45gs時計とカメラとモバイル

銀塩写真で懐かしい風景、街並み、街道撮影、写真、オーディオ、登山と多趣味です。OCNより引っ越し

大型バリコンの素性を調べてみる

2014-12-31 18:30:28 | 電子工作(高周波)
色々ネットで調べてみました。アルプス/片岡電気バリコンの製造は1949年からだそうでこのバリコンは型番がB-22と言う物らしい
大型2連バリコン、波長直線型 11-429pF、トリマーなし タイト、1949年末発売、当時の価格は460円10年以上作られていたようで1957年には価格が500円に改定されています。

NikonD40にPK-12+50mmf2で撮影

いずれにしても40年以上前の物かと思われます、あるところには有る物でこんなきれいな状態はありがたい1984年にはバリコンの製造が終わったようです・・・大切に使わなくちゃね!

人気ブログランキングへ
コメント

今年最後の戦利品「巨大バリアブルコンデンサ」

2014-12-30 18:07:51 | 電子工作(高周波)
今年最後に巨大なバリコンを手に入れました、アルプス製の波長直線型?のバリコンです

左に見えるのが並四ラジオクラスのバリコンだからかなり大きいです、昔の測定器からの取り外し品だそうです。


これくらい大きいとST管かナス管クラスの大型真空管でラジオを作るとかっこよさそうです。


バリコンもほとんど国内では作られていないだろうからこの手の物は見つけたら即買いの絶滅危惧種、バタフライバリコンやスプリットステータバリコンなど今では見ることもないですね・・・
コメント

Nikon D40今度はNikkor-H Auto 50mm F2を付けてみた

2014-12-27 17:05:54 | デジカメ
NikonFアイレベルに一番似合うNikkor-H Auto 50mm F2をD40に付けてみた!

一眼レフ用50mmf2では2代目のレンズですH.Cではないのでこのレンズは1972年以前のレンズです、これも40年以上前のレンズだがD40に無改造で付いてしまう所がありがたいFマウントって本当にすばらしい~

カメラランキングへ
コメント

4段重ねのPC用ミニステレオ・・・

2014-12-23 14:31:36 | 電子工作(オーデイオ関係)
YDA-138のケースに無理やりTA2020を詰め込み4段重ねに・・・

ICを斜めに倒していくつかのコンデンサを小型化何とか収まりました、YDA-138のケースはパネルだけ購入できるので穴あけ加工すれば色々な物が作れます(基板サイズ次第ですが・・・)

卓上でPC音楽再生にはちょうど良い大きさい!幸い雑誌ステレオ誌のスピーカーが3組あるので色々変えて音も楽しめます。
下からUSB-DAC、YDA-138、TA2020、HyCAA・・・

カメラランキングへ
コメント (2)

YDA-138のケースにTA2020を計画

2014-12-18 20:46:56 | 電子工作(オーデイオ関係)
なんちゃってミニコンポ!YDA-138のケースにTA2020の基板が収まりそうなので加工用にパネルを2枚注文!

すんなりは収まらないです、TA2020は斜めに倒して、レギュレターの頭を折り曲げ基板ぎりぎりにコンデンサを2つ小型の物に交換これでYDA138のケースにぎりぎり収まりますフロントとリアのパネルを加工すれば何とかなりそうです・・・YDA-138のケースは色々遊べます。


人気ブログランキングへ
コメント

Nikkor-N.C auto24mmf2.8+NikonD40復活

2014-12-16 21:12:56 | デジカメ
格安のNikkor-N.C24mmf2.8が届いた、見た目ほとんど未使用状態、40数年の歳月で幾分グリス切れ以外チリの混入も無し!

で、またまたNikonD40を・・・非AIレンズの為に作られたようなニコン一眼デジカメで一番安いカメラ、少し前にミラーボックス内を削ってコシナのSWH15mmを付けたっけ!
オールドレンズが付くからとAFが使えるわけでもなく、露出計も動かないなどなど撮影には制約があるけれど、そこは銀塩NikonF同様マニュアルフォーカスにマニュアル露出、銀塩と違って撮影画をすぐに見られるので撮り直しOKだ!

