ぶぶのいる生活

なんか、変
どこか、変
ちょこっと、変
いつも、変
変人上等 唯我独尊 人生万事塞翁が馬

高野山④ ~カフェ梵恩舎~

2010年09月11日 14時35分26秒 | 旅行・おでかけ λ....トコトコ
さて。

今日のお話は、
高野山カフェ【梵恩舎(ぼんおんしゃ)】です。





               

店頭および中で、手作り雑貨・陶器を売っている。



店内、
空調は無し。

暑い中、歩いてきてすぐだと、
席についてからも汗がダラダラ滴り落ちるが、

しばらくすると
なんとか落ち着きまする。 (^◇^;)> 「でも暑いっス」


まるで仙人の様に、腰までの長い髪を垂らした男性のオーナーさんは、
5ヶ国語が喋れるそうな。
(その風貌だけでも、世界中を放浪した人オーラが放出されている)(笑)

奥様は・・・・・あれっ?フランス人だったっけかな?
えーと、確かそう。
これまた綺麗な外国の女性で、
ちょっとぶっきらぼうだけど日本語もOK。
         ↓              
 (*操る日本語が流暢でないという意味で、対応が悪いという意味ではない)


店内、
99%女性客ばっかしやぁ~。

ホント、女の子が好きそうなお店だよね。

でも気持ちのいいお店。

座っていて、なんとなく『留まらない』という言葉が浮かんだ。

物理的にも
表と裏の全部の扉を開け放して、風が通り抜けるようにしてあるせいもあるけれど、

店内を自由な空気が流れているのは、
きっと、店を切り盛りするこの2人の主義なんでしょう。




         
リーズナブル。「気楽にどうぞ」って感じでしょ。(^o^)


         
          見よ、
          この肩肘張らない、茶の出し方よ!! (*´∀`)b



         
          焼きたてホヤホヤだったので、
          柔~なショコラケーキ。
    
      
個人的には、このケーキ、
冷めてからの方がきっと美味しかったと思うけど、

今焼いている最中と聞いてケーキは諦め、茶だけ飲んで、
さて帰ろう・・・・・としたぶぶに、

「ケーキ焼けた!今なら食べられる! 食べる?」と、
カタコトの日本語で教えてくれた、マダムの心が嬉しかったからさ、

それだけで、もう、いいのさ。

正直、
ケーキもお茶も、
味は、まあ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、なんだけどね。 


でも好きだな。

この、スレてない感じ。




仙人みたいなオーナーさんは、
マニアックな感じで、
寡黙っぽくて、
なんとなく近寄り難い雰囲気なんだけど、

お会計の時「ご馳走様」って言ったら、ものすご~く柔らかな笑顔を返してくれた。
うーん、
仙人様というよりはスナフキンやぁ!! (^o^)


                       【梵恩舎(ぼんおんしゃ)】  


                                    (続く)

この記事についてブログを書く
« 『天然コケッコー』 (映画... | トップ | ラップ »
最近の画像もっと見る

旅行・おでかけ λ....トコトコ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事