3C三昧

カー(Car)と、カメラ(Camera)と、クッキング(Cooking)
ワゴンRで車中泊

キッチンのガス台を、新しいものに取り換えました。

2019年04月23日 | ブログ

この家が出来た時からほとんど毎日使っていたガス台も、25年以上になれば相当にくたびれています。
だいぶ以前から手前右のバーナーが着火しにくかったり、また魚焼きグリルが油だらけで使えなかったりしましたが、煮炊きには
不自由しなかったので、更改を先送りにしていました。 そこへ最近また消費税が上がる話が出始めて、もうそろそろ潮時ではな
いかと考え、この際なけなしの貯金を取り崩すことにして、新型に取り換えることを決心しました。

購入に当たってはネットはもちろん、市内の量販店を見て回って機種を選定し、工事代金を含めて一番安い所を選びました。
と、選んだつもりでしたが、実はもっと安い店があってちょっとがっくりしましたが、まあ今後の付き合いもあるので妥協しました。

工事の人は午後に来て、古いのを取り外し掃除をして、新しいものを取付けて接続、使用状況の試験をして引き渡しです。
この間90分ぐらい、昨今は機器が統一規格なのでどのメーカの物でもぴったりハマるのですね。

色は以前と同じ白系で違和感はありませんが、レンジの形状や操作性が違うので、慣れるまで取説を読む必要がありますね。
そしてまず最初は、お湯を沸かしてコーヒーを煎れ、ゆったりと、新しくなったガスレンジの使い初めを祝いました。

1.古いガス台8 2.新しいガス台8

コメント

早春の頃には

2019年04月19日 | ブログ

寒い寒いといっていた冬も、だんだん緩んできて2月末には近くの梅園の梅が咲いたようなので行ってみました。

当日は火曜なんですが、小さな子供連れや壮年の人たちが陽だまりの中で梅を楽しんでいました。 花はいつ見てもいいもので
すね、心が和みます。 特に寒い冬から、「もうじき春だよぅ」と告げてくれる梅は、私の好きな花です。

ふと見ると、今、春真っ盛りの恋人もいて、羨ましいですねえ

1.梅8 2.家族連れ8 3.恋人8


3月に入ると暖かい日が続いたので、中半くらいにはもういい頃だと思って、タイヤをノーマルに戻しました。

4.スタッドレス8 記録を見るとほぼ毎年この頃に、ノーマルタイヤに戻しています。
今シーズンは1月に出かけたきりで、寝袋などの準備はしてあるのですが、結局なんや
かんやで見合わせていたので、あまり走っていませんでした。

そして外したタイヤは内外共にシャンプーで洗って、水が消えたらタイヤワックスを吹き
付けておきます。これで来年も、気持ちよく使える事でしょう。

このタイヤは、次回で4年目になりますが、走行距離がまだ6700Kmですので、もう
しばらく走れそうですね。
1万キロを超えたら、装着したままで北の方の長距離旅行で乗りつぶすつもりです。

4月になると、さくらが咲きはじめました。近所の梅園の横が桜の公園ですので、ちょっと行ってみました。
もう春盛、暖かい日差しの下でそれぞれが暫しの時間を楽しんでいます。今日の夕刻にでも、花見があるのかな?

こんな風に、次から次へと季節の便りが楽しめる時期は、とてもいいですねえ。

5.昼寝8 6.桜8 7.花見8

コメント

ワゴンRで車中泊 1月の寒波に北陸に行きました。

2019年02月28日 | 車中泊

もう周囲では梅が咲く時期ですが、実は1月後半の寒波の時に雪を求めて、毎年恒例の信州と金沢に行ってきました。
去年の暮れにスタッドレスに履き替えたので、とにかく雪の道を走りたくて土曜日に出発して、ひるがの高原SAまで一気に走りました。

この日はまだ雪が少なくて期待外れだったので、白川郷まで行く事にします。ここはやっぱり雪がありましたので、いつもの撮影ポイン
トへ行きましたが、踏み固めてなくて足が沈んでしまいます。みだしまへも行こうとしましたが、係員の規制があって入れませんでした。

