資産運用 海外銀行口座 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

資産運用 長期投資 節税 ファイナンシャルプランナー 東京瑞穂町 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

年金受給世代は かつて高金利の恩恵を受けていた!

2020年01月25日 06時26分03秒 | 海外銀行口座

資産運用 資産形成 節税 アス・プラス
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus

 HP: https://www.aspls.jp/  FB: https://www.facebook.com/AsuPlus/ 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
お客様に弊社からご提案する商品の一つに

「高利率の定期預金」があります。

 

かつての日本(約30年前、1990年ごろ)でも

定期預金で年利5%以上のものは当たり前でした。


つまり、現在年金を受け取っている世代の方々が

40代、50代のころ高金利の恩恵を受けていたということです。

 

ところが

現在の国内の定期預金の状況はどうかというと

説明するまでもありませんね。

 

しかしながら、

海外の金融機関ではかつての日本のような高金利を

受け取れる定期預金があります。

 

日本国内がダメなら海外に目を向ければよいのです。

 

その価値を知っている人は海外の金融機関に

大切なお金を預けています。

 

定期預金ですから、

あらかじめ定められた利息を

あらかじめ定められた期間の後に

受け取ることができます。

 

これは現在の日本国内の定期預金において

満期になると利息がもらえることと同じです。

 

つまり、預けるだけでお金が殖えるのですが、

預ける場所によって雲泥の差を生む

ということなのです。

 

草木のたねや苗木が一日も早く植えた方が早く大きく育つように

投資も一日でも早く始めると早く大きくなっていきます。

始めるのは”今”です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 海外銀行口座 節税なら東京西多摩  瑞穂町 アス・プラス

HP: https://www.aspls.jp/   FB: https://www.facebook.com/Asuplus/


この記事についてブログを書く
« 労働の生産性向上とはどうい... | トップ | 老後2000万円問題の真実 »
最新の画像もっと見る

海外銀行口座」カテゴリの最新記事