棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

87-珍訳源氏-思い出すのは

2009-09-16 09:00:17 | 物語・絵本・童話
        

源氏殿は最高位の左大臣で、私も次の右大将の位。
源氏殿ほどではないが、それなりの栄華をむそぼっていたが、私も40歳ちかい。若い頃のように、あちこちの姫と渡りをつけるようなことはなくなった。
多くの姫と親しくなってきたが、私たち二人が偶然にもフット思い出すのは、雨降る夜勤のときにお話をした、夕顔のひめのことだった。
といっても、その姫のことに触れることはまったくなかったのだが・・・。
我妻の嫉妬にあい、こつぜんと私の子とともに身をかくして、行方知らずだった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 86-珍訳源氏-新春の祝い | トップ | 松本美術館-岩淵四季写真展 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

物語・絵本・童話」カテゴリの最新記事