このレンズは正確にはNikkor-N.Cなので1972年以降生産されたレンズ、マルチコートされたあたりのレンズ、特記は世界初の近距離補正が導入されたことD40に付けると約35mm相当とスナップ、常用に最適な焦点距離、ほとんど銀塩スタイルで撮影できるところがマニアにはうれしい組み合わせです。ちなみにカメラは12K円でした(ズーム付き)ニコンのレンズはフォーカスリングが金属でなきゃね!

コメント

NFJ USB-DAC完成ミニコンポ風にしてみた。

2014-12-16 06:27:56 | 日記
デジタルアンプYDA-138のケースは小さくて面白い!USB-DACのケースも同じサイズなので3段重ねにしてスピーカを配置、横幅30センチもない!

USB-DACにYDA-138にHyCAA・・・・こうなるとこのケースに収まるコントロールアンプも欲しくなる、さすがに球のパワーアンプは無理だろうけれど・・・モノラル仕様んすればYDA-138のケースで球のアンプ作れないかな~

人気ブログランキングへ
コメント

ありがたやDoCoMoの携帯補償サービス

2014-12-15 18:47:09 | モバイル・スマートフォン
2年使ったXperia AX突然タッチパネルの下側1/4がまったく反応しなくなった、初期化するも最初の日本語設定を選んで完了がタッチ出来ない・・・この画面は横向きにしても画面が変わらない・・・

Xperia arcの時は単に外装交換をする為携帯補償サービスを使ってリフレッシュ品に交換!今回は故障と言うことで・・・ネットで簡単に手続でき2日で新しい端末が送られてくる(ちなみにバッテリーは新品が付属)同封の返却封筒に故障した端末を入れて投函するだけ・・・
しっかり料金を払っているので利用しない手は無い、2年過ぎて機種変更しようと思ったがまだまだ使い続ける3年目のXperia AX

カメラランキングへ
コメント

HyCaaハイブリッドHPAとUSB-DAC

2014-12-14 08:49:21 | 電子工作(オーデイオ関係)
YDA-138のコンパクトなケースは色々楽しめる、オリジナルのYDA-138デジタルアンプ、パネルのみ購入してHyCaaヘッドフォンアンプ


今回NFJのUSB-DACを購入してみた今更なPCM2704だが水晶を高精度の物に変えると十分使える、何と言っても決め手はケース加工されたケースも激安価格でで、秋月電子の2704より拡張性があります。

このケースを使って次はプリアンプ?
カメラランキングへ
コメント

HyCaaハイブリッドHPA手直し

2014-12-13 23:55:31 | 電子工作(オーデイオ関係)
高周波のラジオ作りがひと段落、毎日良い音でSONYのラジオからホームラジオの座を奪った感じです、球の音はラジオ放送にピッタリ!

作ってから1年と少し、とにかくシンプルなのに音が良い!ヒーター電圧を変えて真空管を色々交換下はヒーター4.2Vから12Vまでいつの間にか16本も相互球がたまってしまった・・・7AU7や9AU7、12AU7から4R-HH2や6R-HH2、9AQ8色々
やはり低周波も、高周波も作るなら真空管(単に老眼が進み真空管を使った方が部品が大きいから)次はプリアンプ思案中・・・

カメラランキングへ
コメント

これからの季節、ハクキンカイロが一番!

2014-12-10 21:39:44 | 日記

祖父母の時代から我が家にはハクキンカイロがある!右の者は半世紀前のハクキンカイロ、左のが2年前購入した物・・・
時代は変わってもほとんどデザインも素材も、使い方も変わらない懐炉!使い捨て模様にゴミも出ず何度でも使え便利です。

オリジナルサイズなら最低でも15時間以上うまくすると20時間以上連続使用できる、これからの季節お勧めです!

カメラランキングへ
コメント

真空管ラジオRFC追加定数変更で完成!

