ケルベロスの基地

三本脚で立つ~思考の経路

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BABYMETAL探究(20160919 ”RED NIGHT” 参戦記①)

2016-09-20 12:15:50 | babymetal
ライヴ後、水道橋駅から何とか電車に乗り込み、東京駅には20時35分くらいに着。
帰りの電車を21時発で予約していたが、弁当・ビール・つまみを買い、シャツを着替えて、まさにぎりぎり間に合った。

で、新幹線が走り出した後、娘とふたりで弁当をひろげ、僕はビールのプルタブをあける。
今日のライヴの感想を語りながら、メモ帳(BABYMETAL仕様に表紙を替えたタワレコ手帳)の9月19日のページに、今日出合った曲目を書き綴ってみる。

毎度のことながら、BABYMETALのライヴ後は、記憶が薄まっている。
で、2人で(主に娘の記憶を軸に)書いてみたのが、次のリストだ。

1.RoR
2.ヤバッ!
3.いいね
4.シンコペーション
5.Amoreー蒼星ー
6.GJ!
7.悪夢の輪舞曲
8.4の歌
9.CMIYC
10.ギミチョコ!!
11.KARATE
12.Tales of the Destinies
13.THE ONE

3から11まで、曲順がかなり怪しい。
特に、9.CMIYC は、もっと前だったような気がするし・・・。
10.ギミチョコ!!も、今日のライヴのなかでは印象がうすく、ここだったか、あまり自信はない。
(・・・帰宅後、ネットにあがっているのを確認すると、これで「正解」だった)

にしても、こうして「セットリスト」というかたちで「一覧」にして、「神セトリだ」とか「いまいち」だとか、俯瞰的に論評する行為は、ライヴの実感とはまったく別物だ。

特に昨日は、冒頭にKOBAMETALによる「1stと2ndを2日間で全曲、かぶりなしで演奏する」という趣旨の宣言があったから、「さあ、どの曲が来るのだ?」という一瞬・一瞬の緊張感と、それゆえのイントロからの「これキター!」という高揚感は、まさにライヴならではの体験・体感だろう。

こればっかりは、昨日のあのライヴの「現場」・「一瞬一瞬の時空間のうつろい」に身を浸していなければ体験できない、まさにライヴの体験だ。

そう、コンサートではなく、ライヴなのだ(個人的感慨であって、意見を主張しているのではありません)。

音質やステージの観やすさ(もちろんよいにこしたことはないにきまっているのだが)は、後の映像作品でじっくり繰り返し堪能すればよく(実際にそうしているし、それだけのクオリティがBABYMETALのライヴの一瞬一瞬には凝縮されているのだが)、僕がBABYMETALのライヴに時間も手間も(それなりのお金も)かけて参加している(これからもぜひ参加しつづけたい)のは、現場の(いろいろなワチャワチャも含めて)生=ライヴな時間・質感・雰囲気を身体で感じたいからだ。

その「ライヴ」における今のBABYMETALの最大のスリルは、「これがキター!」体験だ。

昨日は、それを存分に堪能した。
もう、ライヴの間中、ぞくぞくしっぱなしだった。

オープニングから、僕は「BMD」を予想していたから、「RoR」はじまりに「ああ、そっちか!」と震えたし(行きの新幹線の中で娘は「RoRだと思うけどな」と予想していたから、そのドヤ顔が思い浮かびもした)、「いいね!」の後のギターの、焦らすようなフレーズのメロディに「シンコペ、キター!」と歓喜!
「シンコペーション」が終わり、メジャー調のやさしいBGMが流れはじめると、「やった、やった、やった、アモーレだ!」と涙が滲んだ。
すでにこの段階で、「ああ、今日、来てよかった!最高!」を感じていた。そのテンションは終演まで続いた。

もちろん、前提にあるのは、「BABYMETALに捨て曲ナシ」だからであり、基本、どの曲であっても「これがキター!」なのだが、しかし、「次に来るのはどの曲だ?」というスリルは、明らかに「最新のライヴが最高!」の状態だ。

ちょうど1年前のここに、BABYMETALはアルバム『BABYMETAL』だけで必要十分なのだ、ということを書いたのだが、『METAL RESISTANCE』発表以降は、そうではなくなっている。

2ndの曲を入れれば、1stの曲はできない。
必然的に、毎回のライヴでは「取捨選択」が行われるのだが、今のBABYMETALはその「取捨選択」を「スリル」へと昇華し、<セットリストによるワクワク・ドキドキの刃(やいば)の鋭さ>をあえて先鋭化している。

東京ドーム2DAYSで、(わずか)2枚のアルバムを演奏する。

ありえないのだ、こんなことは。

何しろ、BABYMETALの単独ライヴとしてはキャリア・ハイの東京ドーム公演。
昨日も冒頭からMOAMETALが涙を流しているように見えたが、「ついに、ここまで来たか・・・」という感慨はメンバー・関係者・ファン誰もが思っているだろうし、その「集大成」のライヴであっても当然だったはずだ。

