおにぎりもおいしかったはず…


食事と顔を洗ったり歯磨きしたり、支度ができた者はどんどん出発の準備

7時にはここあかばな~から撤収です


島で出会った女の子。ひんと、とても仲良しになりました。
ひんの自然で素朴な感じが子供達を引き寄せるのかな~不思議な魅力があるんだはずね~

イーストはなぜか小さな女の子には人気あるんです(笑)





慣れ親しんだ“あかばな~”を後にし、我らが伴走艇オリエント号が待つ港へと移動

港では別の民宿で泊まった女性陣や子供達とも合流。

そろそろレース本番モードでした(自分は)

しかし、そうでもない女性陣とその他数名のまとまりのないイーストメンバーをどうにか掻き集め(一人戻ってくれば、また一人いなくなるの繰り返しでした)

当日の日程を打ち合わせ


前半組後半組の確認




交代のタイミングの打ち合わせ



ひんとは舵取りとしてのルートと目標設定の打ち合わせ自分はしっかりやったつもり…しかし…



最後に記念写真を

このメンバーが一同に揃うのは今だけこの後は全員が揃うことはないので大切な1枚


We're like a big family!!  みんな家族のようです

記念写真の撮影が済むと前半組と後半組に別れます




さあ、いざ古座間味ビーチへ

古座間味ビーチへ着くとまずサバニの点検をしスタートにそなえる

少し緊張感がでてきたか


レースの航海安全を祈願する儀式が行われています


フェリーで車を持ち帰ってくれる応援組のかおるとみゆき、ジャスティーン、かんた、けいご、れいな~



今回はウォータープルーフケースを持ってきていたのでコンデジ使って楽しんだ




“スターティング6” 左からぼっくー、後ろにまーきー、カップー、マコト、ミーボーその後ろにひん

スタート3分前の緊張感最高です









スタート。かんた~やけいご~薫たちが一緒に押してくれてのサバニスタート








特にトラブルもなくスムーズなスタートでした。しかし、風がない!!





前日とは違い風の吹かない中どうにか船団の中段より後方を進むイースト丸





実はこのころから舵にちょっとしたトラブルが

舵を規定の高さで固定していたストッパーに緩みが出て舵が下がってしまいワイヤーでの操作が不能に

やむなくサバニの後ろヘリに座り直接手で舵を操作 










見よこの画像 イーストの漕ぎもなかなかだぞ! かっちょいいでしょ。たかとのナイスショットです



しかし、いかんせん風がないとイースト丸はじりじり前のサバニに離されていく苦しい展開ながらどうにか舟を進め

渡嘉敷島を過ぎ前島を超えた。前島を過ぎて大海原へ出たところで自分は一気にサバニを南側に走らせる進行方向は与座岳を目標に

前や周辺にいるサバニの船団を左手に見ながら大きく風上にサバニを持ち出した。ここでメンバー交代

後半組が乗り込み自分はひんと舵取りを交代し漕ぎ手に回る

ここから

今回のレースの最高の見せ所に突入

これまで微風だった風がどんどん強くなりアウトリガーを持ち上げるほど帆は風を受ける

それにともないイースト丸の足が速くなる。そして近くにいたサバニを突き放しイースト丸はぐいぐい加速

漕ぎ手もてぃーなーを持つひんも行くぞーっと盛り上がる



見よ。この帆に満帆の風を受け疾走するサバニを  オリエント号船長とさとみのコンビで産まれた最高の1枚



1艇また1艇と前にいたサバニを交わしながらイースト丸は快走を続ける

それと同時に伴走艇オリエント号の船長達のテンションも上がっていたとはつゆ知らず








この頃から伴走艇オリエント号からの罵声が飛び交う『ターボー使え!』『もっと漕げ!もっと漕げ~!』

周りのサバニも同じ風を掴んでいるがこの時はイーストの方が俄然走っていた


前のサバニを抜きたい気持ちが強くひんの舵取りは完全に前のサバニだけを見ている

本来は前のサバニではなく港で打ち合わせしたとおり沖縄本島にある陸上の建物を目標にしなければならないのだが…

気にはなっていたがチービシ諸島 クエフ島とは距離もあり、潮の流れには

捕まらないだろうと特に指示はしなかった(これが後で命取りに)







