3photos

気ままな でん の3枚の写真

ネコの手

2016-03-24 | 花・植物
神奈川県とオーストラリアのゴールドコースト市は今年友好提携25周年だそうです。

県立フラワーセンター大船植物園では「オーストラリアの花」という特別展が開かれています。



キャッツポー(ネコの手)という花。

猫の手を借りたいくらい忙しいという方はせめて目だけでも楽しんでいってください。




ネコの手だけじゃ足りないという方には



カンガルーポー(カンガルーの手)というのもあります。










今は入園口隣の小さな展示室に会場を移したようですが

「オーストラリアの花」は今月31日まで展示しているそうです。










【撮影情報】
1枚目 F5.6 1/200 ISO 200
2枚目 F6.3 1/200 ISO 1000
3枚目 F2.8 1/320 ISO 100
K-3
TAMRON 90mmMACRO 272E






コメント (2)

3月の花 フラワーセンター

2016-03-20 | 花・植物


3月になると見頃の花もたくさんあります。

ユキヤナギはこの時期どの公園でも見られますが

大株は見応えがありますね。










近くでよく見てみると

小さくて、そして雪のように真っ白な花がた~くさん。

ユキヤナギって本当にに可憐な花ですね。









桜はこれからです。これは「春めき」という品種。

「ソメイヨシノ」ももうすぐですね。










【撮影情報】
1枚目 F5.6 1/320 ISO 200
2枚目 F8.0 1/500 ISO 200
3枚目 F8 1/400 ISO 400
K-3
TAMRON 90mmMACRO 272E


コメント (2)

野鳥レンズ4 ボーグ60ED

2016-03-11 | 野鳥
その後ステップアップセットに60EDを買い足しました。
これらは自宅前の田んぼで撮影したものです。


コチドリ

交通量が多い交差点に隣接しているこの田んぼ。

その真ん中に一羽の小鳥が見えました。

双眼鏡で見てみると図鑑で見たことがある小鳥。

そっと下に降りて…そしてぶれないように背中を壁に押し当てながら撮りました。

どうしてコチドリが一羽だけこんな田んぼに来たんでしょう。








セッカ

上空をチャッチャ、チャッチャと鳴きながら飛んでいる鳥はなんだろうとしばらく観察していました。

稲田に降りたのでとにかく撮ってみました。


ある日の夕方、バイクの後ろに女の子を乗せたご主人が撮影にやって来ました。

セッカですか?

この子学校に迎えに行ってから飛んで来たんです。

この子の方が私より撮るの上手いんですよ。

学校からすぐ来たから自分のカメラは持って来なかったというこの子

まだ小学2、3年生です。


ネオ一眼で野鳥撮影を楽しんでいるこの親子。

とても微笑ましい光景でした。



コシャクシギ

田んぼですれ違った人が

あそこにタシギがいますよと教えてくれました。

その場所に行ってみると見たことがない鳥。

調べてみると絶滅危惧種!?


教えてくれたあの人は別の場所でタシギを撮っていたのでしょうか。

それともこの鳥をタシギだと思って撮っていたのでしょうか。

今でも気になってしまいます。







大規模な工事が始まった今、これら野鳥はもうここで見ることができません。
本当に残念です。

【撮影情報】
1枚目 1/250 ISO 1600
2枚目 1/800 ISO 800
3枚目 1/1600 ISO 1600
K-5Ⅱs  AFA 1.7×
60ED 350mm
(35mm換算893mm)
60EDも生産終了しています。
コメント

野鳥レンズ3 ボーグ50アクロ

2016-03-09 | 野鳥


野鳥をもっと解像力のあるレンズで撮りたい!!

でも高価でかさ張るものはムリ。

手軽に手持ちでしかも安価に野鳥を撮る方法はないものだろうか。


いろいろ調べていると「バーダーショップ フジノ」さんというネットショップで

ボーグという天体望遠鏡用のレンズを半オートフォーカス化した

ステップアップできるオリジナルセット(現在は扱っていないようです)を見つけました。


安価な50アクロレンズ(現在生産終了)がついたスタートセットから始めて

対物レンズだけ買い足して行けば撮影技術が上がって行く…夢のようなシステムでした。



ほとんど昆虫撮影をするために購入した一眼レフでしたが

先々のことを考えて交換レンズが比較的安価なペンタックスを私は選びました。

これがほんとうに幸運でした。


ボーグをオートフォーカスにするにはマニュアルレンズをオートフォーカス化する

ペンタックスのアダプターが必要だからです。


早速スタートセットを取り寄せました。

マニュアルで近くまでピントを合わせる「半オートフォーカス」の使い方にもすぐに慣れました。



野鳥は近付くと逃げてしまうので、遠くから超望遠レンズで撮るのが基本だと思います。

昆虫も不用意に近付くと逃げてしまいますが、驚かせないようにそっと近付くとマクロ撮影もさせてくれます。


生き物を撮る時 ”向こうからこちらはどう見えているんだろう?”といつも考えてしまいます。

カメラを構えた人間がズンズン近付いて来たら怖いですね。










【撮影情報】
1枚目 1/1600 ISO 800 メジロと梅
2枚目 1/500 ISO 800 ヒヨドリとヨコハマヒザクラ
3枚目 1/2000 ISO 400 モズ
K-5Ⅱs  AFA 1.7×
50アクロ 250mm
(35mm換算638mm)
コメント

春の賛歌

2016-03-05 | 花・植物


本格的な春を迎え、アセビ(馬酔木)が満開を迎えました。

待ちわびた春の到来を喜んでいるようです。










「ふきのとう」は「蕗の花」を咲かせます。










樹木も待ってましたとばかりに立枝を伸ばしています。

いよいよ生き物の活動の季節がやって来ました。










【撮影情報】
1枚目 F8.0 1/320 ISO 250
2枚目 F8.0 1/250 ISO 125
3枚目 F2.8 1/2000 ISO 160
K-5Ⅱs
TAMRON 90mmMACRO 272E







コメント (2)

遅咲きの白梅

2016-03-02 | 花・植物


早いところではもう桜が咲いていますが

公園の丘陵北側の白梅はやっと蕾から開花したところです。

日照時間が短いから開花も遅れてるんですね。






そんな樹も本格的な春を迎え空へ空へ枝を伸ばしています。











開花時期も環境によって随分違うんですね。











【撮影情報】
1枚目 F2.5 1/320 ISO 160
2枚目 F1.4 1/8000 ISO 160
3枚目 F2.8 1/320 ISO 80
K-3
FA50mmF1.4















コメント (2)