凸凹 Life (でこぼこライフ)

日々の楽しみは食と映画とケータイ電話!
身近で起きた出来事を、ダラダラと書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ソーシャル・ネットワーク」観て来ました。

2011年01月20日 | 映画、ドラマ
公開第一週のメンズデーにしては小さなスクリーンだったので、けっこう満員でした。
ブログこそ何とか更新してるけど、ツイッターさえ満足に手を出していない私なので、この映画の舞台SNSに関して詳細は分かりません。ハーバード大学生とは言え、さえないプログラムオタクがアイデア一つで若くして億万長者になった話。
この映画を起業家よろしく、成功者目線で観るか、ただ羨ましいと敗北者目線で観るかによって受け取り方は違おうと思います。
ジャッキー・チェンやスタローンの映画を観た後、自身が強くなった気になるかのように、影響され易い人は妙な自信が「起業し一発当ててやろう!」なんて思ったりもするのだろうか?
こんなご時世だからそれもいいだろう・・・ただ、人の繋がりだけは見誤らないで欲しい、ただの道具として人を利用するなら、必ずその報いは自身に降りかかることを。
私自身も、今はフリーな立場なので、この映画を観て何も感じなかったと言えば嘘になるが、それなりに周りの人に助けてもらい、日々「生かされている」と感じ、感謝は忘れていないつもりなので、そこのところは大事にしたいと思ってます。
主人公の人間として未熟な部分もストレートに描かれているので、お金は得たけど、自身に何が残っているのか考えた時の寂しさと言ったらね。
贅沢な悩み・・・かもしれないけど、お金ってあればあったで、生活レベルを落とすことは恐ろしいもので、もっと欲しくなっちゃうんだよね。難しい・・・。★★★☆☆星3つ

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「値下げ」じゃなくて、事実... | トップ | お詫びの手紙・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画、ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

デヴィッド・フィンチャー監督 「ソーシャル・ネットワーク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
ゴールデン・グローブ賞決定!映画作品賞受賞リスト!『ソーシャル・ネットワーク』が最多4冠!『ザ・ファイター』助演W受賞 - シネマトゥデイ ↑この記事に刺激されてって訳じゃないのですが… 昨日(1月18日)観てきました。 現在、世界で6億人もの人が登録して...