前を行くチームに追いつけ追い越せとばかりに必死にサバニを前に進める。ひんの絶妙なてぃーなーさばき

“NAHA NAVI”、“海学校”、“ニヌハ”チームに追いつくも…  抜き返すにはいたらず



黙ってレースを見守る、ぼっくーとカップー




克広さん、初のサバニ帆漕レース参戦。レースの醍醐味を堪能してもらえてよかった





応援団長 たかと、最後まで大きな声でエールと野次を送り続けた




こーじ、今年も疲れました~。


手抜きの達人まーきー。手に豆すらできてないくせに~。努力という字を手に書いて飲め!!



えりか、どうだった?サバニ帆漕レースは?イーストは? 最高だったでしょ!



さとみ、カメラとビールのどちらかを常に持って頑張ってたね~。ビールでほっと一息つけるのはあなたくらいです(笑)




急な伴走艇の依頼に快く応じてくれた。オリエント号の船長。今回のイーストのレース展開に興奮してくれました。



克広さん曰く『この人とは数十年の付き合いだけど、この人のこんな笑顔見たことない』イーストと共に最後までレースを楽しんでくれた廣末船長の満面の笑み!

ちなみに、この写真は船長が死んだときの遺影に使うそうです(爆笑)




レース終盤はチービシを過ぎ間もなくゴールというところで風が無くなる。
ここでイースト丸は一気に失速。それとともに後ろに小さくしか見えていなかったサバニがぐんぐん近づき大きくなる

出た~!女海想チーム。後ろきてるぞ!『漕げ~!』応援むなしくゴール前で一気に2艇(チームりゅうせき、女海想)に抜き去られる

この2艇ともにイーストよりも遙か右。南側を進み風上から一気にゴールに向かって降りてきた。

本来、自分とひんが打ち合わせしていたコース取りがあのラインだったはず、

風が吹き舟が走り前ばかり見ていて本来の自分たちのコース取りをしていなかった(注意しなかった)

自分とひんの責任だな。

最後は悪い点もあったけど無事にイーストもゴールを通過。

みんな、お疲れ様


ラスト漕ぎきったメンバー




最終結果はあとで報告としてレース編はこれまで

さあ、ここからとまりん表彰式だ









フェリーで車を持って帰ってきた薫や本島でバックアップしてくれたみちゃーとともえ達も参加



レースでの健闘もありみんな笑顔で今年のレースを振り返る

















イーストのキューティーハニー 海音、樹音のふたり。イーストはこの二人にたじたじ~




司会のミキトニーはたかとの野次にたじたじ~





カップーとダンプタナバタ




光男とさまゆき。まさゆき、きもっ!