2014-12-02 19:24:28 | 日記
今回製作したラジオは「ブレットボードラジオ」Webから参考にさせていただきました。

回路図掲載許可済み

ほぼ回路図通りですが、整流管を6ZY5-Gから6Z4に変更のみ、トリオの高一コイルを入手出来て激変したラジオ
再生状態が良くなかったのでV2の電圧を最良状態に抵抗の定数を少々変え最良の状態になり再生バリコンは一度
セットすれば下の周波数から上の周波数までメインバリコンだけでほぼ受信できるようになりました。

真空管4本再生方式分離とか大丈夫かと思ったが2局同時に聞こえる事もなくちゃんと分離している。
音の良さは高一方式なのか、真空管だからなのか、ホームラジオとして充分な音量と満足!


欲を言えば4本のヒーターが見えると良かった、メタル管は中が見えないということで不人気!その分安く手に入れられる。
次は5球スーパーと思っていたが今の所必要なし、これからの時期夜間の遠距離受信どこまで聞こえるのか楽しみだ~

カメラランキングへ
コメント

真空管ラジオ製作記、トリオのコイルで激変

2014-12-01 21:02:32 | 日記
さっそく手に入れたトリオのコイルをあさひ通信の紙ボビンコイルと入れ替え・・・

結局バリコンは430PFに戻した、予想通り感度アップ、再生もそこそこ、高い周波数まで問題なく受信できるようになった!
高一ラジオはコイルが決め手?5球スーパーより個人的には高一ラジオの方が完成度が高ければ遜色ないかそれ以上の性能の様な気がします。

球数の少ないほど雑音も少ないだろうしスーパーのようなイメージスプリアスもない?ただし政策が意外と難しいとは回路を参考させて頂いた
ブレットボードラジオのオーナーのお話・・・しかし半世紀以上前のコイルが今でも良い性能を発揮してくれるからありがたい。
トリオのコイルが手に入らなければこのラジオは途中で放置していたかもしれないNHK専用ラジオ?



しかし最良の状態で受信するにはコツがいる同調ダイヤル、再生ダイヤル、感度ダイヤル微妙に調整しないとならない・・・もう少し使いやすいようにこれからまた、部品定数を検討予定

しかし頻繁にダイヤルを回して聴くラジオではないのでさほど問題にならないか・・・・改めて受信風景を撮影してみました、アンテナは3m位のビニール線下はNHKから在京キー局北海道はHBCや西は広島のRCC中国放送など聞こえました・・・周波数の表示がないのでよくわからないですが1400KHz以上も色々夜間なら聞こえます、再生が合えば感度も十分です。

真空管ラジオ、トリオの高一コイルで激変!


今どき当時の電子部品を新品で調達するととんでもない金額になりました、真空管ラジオは大人の趣味?新品で作ったからにはこのラジオこれから10年、20年使えるかな?今回一部の部品を調達できたのはマニアならご存知のお秋葉原山本無線のe-Box古い部品からラジオ、カメラ、無線機などラジオ少年時代欲しかった物がたくさん販売されています、

半世紀も前の回路、方式で、今作っても実用になるラジオ!AM放送は無くならないだろうね~
カメラランキングへ
コメント

ついにTRIOの高一コイルをゲット!しかも新品未使用デット品!

2014-12-01 06:48:02 | 日記
もう無理かと思っていたトリオのコイルまさか新品が手に入るとは・・・秋葉原もまだまだ捨てたもんじゃない!

秋葉原の山本無線e-Box昭和レトロな電気製品が楽しめるお店レンタルショーケースは見ていて飽きない、電子部品からカメラ、時計、無線機・・・
そんなレンタルケースの中から見つけたトリオのコイルは、親切に?高一ラジオを作るための真空管4本と豆コンのセット販売
真空管ま必要ないけれどお買い得と納得して・・・


まさに箱付の未使用品、緑と黒の懐かしい箱だこれで高一ラジオが完成!あさひ通信製の紙コイルとどれだけ違うのか楽しみ!



バリコンは中国製だが365PF*2を手に入れましたこちらは箱からして怪しい雰囲気だが作りは堅牢そうに見える。
カメラランキングへ
コメント