資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus 紹介ブログ

東京西多摩  節税 資産形成 資産運用 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所 紹介ブログ

資産運用で老後の資金は安心

2018年06月12日 05時39分38秒 | 資産形成

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
会社員の生涯賃金は平均すると2億円だそうです。

2億円と聞くと多いように思いますが、

そこから家族と共に生活するうえで必要な

生活費、住居費、教育費に加え

ご自身の老後を過ごす生活費を賄うことになります。

例えば、
2億円の2割を貯蓄に回した場合、4000万円になります。

実際「2割」の貯蓄はかなり大変な数字かもしれません。


定年を迎え、夫婦二人で生活するには月20万から30万円かかるそうです。

年間300万円前後です。

老齢年金を受け取りながら、貯金を取り崩すことになりますが、

取り崩す金額が毎月10万円とすると、年間120万円になり

4000万円の貯蓄は33年で底をつくことになります。

60才、65才で現役を引退してから33年であれば

人生100年時代とはいえカバーできそうですね。


ただこの例では、

「4000万円の貯蓄が出来ること」を前提としてます。

また「貯蓄は殖えない」ということを前提としております。

つまり、貯蓄を運用することで「4000万円」という多額の貯蓄を

しなくても老後を安心して過ごせるプランは存在します。


資産運用に対し抵抗がある日本国民ですが、

低金利のこの時代、

少し資産運用について勉強することで未来は明るく開けます。

 

会社員はお金持ちになれない?生涯賃金と資産額
https://zuuonline.com/archives/185466

出典: ZUU online


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/V6BxrY

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ日本の銀行でも・・・ | トップ | 白い金より、ただの金 »
最近の画像もっと見る

資産形成」カテゴリの最新記事