今年から来場者の制限をするようになったそうで、どの道にも係員が居て止められます。で白川郷はやめにしまして、下道を走って
五箇山から相倉を通って福光へ行きます。南砺では展望所でちょっと写真を撮ったりしましたが、山越えならまだまだ雪がありました。

1.ひるがのSA8 2.白川郷8 3.南砺市口8

さてこの先は何処へ行こうかと考えて、先日TVで見た粉末醤油を買いに石川県の日本海側の直源醤油さんへ行くことにしました。
ナビで探して近くまで行ったのですが、お店は判りにくかったですねえ。交番で聞いたりして、何とかたどり着きました。

ここまで来たなら、これもTVで紹介していたインドカレーを食べていこうと思い付き、インド料理店「ホットハウス」へ寄ります。
インド料理は、地元でも行ったことがないので不安でしたが、とりあえずお勧めを注文してみました。
さてその印象は、それぞれのカレーも勿論美味しかったのですが、ナンがもっちりしていてとても気に入りました。

4.ホットハウス8 5.インドカレー8 6.メニュー8

遅い昼食を食べ終わったら、そろそろ泊の場所を探します。金沢近辺では車中泊が出来るところを知りませんし、そろそろ雪も降り
出したのでもう一度戻ることにしました。そして山越えの頃には、雪が激しく降ってきましたので、道の駅を探します。

今夜は道の駅上平で泊をしようと車を留めてみましたが、雪の勢いがすごいので、明日白川郷へ行けなくなるとまずいと思い、暗く
なる前に白川郷まで行く事にしました。ここの道の駅なら、どんなに雪が降っても安心ですので、もう閉まった店の前に停めます。

エンジンを止めて気が付いたのですが、今までのような急に襲い掛かるような寒さを感じません。ドアの内張の断熱のお陰でしょうか、
じんわりと冷えが漂ってくる感じです。それでも寒さは厳しいので、毛布を足に巻いて酒宴を開き、しばし雪の夜を楽しみます。
その間にも雪はとめどなく降って、たまにトイレに起きると、屋根の雪が落ちるし外が歩きにくいし、大変ですが楽しいです。

翌朝は早くから、除雪車の音がガラガラと聞こえていました。起きてみると屋根には雪が20cmくらい積もり、自車の周りだけ除雪
されていません。目隠しを外して隅へ移動して朝食です。そのうちにまた除雪車が来て、すべてをきれいに除雪していきました。

7.雪夜道8 9.翌朝8 9.しらみずの湯8

帰りはR156を南下します。後からわかったのですが、昨夜心配した上平からの国道は重要路線なのでよほどの雪でなければ通行止
めにはならないみたいです。途中の道の駅飛騨白山で、「しらみずの湯」という立ち寄り湯に入ることにしました。この湯は度々来ても
なかなか入る機会が無く、今回やっと目的を果たすことが出来ました。リフレッシュしたところで、ダム湖の側の道を南下して走りま
すが、荘川さくらの所にも観光客らしい車が止まっていました。ちょっと時期が違うような気がしますが、外国の人かもしれませんね。

荘川ICから高速道路へ乗って郡上八幡で一度降りて、肉桂菓子のおいしいお店があるのでお土産を買いました。もうこの辺りは雪は
全くありませんので、ゆっくり安全運転で自宅まで帰りました。

追伸:夏に作った小型のスノーシューを、積雪の場所で試してみましたところ、雑に抜き差しをすると割れはしませんがひびが入って
   しまいました。やはりネジで固定してしまうと、圧力に耐えられないのかもしれません。
   雪は意外と抵抗が強くて、過去に三脚のマウントを割ってしまった事があるくらいですから、もう少し改良を要しますね。


 

コメント

2019年の正月も、豊川稲荷へ行ってきました。

2019年01月18日 | ブログ

今年は3日に、豊川稲荷へ行ってきました。ここは全国から初詣に来るので、車がいっぱいです。最寄りの駐車場へ入るのに
1時間以上待たされおまけに有料なので、自分は100mほど遠くのマーケットの駐車場に車を置いてから、歩いて行きます。
時々は、渋滞している車に教えてあげる事もありますが、これって結構時短の穴場なんですよ。

