棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待つ時間

2011-11-22 08:45:29 | 山郷の暮し
今朝は天気予報のとおり一番の冷え込みで、野沢菜にしっかりと霜がおおっていた。
先日のラップのような薄氷もさらに厚みを増していたが、朝日が当たるとたちまち消えてしまった。
気温も高くなりそうだ。
昨日はこたつを据える。とはいってもただ布団をかけるようになっただけだが・・。
寒くなるから、こたつで一杯、というわけでなく、ただ今製作中の塑像のパーツを乾燥するためだ。
寒くなると乾きが遅くなり、次の工程に入れない。
マーー慌ててやる必要はどこにもないのだが、気が乗っているときは「待つ」という時間が煩わしい。
以前に比べたら少しは「待つ時間」を持ち、気忙からくる失敗も無くなってきたが、どうしても先を急いでしまう。
製作は楽しいだけに、時間をかけるべき所はしっかり寝かせなくてはならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 陽射しは強いのですが | トップ | 現代躁鬱病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事