プチアーリーリタイアしたおひとり様の日記 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

色々あって今に至る。昨日の出来事を中心に書き残しています。

グループは誰のもの

2016年01月26日 19時59分34秒 | その他
SMAPの解散騒ぎには、少々閉口した。
NHKまでもが、ニュースで取り上げ、解散しないでとCD購入が広がるなど、正直行き過ぎていると感じていた。
本当は、2週間前に、一言でも書こうと思っていたのだが、あまりにも騒ぎが大きいので、落ち着くまで自粛した。(-_-)


洋楽ロックの世界では、バンドの解散なんて日常茶飯事だ。
メンバー同士の仲違い(喧嘩)や、独立騒ぎなど、昨日まで一緒にステージで息のあった演奏をしているように見えても、ある日突然なんてよく聞く話だ。
一般人より個性のあることは当然で、(その結果、個性がぶつかり合い)実は仲が悪い、としても特に驚くこともないはずだと思うが。


今回の騒動で、1番しんどい思いをしたのは当然本人達。
自分たちのことだから、当たり前との声も聞こえてきそうだが、自分たちの今後を自分たちで決められなくなったのだから。
今後、解散するのは、自分たちの意志ではなく、メンバーの誰かが不幸な目に遭った時、だけかも知れない。


事務所の内紛絡みだったとしても、最近のTVへの出演状況を見れば、いつまでグループで活動するか、という段階だったのではと考えられなくもない。
昨年はNHKの「のど自慢」に出演したりもしていて、私などは、きっと何かあるのだろうな、と思ってもいた。
(「のど自慢」は悪い番組ではないが、ジャニーズのトップアイドルのイメージではないはず。)
もはや、一緒にやれる仕事もそう多くはなかったはずで、内紛絡みでなければ、解散も受け入れられた可能性もあったはずだ。

ファンの「止めないでくれ」は、やむを得ないが、今のネット社会の拡散の仕方(今回の報道はワールドワイドだった)は、メンバー自身の自由な選択の権利まで奪ってしまった感は拭えない。



青いイナズマが僕を責める
炎 カラダ 焼き尽くす


「青いイナズマ」を「事務所関係者」や「ファン」に置き換えるとどうだろう?


結局、5人は、ジャニーズという十字架に、SMAPという鎖でつながれてしまったのかも知れない。
コメント   この記事についてブログを書く
« アレキサンドライトステーク... | トップ | 気楽にいこうぜ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事