広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

休息日

2013-05-01 17:23:39 | 日記
今日は休息日。

今日もコスカボで河川敷を走る。
横風がとんでもなく強いので、さすがに煽られる。

多分、人生で一番煽られた。

そんな感じで45分外を走っておしまい。


//////////////////////////////////////////////////////

コスカボSLEの特徴がだいたい掴めてきた。

のむラボさんが解説しているように、空力が優れる以外メリットはない。
45km/h以上で巡航しないと効果が得られないと言っているがw
実際は35km/h以上で巡航できれば十分効果が得られると思う。
いや、25km/hくらい出る登りでも多少楽に感じる。

そんなわけで、平地と下りは最高に素晴らしいとおもうけど、問題は登坂能力。

他のアルミリムと比べて、リム重量が前後で200~300gくらい重い。
リム重量が重いと登坂が大変だと言われるが、簡単な手計算程度ではリム重量が数百グラム増える有意なデメリットが見いだせなかった。
実際、ホイールを変えてもタイムはそんなに変わらないという声もある。

しかし同じように、リム重量が増えて登坂タイムが遅くなったという声もある。

よく見るとリム重量が450g以内に収まっていればさほど大きな差はないが、コスカボ(推定550g?)程度になると違いが現れるみたいで
通常のロープロリム(400g前後)に比べて前後の合計リム重量が3~400gと違うと、登坂タイムがだいたい1分あたり10秒(20分で3分20秒)くらい違うとの結果も数個かあった。

この辺のリム重量と登坂タイムのレポートってなんかないのかな?


とりま、コスカボSLEの使い道として、練習とアウターだけで走れるコース(サーキットとか)なんかで使う予定。
ちなみに練習用としてSLEを買ったので、スポークの違うSLR(前輪20H,カーボンスポーク)は違うかもしれない。


まあ、世の中適材適所というものだ。
コスカボで登りが登れたら、ライトウェイトなんかとっくに倒産してるわなw

そして何度も言いますけど、平地はすごくいいので決して悪いホイールじゃないですよw


ちなみに平地練のモチベーションが上がったようで、大臀筋とハムがさっそく筋肉痛。
そういう意味では買った意味は大ありだ。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 白石峠 DE コスカボ | トップ | サイクリング »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事