だから、昨日のライヴに「総集編」的な、「満腹」感的な「満足」を重視するならば、セトリに、「メギツネ」が、「紅月」が、デビュー曲の「ドキモ」(あるいはライヴでの神曲「ウキミ」)が、そして何と言っても「イジメ、ダメ、ゼッタイ」というアンセムがない、なんてことはありえないのだ、普通は。

(参考までに、とWOWOWで観た、矢沢永吉の東京ドーム公演では、タオル投げの「止まらないHa~Ha」を、2曲目とアンコールのラスト、2度演じていた。ファンは十分に「満足」して帰途に就いただろう)。

しかし、BABYMETALは、それをやらない。
「満腹」感的な「満足」ではなく、ソリッドな「スリル」を、僕たちに味わわせる。

この姿勢が、METALだ、と思う。
大御所のメタルバンドの多くが、ツアーではニュー・アルバムの曲をとりまぜながらも、定番の楽曲で「満足」を与える(もちろん、これはこれで僕たちが望んでいるものだ)のに対し、BABYMETALは、わずか90分という枠の中、大人気曲の多くを「捨」したライヴで、ソリッドなスリルを与える。

もちろんそこには、すべての楽曲群への自信、演奏、「演」奏への自信、3人の可愛さ(今さら陳腐な文言になるが、わずか5m(?)ほどの距離で見た3人の「存在」の可愛さ・可憐さはもう言語を絶していた。もちろん、後日くわしく書きます)、ファンの献身的な「合いの手」への信頼、があるからなのだが。
それらを下敷きにして、BABYMETALのライヴは、世界でも類をみない、極上のエンターテインメント、唯一無二のソリッドなMETALライヴでありえている。

昨日のライヴ、(悪評も散見される)アリーナAブロックに身を置いて、僕はそれを痛感した。


さて、僕は参加できない今日の「BLACK NIGHT」だが、今日は昨日ほど、ソリッドな「スリル」は感じさせない、むしろ「満足」感たっぷりのライヴになる。

ただ、2つ、大きなスリルが残っている。

1.おねだり大作戦
「2日間で1st・2ndすべての楽曲をかぶることなく演奏する」というKOBAMETALの宣言と、昨日のライヴでも4月のウェンブリーでも流れた「4の歌」冒頭の紙芝居の「もうおねだりはしない」という封印宣言とは矛盾するのだ。

さあ、どうする。
まるでミステリーである。

「Sis.Anger」で怒り爆発したBLACK BABYMETALが、怒りのあまり、封印をやぶり、「ほんとのほんとに最後で最後の」「おねだり大作戦」をみせる、という(書いていて訳がわからないが)そんな流れになるのでは、と「妄想」するのだが、どうなることか。

・・・にしても、たった1曲の扱いがこれほどスリルに満ちたドラマになる、というのは、BABYMETALのBABYMETALらしさ、であろう。ウェンブリーでの「おねだり封印」宣言には、新曲も2曲できたしさすがにBLACK BABYMETALも「パパ大好き!」なんて言っている歳ではなくなったんだな、なんて軽く考えていたのだが・・・。

2016ワールド・ツアーの幕開けで示された「伏線」が、ラストのラストで、俄然大きな意味をもつのだ。
・・・凄いな、やっぱりBABYMETALは。何というエンターテインメントだ。

そして、それが「おねだり大作戦」という楽曲だ、というのが、何とも楽しい。

2.全11曲?

単純に引き算をすると、今日「演」じる楽曲は、11曲しかない。
どうする?

(追記9月21日:完全に勘違いしてました。12曲でしたね。わはは。)

「FDTD」と「THE ONE」日本語バージョンを加えると13曲になるけれど・・・。
後者はあるかな、と思うけれど、「FDTD」は・・・いや、でも・・・???

それこそ「Over the Future」とか、「君とアニメが見たい」とか、か?

安定した「神曲」のセットリストに、謎の2曲(?)が入るかも、ということで、ドキドキ感が増す。


今日の公演前に、この2つは記しておきたくて、まず、ここまで記事をアップします。
台風の影響は皆さん少なからずあると思います。
(たいへん不謹慎な言い方ですが)神がかってますよね。
参加される方、ぜひ、最終章をしっかり見届けてください。応援しています。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BABYMETAL探究(速報!!RE... | トップ | BABYMETAL探究(20160919 ”RE... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ニシ01メタル)
2016-09-20 15:53:13
ブログみてもしかすると同じエリアかもしれません!
やや後ろでしたがせり上がり装置でスウメタルを見たときは感動しました
黒い夜 (たこべい)
2016-09-21 18:24:01
20日に参戦しました。
選曲も満足だったのですが、19日に行っても同じ感想だったと思います。19日の夕方から情報断ちをしたのも正解で、次は何かとドキドキしながら楽しめました。
20日は、最終日ということもあり、お祭りでした。19日のは、ライブビューイングで楽しみます。多分。

コメントを投稿

babymetal」カテゴリの最新記事