資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus 紹介ブログ

東京西多摩  節税 資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所 紹介ブログ

【問題です】ドルコスト平均法の利点

2018年02月08日 06時03分15秒 | 長期投資

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

昨日、ドルコスト平均法は市場の上げ下げを経ながら
利益を積み上げていく投資法であるとお話ししました。

今日はドルコスト平均法について問題を出したいと思います。

例えば図の様なグラフの動きをした
4パターンの投資商品(10年間)があるとします。

期末の価格は、
 A 右肩上がりで 3倍
 B 乱高下しながら 2倍
 C 大きく下落してから元の価格に 1倍
 D 大きく下落してから半分の価格に 0.5倍


下記の条件でコツコツ積立ての場合、
A,B,C,Dの結果はどのようになるでしょうか。

「毎月5万円 10年間120ヶ月 投資金額600万円」

どれが一番多く、どれが一番少なく
そして、その差額はどれくらいになるのでしょうか。

以上が今日の問題です。答えはまた改めて・・・。

 

参考までに
期首(一番最初)に600万円を一括で投資した場合、

 A 600 x 3 = 1800万円(年率11.61%)
 B 600 x 2 = 1200万円(年率7.17%)
 C 600 x 1 = 600万円(年率0.00%)
 D 600 x 0.5 = 300万円(年率-4.13%)

となりました。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
節税商品のご案内
決算間近の法人様、個人事業者様に朗報! 利益を繰延べできます。
https://goo.gl/stzbxz

 キャッシュレス化に向けた決済用端末を利用
 全額一括損金算入
 さらに翌期以降、収益を生み出す

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
«  ドルコスト平均法 | トップ | 【答えです】ドルコスト平均... »
最近の画像もっと見る

長期投資」カテゴリの最新記事