凸凹 Life (でこぼこライフ)

日々の楽しみは食と映画とケータイ電話!
身近で起きた出来事を、ダラダラと書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「完全なる報復」観て来ました。

2011年02月06日 | 映画、ドラマ
「ドリームガールズ」以来、気になる俳優ジェイミー・フォックスと「300(スリーハンドレッド)」のジェラルド・バトラーの共演。
妻と娘を暴漢に殺された上に、犯人は司法取引で死刑にはならず、司法に裏切られたJ・バトラー演じるクライドは、担当検事J・フォックス演じるニック、そして裁判に関わった者全てに復讐を誓う。
裁判が終結してから8年、犯人が服役するや、綿密な計画の下、次々に残虐な手口で関係者を一人、また一人殺害し復讐の鬼と化すクライド。その残虐な手口は「SOW」シリーズを思い起こさせさえします。うかつにも、油断していてシートから体が完全に浮くほどびっくりして飛び上がったシーンがあります。思わず誰かに見られなかったかと、周りを見回し、滅茶苦茶恥かしかったですよ。私以外にも、飛び上がった人はいたみたいで、同伴の方のクスクス笑う声が漏れていました。まあ、そのくらい驚くようなシーンがあると言うことで、これから観る方はお気をつけ下さい。
とにかく、復讐を誓ったクライドは持てる知識と、財力を使い8年間ありとあらゆる罠を張って時が来るのを待った訳です、時にはモグラのように・・・。
ラスト、もうひと捻り欲しかったですけど、108分の上映時間があっという間に感じる映画です。
★★★☆☆星3つ

コメント   この記事についてブログを書く
« 「ウォール・ストリート」観... | トップ | かばくろ 総本店 (ぶたかば重) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画、ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事