陽太と海街

海のそばの街で3年間暮らすことになった英国ゴールデンの陽太

犬と人の想い出の記録

ノビタな先生

2017-06-14 06:57:12 | 犬のコト
昨日は家街で陽太の健康診断。


第一飼い主は早くに仕事に出かけてしまったし


あいにくの雨だし。


あんまり条件は良くないけど仕方ない。


月に1回のこの健診は、


ウチらが海街に移り住んでからも


以前と変わらないペースで続けている唯一のイベント。


ウチらのホントの家はこっちだよって


誰にという訳じゃないけど


アピールしているような、


自分自身で確認しているような、


そんな意味もあると


最近になって思ったりしてます。







今回の先生への相談は


梅雨に入ってからちょっと痒そうな左耳。


ついこの間まではとっても調子が良かったけど


垂れ耳さんの宿命ですね。


「外側が赤いけど、中はきれいだね」


そう言って手にしたバリカンで


耳の入り口の毛をすっきりと刈ってくれました。






そして陽太の体重は


28.94キロ!!





長いこと29キロ台だったけどついに・・・な感じで


隣で喜ぶ飼い主に向けられた


いつもの厳しい言葉は


「29から28キロ台に変わると減った感じするけど


先月と比べると-200グラムだからね」


「・・・ですよね」






でもこれがまたモチベーションにつながるんです。


そして、陽太の健康につながると信じてるんです。







いつもこのブログに載せる先生の言葉は


グサリと突き刺すような冷たい一言ばかりですが


実際はすごくほのぼのした先生です。


頭ボサボサ、腕は傷だらけ。


・・・なんだかヨレヨレ。


がウチの印象。


そんなノビタ君みたいな先生が


たまに放つ冷静な一言がおもしろくって


ここに書き記しています。







陽太を迎えてからずーっと


毎月1回必ず診てもらってる先生ですから


これからも末永くお願いしたいと思ってます。





『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クウキヨメルケン | トップ | 真ん中希望 »
最近の画像もっと見る

犬のコト」カテゴリの最新記事