門を入ったところから本殿までの道は、人が詰まっていて並んで歩きます。今日は少なめみたいで結構スムースに動きますねえ。
本殿に入り、お賽銭を入れてからお参りをします。去年の無事の感謝と、今年の幸運のお願いをしっかりしておきました。
お参りの人を見ていると、やっぱり皆さん真剣にお願いしていますねえ。入れ替り立ち代わりで、賑やかです。

おみくじ所は柵で制限していたので、そんなに混んでなくてちょっとがっかり。いつもここで歓喜の表情を狙っているんですけど、
盛り上がりがないので今回は撮影はパスしました。
というわけで、今年も始まりましたが、去年にも増して自分にも世の中にも、いろんなことがありそうな予感がしますねえ。

1.稲荷本殿8 2.初詣8 3.おみくじ所8

コメント

今日は大晦日です。今年の終盤もいろいろありました。

2018年12月31日 | ブログ

畳表替え8

12月に入ったら、あっという間に年の瀬になってしまいました。毎度の事とはいえ、それでも
今年のうちに思い切って畳表を変えました。築25年になるこの家の和室は2部屋あって、どちら
も畳の表面がぼろぼろで、見るたびに情けない思いをしていたんです。

そこで10月に近所の畳屋さんに、畳表交換を注文しました。材料は何といっても日本製です。
外国製なら安いのもありますが、この際奮発してちょっといいものを選びました。

2部屋を2日掛けて作業してもらい、青々とした気持ちの良い部屋に生まれ変わりました。
取り換えたばかりの畳は、い草の匂いが強烈で、何日かは風を通す必要がありましたが、
やっと落ち着いた今では、座って畳に触れるたびに、心が落ち着く毎日です。

さて前回の10月からの強制運動というのは、ドンキホーテでのカート集めのパートでした。見た目はそんなに大変そうには見えな
かったのですが、5時間の間立つか歩いており、その距離は2万歩位です。それは腰への負担がかなり大きくて、11月には腰痛が
酷くなってしまい、翌12月の年末は作業量が格段に増えるのでもう諦めて、他の人を雇ってもらうように離職することにしました。

次回働くときはもう少し作業内容を見極めて、体に負担にならないような仕事を探したいと思います。とにかく、いい経験でした。
そして12月は、それまで時間が無くて出来なかった資料整理や大掃除などをして、今年の締めくくりをしました。

今年の初めに「今年は変化の年ということで、自分にとってこれからの運命が決まる出来事に遭遇します。」と宣言しましたが、
時流を待っていただけでしたので、結局何も起こりませんでした。しかし、今年の終盤から種を蒔いたところ、遂に変化が起こり
始めました。もう停滞することはありません。来年のうちには必ず決着がついて、わたしの人生の方向が変わるでしょう。
そんなこんなで今年は幕にして、新しい年は「いい年だった」言えるようにしたいです。

コメント

体力回復に、昨日は豪華にうなぎ丼にしました。

2018年11月06日 | 手料理

うなぎ丼8

先日の北海道旅行の際に右足痛と腰痛に悩まされたのに、その後更に動かなかったらどん
どん体重が増えてしまって、なんと74kgを超える勢いです。だからと云って運動もストレッチ
もしない怠惰な毎日なのですから、腰痛などの体の状態が良くなるわけがありません。

そこで思い切って10月から、強制的に運動をする組織に加入しました。運動量としては、大体
平均1万5千歩位の動きを、週の半分位の日数行います。とにかく汗をかいて4~5時間くらい
の間へとへとになりながらも動き続け、気持ちは常に「あと△時間」と終る時を意識しています。

勿論その間は脱水症にならないように、汗っかきの私は水分を絶えず取り続けますが、今まで
にない運動量に疲労困憊です。帰ってくるともう全然動く気がしません。ビールはすこぶる美味いのですが、反面家事が大変でした。
すると何と最初の1週間で、体重が70kg台まで減ってきましたし、そして一か月後には、理想の68kg前後まで下がってきたのです。