生バンドは今年も “おじゃまんてす”が登場~


そうなるとイーストからは宴会部長のあの人も




はい。イーストの目立つの大好きたかと登場~




こーじーと二人でエア三味線で笑いを取る。人がたくさんいるとこ大好きな二人~




肝心の表彰式では古式部門で糸満のエミ丸8が優勝~


さあ、とまりんでの盛り上がりも冷めぬまま、イーストは打ち上げへと移動~




さあ、ここからは場所をかえてイーストだけでの打ち上げ


ここで予想外のサプライズが


ともえの娘でイーストのキューティーハニー海音と樹音からイーストのメンバー一人一人に賞状が

こんなの初めてでとても嬉しかった



海音、樹音ありがとう~。涙でそうになったよ~




参加賞の記念Tシャツは サポートしれくれたみんなにプレゼント 海音、樹音にも




毎年、会社の棚卸しとレースが重なって参加できないウケチューにも




今回初めて応援団として参加して2日間を盛り上げてくれた女性陣にも




さっそくTシャツを着てる 二人 かわいいです


今回のレースを振り返って

たまん丸の先輩達からサバニを譲りうけ、必死にレースに間に合わせるため整備にはげみ

レース直前での伴走艇変更。女性陣や子供達の初参戦などなど

いつものレースとはまた違った意味での楽しく充実した2日間となり仲間との大切な思い出が一つ増えた

そしてこの第2のイースト丸の能力はまだまだ未知数であり今後も期待がもてるものだと思っている




第14回サバニ帆漕レースが今年も無事に終了したこと

そしてこのレースを開催するにあたりご尽力されている実行委員のみなさまに心から感謝いたします

この素晴らしいレースのお陰で仲間達との大切な思い出を作ることができました


ありがとうございました






East Club 順位19位(総合)Time:4:42:22





























 
コメント

第14回サバニ帆漕レース参戦記 ~前編~

2013年07月05日 | 帆掛けサバニ


それでは、先日行われた第14回サバニ帆漕レースへ参加した全日程を写真多め、自虐ネタ少々、そしてほぼ独りよがりな身内ネタ盛りだくさんで

書き綴っていきたいと思います。(このブログに出てくるメンバーからの苦情等は一切受け付けません)ご了承ください。



6月29日(土)快晴 

今回のレースはいつものレースと大幅に内容が変わりました。

まず第一にいつも僕らと共にレース参加していた伴走艇であるクリスティーナ号がエンジンのオーバーホールが間に合わずあえなく参加不能!

そして、昨年行われた同期会で集まった同級生の女性数名が一緒に行きたいと騒ぎ(なかばダダをこねて)緊急参戦!

イーストにおいてはいつものメンバー10名だが女性陣はその子供達も含めあれよあれよと増えていき8名の参加

総勢18名(イースト10名、女性4名。中学生2名、小学生2名)

そしてクリスティーナに替わって伴走艇を引き受けてくれたのは自分の大先輩であり親父の親友達でもあるオリエント号の末廣船長と克広さん

今回、伴走艇は土曜日の夕方しか座間味港に着くことができないため、私たちはフェリーで行かざるを得なくなり更にはこの人数なので車両も持ち込むことに

普段しないことをするとたいがい手違いや失敗もあるので自分は不安でいっぱい、しかし、今回は座間味島へは行かなくとも本島でバックアップしてくれる仲間も

いて段取り的にはとても助かりました

この後は大まかに区割りして画像を交え記していきます。



まずはフェリー編

座間味島行きの舟である“フェリーざまみ”の出航時間は午前10時 私たちは9時にとまりんのフェリーターミナルへ集合する

いきなりチケットの購入でドタバタするはめに。 予約は前もってしていたので乗船はできましたが朝から冷や汗タラタラでした




この日のフェリーは超満員。キャンセル待ちの人もでる始末。チケット購入に戸惑ってギリギリで乗船したため

客室には入れず船外や廊下などで過ごす(幸い海の状況はそんなに荒れてはおらず、気持ち良いくらい)




自分が冷や汗タラタラしてたのにこの方達はすでにビールを開けてくつろいでいます



そうかと思うと反対側では




 早っ!薫がダウン出航して10分かそこらで、さっき外で今日は海も荒れてなくて最高だと思っていたのに


そこで思い出したうちのカップー(毎年船酔いする男)は大丈夫か?


フェリーの上の階に彼はいました




後ろ姿がかっこいい?違います。船酔いしないか不安で固まってるだけです(笑)





たかとが格好良く撮ってますがサングラスの奥には膠着したカップーの目が…繰り返します彼はただ船酔いに怯え固まっているだけです(爆)




その他の面々はというと余裕でビール片手に談笑




とりあえず無事にフェリーに乗れただけで一安心



うちの盛り上げ部長たかとが動き回りあちこちで写真を撮っています。




格好いい写真だと思うけど…




      



良いアングルだと思うけど…


   

ひとこと言わせて




『カメラのストラップ首に掛けてから身を乗り出せや~!!』

この男はカメラだけ持って揺れるフェリーから上半身乗り出して撮影してました~


俺はカメラが心配でまた冷や汗でてきたやんけ~

お前が海に落ちるよりカメラが落ちる方が悲しいんだって言ってやりたかった!


はぁ~。いかんみんな浮かれとる





そして、女性陣のまとめ役のえりかとしばし談笑しました。彼女とは幼なじみです



こんな感じ







そうこうしているうちにフェリーは阿嘉島を経由し目的地座間味島へ到着!









