ケルベロスの基地

三本脚で立つ~思考の経路

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BABYMETAL探究(舞踊考1)

2015-02-27 23:12:13 | babymetal
ヘヴィ・メタルの進化の最先端形態としてのBABYMETAL、
その核が、三姫の舞踊であるとして、
では、彼女たちの「舞踊」は、「ダンス」なのだろうか?

いや、もちろん、CD『赤い夜』に記載のプロフィールにも、
BABYMETAL are SU-METAL(Vocal,Dance)
            YUIMETAL(Scream,Dance)
            MOAMETAL(Scream,Dance)
と記載されているし、召喚の儀でもそのようにアナウンス
されているのだから、公式には「ダンス」と呼ぶべきなのだろうが、
彼女たちの舞踊はヘヴィ・メタル<を>踊る「演」奏なのだ、
と考える立場からは、あの舞踊を「ダンス」と呼ぶことには
たいへんな違和感がつきまとうのだ。

MIKIKO(MIKIKOMETAL)がPerfumeについて語る動画
(ESPRIT JAPAN ?)を観たのだが、そこで彼女は、
「はじめは魂が伝わるダンサーになりたい」と思っていたのだが、
そのダンスとは「黒人ぽい踊りの再現、欧米の真似事でしかない」ことに気づき
自分が表現したいことは何だろうと深く考えた、という旨のことを述べたうえで、
「日本人の体型に似合う」「日本人らしい緻密さ」を備えた踊り、
「ダンスを踊っていますではなく、日常の仕種が体現できた時に、
その人が魅力的に見えるのではないか」
「リズムに日常の仕種をはめている」
「かな?ていったら、かな?というようなポージングを」
と語っていた。
彼女自身の言葉ではないが、ナレーションでは
「日常のしぐさを歌詞とリズムにのせて切り取る」
と語られてもいた。
(このあたりは「俳句」的だと僕は感じた)

『ヘドバン』1号でも「歌詞が見える振り」のようなことを
述べていたはず(知人に貸出中なので現在未確認だが)だし、
最新の6号でも、インタビュアーも、応えるMIKIKOMETALも、
「Road of Resistanceの振り付け」という言葉をデフォルトとして
応答がなされている。

そう、MIKIKOMETALによって付けられた「振り」。
「ダンス」ではなく、「振り」としての舞踊。
これは僕の実感にかなりしっくりくる。

広辞苑(第五版)をひけば、「振り」の項目に13もの意味が載っているが、
そのなかの

⑥舞踊の仕種(しぐさ)。また、歌詞の意味する所を形に現すこと。「冨士の山」という歌詞に対して、両手で冨士の山を描く類。また、舞台で、俳優の動作全部を指す。所作(しょさ)。科(しぐさ)。

を中心にしながら、

①振ること。振り動くこと。振りぐあい。
②外形。すがた。なり。
④ふるまい。動作。挙動。
⑤それらしくよそおうこと。ふう。

などの意味のふくらみを持つのが「振り」だ。
とりわけ、⑤の意味の「ふり」は、舞台上ではキツネ様が降臨していてその間記憶がない(YUIMETALは「あります」だそうだが)ことや、
舞台を降りれば世をしのぶ仮の姿になるという設定(「ふり」が逆転しているが)、
SU-METALの、舞台上でのイケメンぶり⇔日常でのポンコツぶりの極端な落差
等の、BABYMETALの世界観・魅力とも深く関わるのではないか。

「ダンス」には、ここまでの意味のふくらみはない、のではないだろうか。
したがって、彼女たちの舞踊を「ダンス」と語っているかぎり、
BABYMETALの魅力の核心には届かないのではないか。

細かな言葉の違いに拘泥しているだけ、だろうか?

いや、僕には、ここは、BABYMETALとは何かを考えるうえで、
BABYMETALの魅力を語るうえで、
決定的なキモの一つではないか、と思われるのである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« BABYMETAL探究(序-2) | トップ | BABYMETAL探究(『... »

コメントを投稿

babymetal」カテゴリの最新記事