黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

父の七回忌法要が終りました。

2018-06-26 | 日記
先月父の七回忌法要は互助会の葬儀屋に僧侶を紹介してもらうことを止め、ネットやテレビなどで話題になっている〇〇〇〇便を利用しましたが、葬儀屋よりも応対も格段に良く対応も早く書面で確認事項も送付され僧侶からの再確認の電話もあり安心して依頼できました。

派遣された寺の住職である僧侶の対応も良くお経も聞きやすく今まで派遣された僧侶よりも格段に良かったので次回もお願いしようと思いました。葬儀屋派遣の僧侶の中には眉を顰めるような僧侶もいました。

趣味で仏像を彫っており仏壇には毎朝手を合わせていますが「私が死んだら法名ではなくて俗名で家族葬」と妻に伝えてあります、死んだ人間より生きている人間の生活の方が大事と思うので。

葬儀の際は戒名(法名)の字数や使う文字により支払うお金が格段に違います。父の葬儀では壇家ではないので葬儀屋に故人である母と同等の法名字数にしてほしいと葬儀屋に頼むと、その字数だと葬儀通夜含めて70万~100万がこの辺の相場ですと言われました。「とても払えない」と言うとそれでは〇〇市の霊園に出入りする僧侶に頼みましょうと言われ50万円で依頼しました。幸い誠実なお坊様(マンション坊さん)でしたので良かったのですが、ちなみに檀家である義父母の葬儀では地元相場でお布施は30万円でした。

壇家だと、住職にもよりますが高額な金額を要求されることが多いようです。友人でも相場の倍以上で普通の戒名だけで100万と言われたそうです。この様な現状なので壇家ではない人は俗名の人が増えるばかりです。

家族の経済状態によって戒名(法名)が決まるというのが現実ですし、東京などでは葬儀を挙げずに火葬場で火葬する直前に僧侶にお経をあげてもらうだけの直前葬が増えているそうです、生きるも死ぬも金次第ですね。
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 円覚寺・長寿寺・半蔵坊と拝... | トップ | 体力づくりのため近くの小山へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (鈴木)
2018-06-27 18:35:19
今日も暑い日でした
外出を控えカ―ポートをリホ―ムした場所で貝殻で製作しています
私も60代の後半になり健康に気おつけ趣味のビーチコーミングをしています
集めた貝は綺麗に洗い日陰に干してから使用してます
ブログ拝見してます
趣味を生きがいに (はぐれ庵)
2018-06-28 09:08:28
訪問・コメント有難うございます。
増えるのは診察券だけですが健康第一に趣味を生きがいに暮らしていきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事