みんなが下船しているときに何やら変わった人が

あのショッキングピンクの人は





そうですテレビカメラを発見し写りたくて写りたくて横断幕の側から離れないんです

彼は人が多ければ多いほど内なる目立とう精神が燃え上がるようです

でもやっと座間味島到着!  すでに疲れ気味な俺



移動準備編~


フェリーを下りたイースト一行様は

一路、今夜の宿へ荷物を移動

みんなで“あかばな~”へそれから女性陣は“宮の里”へと各自の荷物を持っていく

それから休む間もなくイーストは座間味漁港の西側のバースへサバニのセッティングをしにいきました。

いそいで古座間味ビーチへサバニを回さなければいけません。




どんちゃん騒ぎしながら歩くイーストクラブご一行~

薫がいきなりの信号無視。この人達ほとんど人の話、聞いてません~





早速サバニの組み立てと点検







座間味港~古座間味ビーチへと帆漕~





たかと、幸次、正樹が台車などの片付けや車で弁当や女性陣子供達を移動させてくれました。助かる~





座間味島と安室島の間を抜けるときが海の色が綺麗で爽快でした~この向こうは古座間味ビーチ



古座間味ビーチ~昼食、練習、ビーチクリーン


古座間味ビーチにサバニが着いたのはもう2時前。

そこでたかと、幸次、正樹たちが準備してくれていたテントの下で昼食のタコライスをみんなで食べる

そこにえりか達の姿は無し、とっとと飯食ってシュノーケリング!!

まあいっか! こんだけの綺麗な海がもったいないもんね。






薫と幸次、寄り添ってるように見えるけど違います







薫は自分が写真に写ってないのでは無いかと心配で中央に寄ってるだけです。バリバリ写ってるちゅーねん!








この海の美しさは言葉では言い表せないです。最高です






そして3時からのビーチクリーン何事も無かったかのようにえりかもゴミを拾います。







ひんです。イーストのナンバーワン天然素材!!イーストにとって彼は貴重です。

彼のお陰で僕たちは笑いが絶えません(笑)





しかし、そんなひんにも負けず劣らずの天然素材が現れました。

この二人組は強力です。スーパーマイペース、そして一番怖いの自分が天然だと言うことを自覚しない、認めない



さあ、ビーチクリーンも終わったこれから定宿あかばなーに帰ってシャワーして艇長会議や






あかばな~まったり編


PM:3:45分


車両を持ち込んでるお陰で宿への移動は楽ちん

自分は艇長会議が4時からあるので急いでシャワーして準備

ほかのメンバーは思い思いにまったり

このなにもしない時間も大好き、いいなと思います

時間を大切に使いたいならなにもしないことも大事です





設定がオートだったためピントは右手前の柱です。でも、時間がゆったり流れてる感じで、いい写真になりました

ぼっくーです




各自おもいおもいに過ごす











こいつだけは別です







本当に賑やかな男です。最高です~





前夜祭~座間味港



艇長会議を終え18時からは港にて前夜祭

毎年、座間味村長初め地元の方々がフラやエイサーで盛り上げてくれる。

自分は伴走艇のオリエント号との待ち合わせもあり急いで港へ

テーブルを確保しやっとゆっくりビール





夕日が落ち始めるこの時間帯って最高です

南の島の夕映えどきの心地よさ




オリエント号船長と談笑。明日はよろしくお願いします






船長の相棒克広さん。ふたりが明日一緒に楽しんでくれるか心配でした





えりかはアメリカに15年いて英語ペラペラ。こいつが、たまに変な行動するのは英語脳だからか?

もちろん娘のジャスティーンも英語ペラペラ。二人だけだと英語でやりあってます。

僕はジャスティーンに頼みました。

 
  『お母さんが迷子にならないようにちゃんと見といてね!』(爆)





みゆき、中学も高校も違うけど同級生だしね。以前からの友達みたいに話せた

今回、子供達3人連れてきているからか一番しっかりしてました




意外といつも一緒なふたり





夕方からが彼女の出番。さとみ~。イーストメンバー全員でも勝てない酒豪!

