Frontline

保険で損をしないでください!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

褒め方の工夫

2018-06-08 | 今日の心がけ

ある日子供が「見て見て!」と、

満面の笑みと共に自分の描いた絵をもってきたとします。

あなたはその時、どのような言葉をかけますか?

 

たいていの大人は、「すごいね」「上手だね」と反応するかもしれません。

それも良いのですが、その言葉ばかり繰り返していると、

子どもは「いつも同じだ」とがっかりして、

絵を描く意欲をなくしてしまう可能性もあります。

 

「〇〇が、かっこよく描けているね」                                          「ここの色がとっても好きだなぁ。優しい気持ちになるね」など、

少し具体的に伝えてみると良いでしょう。

 

すると、子供は【ちゃんと自分の描いた絵を見てくれている】と、

とても嬉しい気持ちになります。

これはこどもとの関係に限った話ではありません。

 

大人同士の場合でも、相手の行いをよく見て、

具体的にはどこが良かったかを伝えるだけで、

お互いの気持ちが打ち解けて、関係性も良い方向へ変化していくでしょう。

 

ちょっとした伝え方の工夫から、周囲の笑顔は増えていくものです。

 

今日の心がけ

よく見て具体的に褒めましょう

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 自分で払う(自己投資) | トップ | 雨はどこから? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の心がけ」カテゴリの最新記事