資産運用 海外銀行口座 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

資産運用 長期投資 節税 ファイナンシャルプランナー 東京瑞穂町 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

それでも円にこだわりますか?

2018年12月10日 06時20分54秒 | 資産運用

資産運用 資産形成 節税 AsuPlus
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus

 HP: https://www.aspls.jp/  FB: https://www.facebook.com/AsuPlus/ 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
日本で生活する私たちが日ごろ使用している「円」通貨ですが、

世界でどれくらいの割合で流通しているのでしょうか?


その一つの指標として

各国が保有する外貨準備の通貨割合があります。(グラフ参照)


「米ドル」は60%

「ユーロ」は20%

なんと「円」は全通貨の中でシェアが4%です。


ある日突然「円」が使用できなくなっても

世界で困る人はごくごく限られた人たちだけだと言えるかもしれません。

 

 

正直ここまで差があるとは思いませんでしたが

有事の際の支払いに信頼性ががあるのは

やはり基軸通貨である「米ドル」だということです。


客観的に見れば

隣人たちが資産の多くを「米ドル」「ユーロ」を持つ中で

自分だけ「円」で大半を占めている状態は

かなり勇気のいることで不安さえ出てきます。


これは私たちが、この様な割合で

各通貨を保有した方が良いということではありません。


日本で生活する以上

「日本円」を一定金額以上持ってないと不便ですよね。


ただ、100%すべてを「日本円」で持っていることは

グローバルな観点から見ると

「特異」な状態であると言えます。


お持ちの資産の60%と言わずとも

10~20%程度の「米ドル」を持っていても

何ら特別な状態ではないということが

お分かりいただけるのではないでしょうか。


1,000万円の貯蓄があれば2万ドル(約200万円)ということです。


長い目で見た場合、

人口減少等で日本の経済が弱くなっていく可能性が高いことを考えると

「円」が弱くなり「円安」に傾いていくということです。


持っている資産の一部を「米ドル」など外貨にしておくことで

「円」の価値低下のリスクに備えることが出来るのです。

 

日本に住んでいるのに「通貨分散」する必要があるの?
https://manetatsu.com/2017/07/97210/

出典:  マネーの達人

 

草木のたねや苗木が一日も早く植えた方が早く大きく育つように

投資も一日でも早く始めると早く大きくなっていきます。

始めるのは”今”です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 海外銀行口座 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus

HP: https://www.aspls.jp/   FB: https://www.facebook.com/Asuplus/

 

この記事についてブログを書く
« 老後資金は自ら考えないと何... | トップ | 手元の「お金」を3種類に分類... »
最新の画像もっと見る

資産運用」カテゴリの最新記事