そして昨日、たまたま冷凍室にうなぎの蒲焼を見つけたので、自分へのご褒美に、ここは一丁うなぎ丼にして食べることにしました。
こういう物は、折角ですから美味しく食べたいですよね。そこで「市販のうなぎを、美味しく食べる方法」をネットで探して、処理します。
そして炊き立てのご飯の上に1匹をドドーンと載せ、松茸のお吸い物を添えて、久しぶりのビール付き豪華ディナーを満喫しました。

コメント

小型スノーシューを作製、サーフィン大会撮影で試してみました。

2018年09月26日 | 写真

去る9月15日から、愛知県田原市赤羽根の海岸でISAワールドサーフィン大会が行われていたので、19日に撮影に行ってきました。
この場所は、普段からサーフィンを楽しむ人たちのメッカですが、今回ここで国際大会が行われると聞き、どんなものかと出掛けました。
当日は、台風が去った後の高波がまだ残っており、比較的よい条件です。そして天気は朝のうち曇、昼には日が差して暑くなりました。

撮影は三脚を海岸に立てて、500mmの望遠を付けたAPSのカメラで狙います。設置は審査の正面を避ければ、どこでも可です。
7時の競技開始から次々と、入れ替わり立ち替わりサーフィンの妙技を見せてくれます。その技術は素晴らしく、何度も何度も華麗な
技を繰り出しますので、その容姿を何とか捕えようと、三脚のロックをフリーにして追いますが、不規則な動きを捉えるのは大変です。

今回、以前に作成した三脚の足に付ける小型のスノーシューを試してみました。材料は、デーラーから不用のサンバイザーを貰った
ので、それをホールソーでくり抜いて作りました。サイズは切り出せる最大値の直径65mmで、これを三脚の先端に取付けました。
結果、海岸の砂地でも砂利地でも、撮影の際に下方向に力が掛かっても、沈むことなく耐えて十分にその機能を果たしてくれました。

撮影はいろいろの準備不足で暑さに耐えきれず昼で引き上げましたが、大会は波の関係で予定を変更してそのまま決勝まで行われ、
とても盛り上がったそうです。初めてのサーフィンの国際大会はとてもフォトジェニックで魅力的でした。この経験を踏まえて、来年も
大会があればぜひ撮りたいと期待しています。また小型のスノーシューは、雪の季節になったら、その効果を試そうと思っています。

1.サーフィン8 2.切り出し8 3.取付効果8

コメント

ワゴンRで車中泊 ゴミ袋が、運転の邪魔にならないようにしました。

2018年09月15日 | 車中泊

先日の北海道旅行で風邪を引いた際、ティッシュペーパーを大量に使い、それを全部ゴミ袋に入れたところ、大きく膨らんでしまって、
運転中の足に当たり邪魔になりました。これはまずいと言う事で、この袋の膨らみを押さえる板を作製することにしました。

機能としてはゴミ袋が収まるスペースを囲うように、仕切りとなる板を作成するのですが、問題はそれをどう取付けるかです。
結局見つけた方法は、コンソール側面と運転席の左サイド下にプラスティックの部分があるので、この間に渡すことにしました。

最初の形状はゴミ袋に当たる部分だけプラ板で、取り付けはマジックテープで引くつもりでした。というのも運転席は、前後させる
ことがあるので固定できないと思ったからです。しかしよく考えたら片方を可変にしておけば、一枚板でも大丈夫とわかりました。

材料は100均の半透明黒で0.75mmのプラ板、形状はボール紙で試作検討した結果です。出来上がった板の、コンソール側と
運転席側にマジックテープを貼って、取り付けが出来るようにしました。半透明なので、テープの位置が見えて、正確に張れました。

効果としては、押さえ板を取付けておけば、多めにゴミを入れた袋を取付けても、運転席足元に張り出しがありませんので、良好です。
通常時はゴミ袋は助手席の足元ですので、この板は必要はありませんが、助手席がフリースペースになっている時に取付けます。