彼女の飲みパワーは驚愕。(つねにビール片手に持ってます)爆







さあ、ここから少し脱線


うちの盛り上げ部長 たかと(ショッキングピンクの男)はカメラ大好きです

しかも、アングルとかに凝る

こんなのとか








そして奴には悪い趣味が


それは頭のてっぺんコレクター

なにげに近寄り40過ぎた同級生の頭のてっぺんを撮りまくります(女性陣も例外無し)


いつもやられている自分と光男はやつがおもむろにテーブルに登ったとたん異様な気配を察知!

防御行動へ




こいつは薄毛の頭フェチです。


そして、まんまとその餌食となった男が





やられました。全然気付いてません 保毛田コージーです




気付いて防御行動とるも時すでに遅し





たかと恐るべし、奴が背後から近づいて来るときは気をつけなはれや!!



そんなこんなでいつも賑やかにすごすイースト


それから、自分はFBで以前からお会いしたかったフォトグラファーの亜矢さんを発見!

挨拶をしにいくと、とてもきさくな亜矢さん。亜矢さんの撮影方を少しだけ教えてくれました。

短い時間だったけど楽しかった。新しい出会いはいいですよね




亜矢さんとカメラについて談笑






EOS1Dを触らせて貰いました。



そんなこんなで楽しい前夜祭も終わりが近づき


あかばな~へと撤収





フラにはとても癒しを感じます。今回の真っ白なドレスとても綺麗でした






前夜祭~あかばな~編



あかばな~に戻るとここからが本番とばかりに宴が始まります










恒例の光男会長の乾杯の挨拶に始まりみんなで一言ずつ明日の健闘を誓い合いました









そしてこれもイースト恒例





かまる~による三線ライブ



さらに今回は特別に糸満でイースト行きつけの居酒屋トゥータンのあーやーに無理言って
カクテルを作るためのレシピとお酒を準備してもらい持ち込みました

題して“M'sBar”OPEN



ジンとウォッカベースで8種類ほどのカクテルが作れます

ここまでやったら座間味に何しに来たって怒られそうですがこれもイーストなりの楽しみ方かな~



そうこうして盛り上がっているときに台所では





えりかとみゆきが明日の朝食の豚汁を作ってくれてました。

コージもお手伝いなのか邪魔してるのかわからないけど頑張ってた

なんだか、みんな家族みたいだった





子供達にはこんな大人達がどう写っているかな







このあかばなーのいいとこはこの寝床。まあびっしりに布団を敷き詰めて寝ます

自分はぼっくーに頭を蹴られ

正樹の像並の大いびきで起こされ

これもみんなでだからこその楽しい一夜














楽しく笑いばかりが響き渡る夜も終わりが近づき

真夜中前にはみな就寝





ながい前半編

我ながら長い記事だなと思います(笑)

後半戦レース本番のアップは首を長くしてまて!!


コメント

ドタバタながら試運転再開

2013年06月10日 | 帆掛けサバニ
昨日もどうにかメンバーを集めイースト第2のサバニの試運転を行いました。

先週出た不具合箇所を改修し、今回は万全かと思われた矢先。

今度は台車が壊れた。

座間味への運搬前で良かった。

悪い部分はどんどん出して本番までに整備したいと思います。

マジでいろいろ手の掛かるサバニです。こいつは

今週は糸満ハーレーもあるけど時間作って夜は整備がんばる所存でございます。

では、では




























コメント

第2イースト丸進水

2013年06月03日 | 帆掛けサバニ
どもども

昨日はようやくメンバーも揃い

以前から整備していた。イースト第2のサバニを進水させることができました。

やはりあちこち不具合があり 再度、整備が必要な状態です。

なんとか平日の夜に整備を完了させて次の日曜もサバニを出すことができればレースに向けて良い準備ができそうなのですが…

6月29日、30日に行われる、第14回帆かけサバニ帆漕レースももうすぐですね。

エントリーの準備もしなければ…















かわいいゲストを乗せての試験運転





やや不具合があるものの、期待のもてそうな走り具合です






今回はデジタルカメラ用のウォータープルーフケースを新兵器として導入しました。

このようなアングルからのショットや







こような水中写真も撮れます。座間味島で大活躍間違いなし!!

