全開ギュバア

穂村弘さんに“100年後も残る”と言われた一首を詠み、枡野浩一さんに“あなたは「本物」になれると思う”と言われました。

ピザポテトとミニ四駆

2020-09-17 23:16:12 | 文章
ミニ四駆のコースにファンタオレンジを注ぎ足してスプラッシュさせていた。
小3の時の話だ。
「何て楽しいんだろう」と思っていた。
分かる。
そう思ってしまう気持ちは、今でも分かる。
「ここにピザを乗せたら凄くねえ?!」
友達の一人がコース中央付近にあった小高い山のような部分に、ピザを置き出した。
僕達はゲラゲラ笑いながら、「スゲー」「スゲー」言いまくった。
分からない。
今となっては、全く分からない。
何故友達があんな所にピザを置いたのかも、そんな事でゲラゲラ笑っていたのかも。
しかし、もっと分からないのは、何故30歳過ぎでもこのエピソードを定期的に思いだし、「分からないな……」とやっている事だ。
もしかしたら、65歳辺りで唐突に「そうか……そういう事だったのか」と思うかもしれない。
でも、今の俺にはそれすらも分からない。

しかし、今の俺にも小3の時の俺にも、65歳を過ぎた俺にも分かる事がある。
「ピザポテトを粉末状にして、ミニ四駆にかけたら面白いかもしれない」
ふと、そんな事を思い、やろうとしたがすんでのところで踏みとどまった。
「ウケるはずが無いじゃないか」
そう、思ったからだ。
そうだ。
ミニ四駆にピザポテトをかけてもウケるはずが無い。
それ位なら、俺だって分かるぞ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊島ミホさん | トップ | 現実 »

コメントを投稿

文章」カテゴリの最新記事