資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus 紹介ブログ

東京西多摩  節税 資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所 紹介ブログ

投資において短期と長期どちらの視点が良いか

2018年07月04日 05時38分24秒 | 資産運用術

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
あなたは何らかの投資をしていると思いますが、

その投資のゴールまでの期間は1年程度の短期か

または、5年、10年またはそれ以上の長期か

どちらでしょうか。


短期、長期のどちらが良いか悪いかということの

判断は難しく、

投資に対してどのような姿勢で向き合うかが

結果に影響してきます。


金融機関で勧められる商品は「テーマ型投資信託」と

呼ばれるものが多く

いまでいえば「AI」「フィンテック」などの

限られたテーマに関連する企業へ投資した商品になります。


これらの商品は勧められて購入した時が

一番高かったということもある位で

売り抜けるタイミングまで

1年程度というものが多いです。

そういった姿勢で向き合う必要があります。


一方、
ダウ、S&P500などインデックスに関連した商品(インデックスファンドと呼ばれる投資信託)

は大きな上下動がない代わりに

長期的な成長に即して関われるものになります。

10~15年で2倍といった感覚で、

売り抜けるといった意識をあまり持たなくても

良いのが大きな利点です。


投資環境に合わせて、

この両者と上手く付き合っていくことがよいでしょう。


投資信託で成功するために最も大事なこと
https://private-fp.online/shisanunyou-keisei/2848

出典: Private FP online 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/V6BxrY

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 急成長国フィリピンで仮想通... | トップ | 外国株式投資信託 月間資金... »
最近の画像もっと見る

資産運用術」カテゴリの最新記事