ちなみに写っているのはジュゴンではなくイーストのアンパンマンことウケチューです。




コメント

サバニ整備改修と第二の船

2013年03月09日 | 帆掛けサバニ
どもども、暖かくなってきて青空を見ると海に行きたくなる気持ちでいっぱいのイーストMです。


以前から始めているサバニの整備改修と第二のサバニについて画像をアップしていきます。

作業の方は現在も続いていますが第二のサバニについてはかなり手が掛かりそうな気配です。

そして、整備の完了したイースト丸で海に飛び出したい気持ちもありますが整備を優先して行うこととしています。


まずは今回イースト丸のどの部分を改修したかというと圧倒的に遅いこのサバニを少しでもスピードアップすべく

スクジーの角の部分を丸めてすこしでもスピードアップをはかりました。(結果はどうなるかまだわかりませんが…)


















電動かんなを使って慎重に削っていきます







大きなゴミ袋2つ分は削りました








それから細かな段差や角をならしていきます








画像ではわかりにくいかもしれませんが以前の角張った感じからだいぶすっきりさせることができました









その他にも水漏れがひどいので隙間や亀裂にパテやボンドで穴埋め補修をおこないましたよ

さらには全体をきれに細かなペーパーで表面を仕上げました

傷だらけだった船体も手触り最高ツルツルです!!









みんな仕事を終えてからの作業ですが、集まれば雑談しながら笑ってばかりです







         







         
















いまだ独身。どこまで突き進むイーストのまーくんことマーキーコクバ!!










結婚したら逆に体重が落ちた夜中に自分で作業服を洗う男。ミッツミーボー我らイーストの会長





自分たちのこのサバニへの想いはレースで結果が出せない今でも変わらず

初めて勝連漁港へ迎えに行ったあの時のまま、愛情を持って気持ちを入れて整備しました。




そして…整備の終わったイースト丸にはしばし屋外で待機してもらうため、第二のサバニを整備するため

入れ替え作業開始










輝きを増したイースト丸をトラックに乗せて  ん~かっこいい~(親バカか)










2艇を並べてみる 左:タマン丸(第二のサバニ)  右:イースト丸



 






後ろから












上から









第二のサバニ、タマン丸を倉庫に搬入











さらにひっくり返して整備、改修準備完了




イーストのサバニ整備作業は現在も続いています

第14回サバニ帆漕レースまでに間に合うのか、どっちのサバニでイーストは参加するのか






興味ない人も乞うご期待!!









コメント

イーストに第二の船、そして20周年

2013年02月11日 | 帆掛けサバニ

旧暦の大晦日 2月9日(土)

糸満漁港中地区のラブホテルトリトンの隣に怪しい男どもが集結しかもトラックに乗ってやってきた。
前回の予告どおりイーストクラブに新たな動きが……


あまりの仲良しが過ぎて友情が愛情に変わり……愛を深めるため…

















もとい…




ドン引きされる前に話を元に戻して








イーストに新たなサバニが手に入りました。

それは第三タマン丸。

イーストが帆掛けサバニレースへ出るきっかけとなり、今でも自分たちを暖かく見守ってくれるたまん会の先輩達のサバニを譲っていただきました。
新たなサバニといってもタマン丸も廃船となったサバニを先輩達が必死の整備で復活させたサバニ

エンジンの乗っていた大型のサバニで現在のイースト丸とほぼ似ています。
先輩方の糸満魂が入魂されたタマン丸を(仮称)第二イースト丸として引き継ぎます。


















しばらくレースにも出ておらず放置されていたので内部は整備が必要です








なかなかの面構えでしょ。オーラあるよね









このサバニがイーストの手によってどのように変わるか

今年のサバニ帆漕レースには間に合わせるつもりです








話は変わってその日の夜は第二土曜日イーストのモアイの日


そこでさらにめでたいお話がイーストの生き字引“みちゃー”さんより

『このイースト会も発足から今年で20周年となりました』

自分も含め途中参加のメンバーがほとんどでそういうことを知らないですがとにかく

同じ糸満の同級生でこんなに長い間モアイを続けられてそしてこれからもこの仲間と楽しくやっていこうと

いつも以上に盛り上がりました。














モアイ結成20周年を迎えたイースト会のみなさん













カップーの音頭でカンパイ








今年ものんびり生きます byうけちゅー







その他色々のみなさん



最後にみんなで一言ずつ挨拶して気持ちを伝え合いました




“ぼっくー”が言ってました。


  『この仲間は人生の中で2度と作ることのできないとても大切な仲間』(若干うるおぼえ)



