凸凹 Life (でこぼこライフ)

日々の楽しみは食と映画とケータイ電話!
身近で起きた出来事を、ダラダラと書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」観て来ました。

2010年10月17日 | 映画、ドラマ
無料期間6作目、今週末公開になった映画のうち4本程度をこの一週間内に観る予定でいます。
さて、こちらですがホリプロ50周年記念映画として製作されたもので、もちろんホリプロを支える俳優陣がズラリ出演しています。
「時給11万2,000円」の触れ込みで、日本テレビ系製作映画ながら大手プロダクションの幅を利かせてTBSにまで大挙して押し入り(王様のブランチ)映画コーナーを占拠するあたり、あらためてホリプロの力を見るようです。
ただ、映画の内容は・・・残念ながら、かなり低予算で短期間にスタジオ内で一気に撮り終えた感がありありな、寂しい完成度で、うかつに「テレビドラマのスペシャル程度でいいよ。」と言うのもテレビ局に失礼なほど、簡単に映画化されちゃうのが腹立たしい。
所属事務所の仕事ですから、断る理由もなかったでしょうが、これに出演することによって株の上がった俳優さんて、いたの?今年1月デビューした大野拓朗くんの顔見せ興行としては贅沢だったかもしれないが、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、あたりにとっては汚点の一つだったに違いない。
ネタばれになるので、あまり詳細は語れないけど、とにかくテレビに出過ぎてて観る前におおよそ、想像が出来るくらいに色々ネタばれ情報が入って来たものだから、残念。
まあとにかく同類映画(ドラマ)として「ライアーゲーム」が挙げられがちですが、ライアーゲームほどの緻密さや、設定が出来ていません。
いわゆるつっこみどころ満載で、舞台製作含むお仕事が、かなり幼稚です。求人広告を見て集められた10人が一週間をともにする舞台となる「暗鬼館」のお粗末な作りに、何かあればあの「ガード?」の仕業にしちゃえば的に安易なストーリー展開でとにかく、がっかりです。
「カイジ」を観た時も同じような寂しさを感じましたが、藤原竜也が悪いのではなく作品に恵まれていないだけ、ちょっと演技が暑過ぎるかもしれないけど・・・。★★☆☆☆星2つ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« マックの「アイコンチキン チ... | トップ | 復刻スミジン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無料 (momocine)
2010-10-21 05:38:36
はじめまして。

映画のブログをしています。

突然ですが、無料期間て何でしょう?

とても気になります。

教えていただけますか。
マイルを貯めて (GAKU)
2010-10-21 07:59:26
TOHOシネマではシネマイレージカード会員に向けて
1分=1マイルで、年間6000マイル貯めると1ヵ月無料の
フリーパスと交換可能なマイル特典があります。
6000マイル=6000分ですから1本の映画が約125分として48本。
4本/月程度、観ていれば可能な特典なので、映画好きな私としては
何とか毎年クリア出来ている次第です。
なっとく (momocine)
2010-10-21 22:54:02
聞きなれないと思ったら

TOHOシネマですか。

香川にはTOHOは無いので

ぴんと来なかったのです。

いいですね。

ワーナーマイカルは5本見たら

一本がただになります。
でもマイレージもやってみたいです。

そうですか。いいですね。

ありがとうございます。
Unknown (GAKU)
2010-10-22 09:55:07
TOHOシネマは6本に付1回無料(ただし、1名ごとにメンバーカード適応)
MOVEXは6本に付1回無料だけですが、メンバーカード1枚に
家族友達等まとめ買いしたチケット枚数がまとめて
カウントされるので、複数で観る機会の多い方はお得。

岡山は、こんな感じです。

コメントを投稿

映画、ドラマ」カテゴリの最新記事