黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

大日如来坐像本体のみが彫り上がりました。

2018-06-18 | 仏像彫刻
大日如来坐像本体が取りあえず彫り上がりました、1月頃から始めましたが、3月から5月は体調不良・娘の出産のため妻は娘宅に泊まり込みましたので慣れない一人暮らし・4月からは義母の様態悪化・逝去に伴う相続問題での弁護士との打ち合わせ・懐メロソング倶楽部会長の逝去・亡父の法事などが重なり仏像彫刻をする気にもならず、今月になってから再開し何とか彫り上がりました。

檜材を使用し寄木造りで高さ15cmと小さいので彫るのに苦労したので不満点も多数ありますが、なんとか彫り上がりました。しばらく時間をおいて視直すと修正点も出てくるので蓮華座・框・光背が彫り上がってから最終仕上げします。



これからは蓮華座・框など7段と船形光背の彫に入ります。
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 観音崎紫陽花散歩 | トップ | 大日如来座像の蓮華座を彫り... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (ほうしゅん)
2018-06-19 09:11:16
体調が回復し、仏像本体も彫り上がってよかったです。お疲れさまでした。
優しそうなお顔でほっこりします。
*パッと見て、ちょっと気になったのですが、体の中心線と顔の中心線が少しだけ右側にずれているような気がするのですが、写真の角度のせいでしょうか?
気に障ったらすみません。
コメント有難うございます (はぐれ庵)
2018-06-19 12:10:02
今回は今までで一番苦労しました、集中できないので特に智拳印は苦労し4回ほど彫り直しました。
ご指摘の件は実物でスケールを当ててチェックしましたが問題もなかったので、智拳印の指・撮影の角度・中央の宝冠のトップによって見えるのかとも考えられます。
蓮華座・光背を彫った後に最終調整します。

健康のため月に1・2度は鎌倉の寺巡りをしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏像彫刻」カテゴリの最新記事