資産運用 海外銀行口座 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

資産運用 長期投資 節税 ファイナンシャルプランナー 東京瑞穂町 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

「資産保全」が資産運用の目的のひとつ

2021年01月20日 06時43分58秒 | インフレ

資産運用 資産形成 節税 アス・プラス
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus

 HP: https://www.aspls.jp/  FB: https://www.facebook.com/AsuPlus/ 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
「資産運用」と聞くと、

大切な資産を金融商品に投資して

大きく殖やすことをまず思い浮かべますが、

 

もうひとつ大きな目的があります。

 

それは大切な資産(お金)を減らさないという「資産保全」です。

 

もう少し突っ込んだ言い方をすれば

「資産(お金)の価値を減らさない」ということです。

 

つまり、時間の経過と共に進行するインフレに

備えるということになります。

 

インフレが進行すると物価が上昇し、

いままで購入することができたものが

同じ価格では買えなくなってしまうのです。

 

インフレ(物価上昇)率以上を目標に

資産運用のポートフォリオを組んでいけばよいのです。

 

あいまいになってしまいましたが、

日本政府と日銀は2%のインフレ(物価上昇)率を目指しています。

 

このことから2%以上の運用利回りを達成できれば

手元の資産の価値は減らないということです。

 

資産運用の観点から言えば

この「2%」はそれほど難しい数字ではありません。

 

「老後の備えは十分あるので、殖やしたいとは思わない」

と考えている方においても

資産保全という観点から

資産運用を検討する必要があるのです。

 

草木のたねや苗木が一日も早く植えた方が早く大きく育つように

投資も一日でも早く始めると早く大きくなっていきます。

始めるのは”今”です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。


資産運用 海外銀行口座 節税なら東京西多摩  瑞穂町 アス・プラス

HP: https://www.aspls.jp/   FB: https://www.facebook.com/Asuplus/


この記事についてブログを書く
« iDeCo(イデコ)、つみたてNISA... | トップ | 物価上昇が手持ちの資産を目... »
最新の画像もっと見る

インフレ」カテゴリの最新記事