いいこと言うね~





“ひん”も言ってました。


 『俺はよ~…    、お前達とよ~…    …………… お前達最高だわけさ~ ……  』




(挨拶が長すぎて何言ってたか全部は覚えてません)















おまけ




2次会にて “かまるー”と“ひん”の間に座っている女性(?)は ぬ~ハーフさんです(二人はそれを知っているかどうか)










今年もイーストの活動をお楽しみに~
コメント

初夏を思わせる陽気に包まれシナウルシ

2013年02月04日 | 帆掛けサバニ
どうもご無沙汰してます。イーストMです。

最近は同期会やら野球やらでサバニネタがなくブログ名を変えろと言われかねない状況が続いておりましたが
今日は久しぶりにサバニネタです。

兼ねてから大城清さんと大城昇さんの両舟大工によって製作が進められていた2艇のサバニ(本ハギ、南洋ハギ)が完成し今日がそのめでたい進水式(シナウルシー)でした。
シナウルシの時間10時には間に合いませんでしたがその後の懇談会に少しだけお邪魔してきました。



シナウルシ終了後 謙さんとこの海人工房にて






海人工房の駐車場に車を止めるとお隣ではなんとも のどかな風景が…








夏を思い出させる陽気の中でのんびり草をはむポニー


自分が近づいて写真を撮っても意に介さず








去年からせわしなく毎日なにかに追われるようにバタバタしてた自分があほらしく思えるほどこのポニーの周りでは時間がゆっくりに感じます

少しだけ幸せを感じるセロトニンが脳内で分泌されたような気がします(笑)


悩みごとで苦しんでおられるあなた。海人工房となりにいるポニーに悩みを打ち明けてみてください。

もちろんシカトされること間違い無しですが、それでも少し救われた気持ちになることも間違いないです(爆)







脱線しましたがこの超かっこいいサバニ右が清さん製作の本ハギ、左が昇さん製作の南洋ハギ。

んー何ともいえないオーラ。この曲線美。








この素晴らしいサバニ。  

沖縄が糸満が世界に誇れるサバニの造船技術を今後も継承していかなければ…イーストクラブには無理ですが…残して欲しい技術ですね











あたたかな陽気に包まれてサバニを眺めるのもいいものです。

糸満に来られるときは一度は海人工房へ足を運ばれてみてください。

きっと謙さんが出迎えてくれます







次回予告 イーストに新しい動きが…

コメント

イースト年に一度の大掃除

2012年10月29日 | 帆掛けサバニ
10月28日 快晴 微風

今日はイースト恒例のサバニ倉庫の大掃除を行いました。

今年は座間味のレースに間に合わせて大慌てでエーク作りをしたため倉庫がホコリだらけでした。

来年のレースに向け船の整備に着手するため、その準備として、まずは汚れて散らかった倉庫を綺麗に整理整頓し
そして気持ちよく年を越すためでもあります。

みんな忙しい中、時間を作って参加してくれました。








レースで使った備品や新しいエーク、古いエーク工具などなど
ごちゃごちゃです












とりあえずサバニと中にある物を全部だし水で洗い流します









綺麗に仕分けしてから一つづつまた元の位置に戻していって

最後にサバニを入れるのですが・・












今回は台車から降ろしひっくり返して台の上に乗せます。

来年に向けて今できることをやろうとサバニの整備に入ります。







ひっくり返すとこの船の大きさを実感させられます。

掃除を手伝いにきてくれた孝人と幸次に感謝です。ありがと

みんなお疲れ様







っと普通ならこれでこの記事を終わらせるのですが





一人メンバーが足りないことにお気づきになりませんか?


