3photos

3枚の写真で発見したこと

ポピー畑のシャボン玉

2018-04-30 | スナップ
ポピー畑でシャボン玉遊びをしている子たちがいました。
どうやらお姉さんが妹にシャボン玉のつくり方を教えてあげているようです。






おやおや、シャボン液が目に入っちゃったのかな…






そうそう…簡単でしょ。



仲の良い姉妹ですね。

本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント

新緑と野球少年

2018-04-26 | スポーツ
















新緑に囲まれたグラウンドで少年野球をやっていました。
今大リーグで活躍している大谷翔平もこの子たちと同じ頃野球を始めたそうです。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

矢車菊の色

2018-04-22 | 花・植物
















鯉のぼりの柱のてっぺんにある矢車に似ているので矢車菊といいます。
この青紫色の美しい花はツタンカーメン王の棺の上に置かれ
マリー・アントワネットにとくに好まれ
”コーンフラワーブルー”という最高級のサファイアの色味にもなっているそうです。
決して派手ではありませんがこの青紫色につい見入ってしまいます。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

望遠レンズで花壇の花を撮る

2018-04-20 | 花・植物
今回は花の撮影とレンズの特性についてです。
ベテランの方にとっては当たり前のことかも知れませんが
望遠レンズと花の撮影で発見したことをご紹介させていただきます。

下の3枚はすべて望遠ズームの150mmから180mm(APS-C)
絞りはF2.8開放付近で撮っています。

望遠レンズは開放で近くを撮るとピントが薄いので主役が引き立ちます。







離れるに従ってピントが合っているように見える範囲(被写界深度)が広がります。
ここではバックの花の重なりがうるさくならないようにしゃがんで低いアングルで
同時にずっと手前の花が少しかぶるように前ボケを入れてみました。






ここまで離れると立ってもしゃがんでもそれほど大きな変化は望めません。
ここでは日向と日陰の境目にカメラを向け、手前の日向の花にピントを合わせてみました。
花壇のように同じものがたくさん並んでいる被写体では光線が変化しているところを狙うのも
絵づくりにとってひとつの方法だと思います。



レンズは同じ焦点距離、絞りでも撮影距離によって撮り方も違って来ますね。

本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント

春の雨 進む新緑

2018-04-19 | スナップ
昨晩は大雨でしたが午後になると劇的に晴れ上がりました。
春は雨が降る度に草木が急成長します。

















これからは草木と虫たちの共存の季節ですね。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

そっと覗いて見てごらん

2018-04-16 | 昆虫
















あかあおきいろ…たくさんのチューリップ
この花にはいろんな虫がやって来ます。
そ~っと覗いて見てみてごらん♪

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

春の横浜 チューリップ散歩

2018-04-15 | スナップ
横浜市は花と緑を愛する心をつなぎ自然の環境を育む「ガーデンネックレス横浜」を展開しています。
里山ガーデンもその一つですが今回はもうひとつのメイン会場であるみなとエリアに行ってみました。

チューリップの見所はまず横浜公園です。



里山ガーデンも圧巻でしたがここのチューリップは16万本!!…こんなにたくさんのチューリップを見たことがありません。



そこから日本大通りを抜けて山下公園へ



海を眺めながらの散歩は気持ちが良いですね。



そして新港中央広場へ



ここはジャクリーン・ファンデル・クルートという有名なガーデンデザイナーがつくったそうですが
花が主張しすぎず開放的な空間がとても心地良い場所です。

チューリップの見どころを順番にまわってみたら、みなと横浜の春を満喫することができました。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

チューリップの合唱団

2018-04-11 | スナップ
里山ガーデンのチューリップ
日が出ていたと思ったら雲に隠れまた顔を出す…その度に花壇の表情が変わります。
風が吹くと花々の歌声はクライマックスを迎えました。

















本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント

10000平方メートルの花壇

2018-04-09 | スナップ
昨年開催した「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を皮切りに
今年も里山ガーデンの大花壇を公開しています。






ここは写真撮影はもちろん、弁当を持ってピクニックなど楽しみ方はそれぞれですね。






ペットも持ち込めるようでワンちゃんたちもはしゃいでいました。



圧巻の花畑に訪れる人々…夢中に撮っていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント

モミジの花

2018-04-06 | 花・植物
桜は満開を過ぎると花弁を落としシベだけ付けているものが次第に増えて来ます。






この形に似ているのがモミジの花です。






モミジは花弁がとても小さいので目立ちませんが今満開に咲いています。



ひとつの終わりの形がまたひとつの始まりの形に似ているのは面白いですね。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント

花と少女

2018-04-04 | スナップ
















大船フラワーセンターは開園から今年で56年になります。
今は素直に花を美しいと感じますが子供の頃ここに連れて来てもらった時は
遊ぶ場所が全くなくてつまらない所だと思いました。

でも女の子は違います。
女性は生まれながらにして花に惹かれるのでしょうか。

本日も訪問いただきありがとうございます
28-75mmF2.8 MACRO A09
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント (2)

リニューアルオープン

2018-04-02 | スナップ
神奈川県立大船フラワーセンターがリニューアルオープンしました。
この植物園は自宅から自転車で行けるほど近くにあるのでよく撮影に行くのですが改修工事のため
去年から長いこと休園していました。

久し振りに行ってみると入口の看板は「日比谷花壇大船フラワーセンター」
…神奈川県立なのに”日比谷花壇”ってちょっと変ですがネーミングライツ制度を導入したそうです。
温室の暖房を取りやめたり園の運営も大幅に見直されたようですが以前より華やかになっていました。

















今回はずっと使っていなかった28-75mmF2.8で撮ってみました。
このレンズを購入した直後手持ちのレンズで比較してみたのですが
18-135mmF3.5-5.6とは同じ焦点距離、絞りで大差を感じませんでした。
マクロ域では90mmF2.8の方が好みの写りでした。

という訳でこのレンズはほとんど出番がなくなりましたが考えてみるとあの頃は離れたところから
絞りを開けてボケを生かすという撮り方はほとんどしていなかったと思います。
今改めて使ってみるとF2.8通しというのはとても使いやすいしボケもそこそこ綺麗です。
最新のレンズではありませんがこれから出番が多くなりそうです。

本日も訪問いただきありがとうございます
SP AF28-75mmF2.8 MACRO A09
k-3
コメント