癒し系獣医師の動物病院開業日誌

アニマルセラピー団体で活動している癒し系獣医師。農業団体職員から脱サラし、動物病院を開業しています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さつまいも

2010年04月11日 | 動物医療
近所の方に「赤い靴 チョコレート」というものを貰いました。
このようなチョコは知りませんでしたが、横浜で売っているそうです。
靴の形をしたチョコが2個入っていて、結構美味しいのですが、何か食べるのが勿体無かったです。箱のなかには童謡「赤い靴」の歌詞カードも入っていました。

今日、知人の動物病院に食事を買いに行ったら、偶然知人が来院していて、吐いて元気が今一なく、臭いガスを出すということで受診していました。
腹部を触るとパンパンです。

とりあえず、吐かせる処置をしてもらい、同時に浣腸をかけました。
吐いても何もでず、通常の浣腸で何も出なかったので、肛門からチューブを入れて奥深くまで温水を注入したところ、「でました、でました」。
ものすごく臭いウンチとともに血様の細かい粘膜も出てきました。

聞けば、さつまいもをご馳走になったとか?
殆どの犬は大好物。
サツマイモは各種ビタミンやミネラル類が多く含まれています。植物繊維が多く含まれているので便を軟らかくする作用もあります。血中コレステロールを低下させる作用もあります。βカロチンもビタミンB1ビタミンEなどがバランスよく含まれています。犬にとっても非常においしい食べ物です。但し、食べ過ぎにはご注意下さい。

今回は恐らく喜んで沢山食べ過ぎて、軽い腸の閉塞を起してガスが溜まったのでしょう。
処置が早くてよかった・・・・

サツマイモは栄養的にもいいし、便秘にも効くのですが、注意も必要であることを学びました。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 受胎率の低下 | トップ | エキノコックス検査 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (ニコ)
2010-04-12 01:47:52
こんばんは、はじめまして。
いつも拝読させていただき、勉強になる事
ばかりで感謝しております。

初めてコメントさせていたきます。

実は我が家の愛犬も数週間前より臭いガスを
出すようになり、とにかく倒れそうなほどの
悪臭なので困っています。
愛犬は皮膚疾患があり、食事は療養食(缶詰)
のみで、おやつに数粒ミルクボーロを与えて
はいますが、その他は一切与えていませんので
なぜ急に臭いガスを出すようになったのか原因
が判らず困っています。

ちなみに、毎日きちんと排便があり、とても
健康なウンチです。下痢や嘔吐などはなく、
元気度も普段どおりです。

このような状態で臭いガスを出すのはどのような
原因が考えられるのでしょうか?
また、悪臭を改善する方法はございますでしょうか?
ニコさんへ (Unknown)
2010-04-12 18:49:59
こんにちは。
始めまして。
拙いブログを読んでいただきありがとうございます。

ガスが出る原因は腸管の動きが活発でないことが要因として考えられます。
適度な運動とご飯をなるべく早い時間帯に食べるように心がけるといいと思います。
腸内細菌のバランスよくないことも考えられます。オリゴ糖などのサプリメントもいいのですが、余り酷い場合は腸の病気ということもありますから、一度主治医に相談されては如何でしょうか。最近は腸の動きを調整してくれる新しい薬もでてきています。

参考になれば幸いです。
ありがとうございます。 (ニコ)
2010-04-19 10:23:37
こんにちは。
貴重なアドバイスをいただき感謝致します!
お礼を申し上げるのが遅くなってしまい
失礼致しました。

その後の愛犬の状態ですが、
教えていただいたとおりに、まずは運動量を
増やす(散歩の回数)事と食事時間を早い時間帯
に与える事から始めました。
運動量を増やしてからガスを出す回数が減り、
酷い悪臭のガスばかりを出していた以前よりも
まだマシなニオイのものも出すようになりました。

改善に向かっている様子ではありますが、
念の為、先日診察に行きました際に担当獣医さん
に訊ねてみました。
腸内細菌、腸内バランスの崩れも考えられます
が、もう少し様子をみましょうとのことでした。
そのようなわけで、今は食後にビオフェルミン
を飲ませて様子をみているところです。

最近、納豆菌が腸内環境を整えるのに良いとか
書かれている記事(とあるサイト内で)を見つけ
ましたが、納豆は人間にとっても非常に良い
食べ物なので犬にとっても決して悪いものでは
ない気が致しますが、実際のところはどうなの
でしょうか?

いつも質問ばかりで申し訳ございません。

動物医療」カテゴリの最新記事