そうです。奴がいません。





左トンペイこと“たかぼー”






奴は再三再四メールで今日の大掃除を連絡したのに返事なし

しかし、やつの兄貴の情報だと朝から家でダラダラしてたらしい































誰かこの男に会ったら言ってやってください。



『たかひろ!ちゃんとしなさい!!』  って
コメント

久しぶりの帆掛けサバニ イーストやっと動くの巻

2012年10月08日 | 帆掛けサバニ
10月7日(日)曇り  風 やや強



 金武湾のサバニレースへ向けてようやくメンバーが集まり久しぶりの練習とセッティングの確認
本当は先週の予定でしたが台風で延期ギリギリ練習できた。






今回は昔のイースト丸のセッティングへと戻すということでメンバーの意見をまとめ

アウトリガー有りそしてあのでっけぇー帆が帰ってきました












久しぶりに広げた初代の帆は改めて見るととても大きく少し感動を覚えるほど

画像はありませんが海の上ではこののろまで遅い亀のようなイースト丸をぐいぐい風をとって引っ張ってっくれました

金武湾にイーストの大きな帆とサバニで漕ぎ出すのが楽しみです



コメント

最終 打ち上げ編~

2012年08月11日 | 帆掛けサバニ
長い長い2日間の仕上げは居酒屋での打ち上げ

疲れた体にムチ打って(そこまでしなくてもいいのに)また酒を飲む(爆)









とある夜景の綺麗なお店 トワイライトのグラデーションがなんともいえないムード







カップーです。また今年もゲロ~ゲ~ロしたぜ!ワイルドだろ~







まーとーです。今年はきつかっただろ~









まーきーです。今年もやらかしてみんなに怒られたぜ~









みーぼーも疲れてたぜ~ 6時間はきついぜ~










最後はしっかり反省点も話あったぜ~










また来年もがんばろうな~はたして我がチームに上位入賞はあるのか




コメント

激漕ぎ編~

2012年07月30日 | 帆掛けサバニ
サバニ帆漕レースの醍醐味

大海原の中をひたすら漕ぎまくる。

























































次回最終   打上げ編へ


East Club

コメント

思い出の座間味島 寝起き~スタート編

2012年07月20日 | 帆掛けサバニ


たかぼーが前の記事を見る前に更新だ


7月1日(日)早朝 快晴




あかばなーはなれ  










座間味島の朝はとても静かです。空気がおいしい











朝はいつもこんな感じ










この男だけは毎回、最後までおきません。ぎりぎりまで寝てます











カップーは寝るときはいつもパンツ一丁です。でも几帳面なので起きたらすぐにゴミを片付けてくれます。
ちゃんと分別してます。その前に服着ろってね(爆)













朝飯くって準備ができたら、あかばなーを出発











ぼっくーとたかぼー











いーしとクラブとクリスティーナ大城船長です(爆)
ここでスタート組と交代組とに別れます











木々の間から見えるあの素晴らしい海が忘れられない
この海へと抜ける道が好きです。逆行で黒くなったけどこれはこれで良し











スタートまでの時間をくつろいですごす











となりは津軽さん率いる綾風











各チーム帆にも個性があっていいです。てかこの海やばいくらい透明度すごいです。亀の甲羅みたいになってますけど













スタートメンバーエークだけはかっこいい。毎回参加メンバーから右利き左利きと体重関係のバランスで配置を決めてます
今回はスタートメンバーをじゃんけんで決めました。て~げ~ですね(爆)








思い出の座間味島 寝起き~スタート編











コメント (2)

思い出の座間味島 前夜祭~あかばな~

2012年07月18日 | 帆掛けサバニ

思い出の座間味島~





糸満漁港出発





古座間味ビーチ ビーチクリーン











チームがらくたーず もとい イーストなんちゃらさん一同






常宿あかばなーへ












しばし休憩。交代でシャワーに入る












クリスティーナにて前夜祭








フラの踊り良かった。癒しだったねー。







エイサーまでしてくれて大盛り上がりだったなー









隆船長が捕ってきてくれた刺身は最高でした。




うちのたかぼーがこのブログ見ないことを祈ります(爆)


アーメン




コメント