1.押さえ板8 2.取り付け8 3.スペース8

コメント

北海道に大地震、あの苫小牧近くが震源地

2018年09月08日 | ブログ

6日の朝、ワイドショーを見ていると「北海道に地震被害」というテロップが出たので、チャンネルを回してみると、すでに大々的に
扱っている番組があったので、その様子を食い入るように見ていました。

北海道といえば、つい一か月前まで旅していた場所です。そして苫小牧は帰りの船に乗った所で、千歳、むかわなども激震のようです。
そして午後になるにつれて、近隣の震度が「5~7」というすごい揺れだったとの事でした。またこれだけの強烈な揺れで、建物は倒壊し
道路亀裂や地すべりなども至る所で発生していると報じています。自分の訪れた場所の名前を聞くたびに、不安が重なりました。

なにより気になったのは、北海道全土で停電しているという事です。今は電気がなければ何もできない世の中ですから、大変な状態に
なっていると想像できました。ガソリンスタンドに入る為の、車の行列を見た時には、本当に「頑張って欲しい」と思いました。

しかしニュースで見る限り、特に被災された地域の方々は忍耐強く対応してられるので、北海道の人々の素晴らしさを感じました。
何もしないで生意気なことをいうようですが、くれぐれも早い復旧をお祈りいたします。

1.北海道地震8 2.全道停電8 3.台風被害8

一方自宅の方ですが、その2日前の4日夜間には台風21号が関西圏に上陸するということで、我が家でも心配して家の外部を見渡し
たところ、なんと中屋根の上のトタンが剥がれて、天窓に引っかかっているのを発見しました。
実はこれは7月28日の台風12号での被害のようで、旅行で不在だったので今迄気が付かなかったのです。大変、不手際でした。

早々に修理を依頼して、当夜の強風で更にひどい状態にならないように心配していたのですが、おかげさまでこの地方には大した影響
もなく通り過ぎ、ほっと胸をなでおろしました。しかし関西地方では、市街地とか関西国際空港に甚大な被害があったようです。
このところ大変なことが各地で頻繁に起きていますが、多分今まで人類のしてきたことに対する、自然の報復なのかもしれませんね。

コメント

北海道旅行 旅を、振り返ってみました。その5.虫対策

2018年08月29日 | 旅行記

最後の項目として、北海道の日常を考えてみました。北海道は湿気が少なく快適な気候ですが、実は蛾などの小型の虫が飛んでいて、
日中郊外を3~4日も走行すれば、フロントグリルもフロントガラスも、またラジエターも虫の死骸でびっちりと汚れてしまいます。

そこで、時々洗車をするのですが、その際に水源から水を運んでくるバケツ(携帯用に折りたためる)があると、便利なんです。
また虫の死骸は、水だけで擦るより、車用のシャンプーを使ったほうが、張り付いた虫がすぐに落せて楽だと思います。

そんな車を汚す小型の虫よりもっと小さくて、肌を刺す怖い虫もたくさん居るのです。知らない間に、車内に入ってしまうと大変です。
とても小さいので、刺されるまで気が付きません、そして刺されるとすごく痒くて、虫によってはパンパンに腫れてしまいます。
自分の場合は、運転席の足元にいたようで、靴下の中に入ってしまって、腿や足の裏を刺された時は、とても痛痒い思いをしました。

そこでなにか対策は無いかと薬局で相談して、ちょっと強力な「虫刺されの塗薬」と、「蚊が居なくなるスプレー」を購入しました。
すでにさんざん刺され、腫れた後だったので、常に体のどこかが痒いのですが、それでもとにかくこれを塗って何とか過ごしました。
帰ってから知ったのですが、虫の毒を吸い出す道具があるそうで、それを使うと被害が少ないとか。次回は、持っていこうと思います。

さてこれで、今回の北海道旅行の総括は終わりです。旅行中殆ど毎日ブログを気にしていたので、時間に余裕がなかったというのが
本音です。でも今読むと、その時のその場所の事を明瞭に思い出します。そして何といっても、無事故で帰って来れたのが一番ですね。

13.フロントグリル8 14.携帯バケツ8 15.医薬品8

コメント