「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『浪速史跡めぐり』御霊神社・大阪は都心は淡路町に御霊神社、祭神は天照大神荒魂、津布良彦神、応神天皇、源正霊神

2017-06-23 04:31:17 | 史跡探訪
『浪速史跡めぐり』御霊神社・大阪は都心は淡路町に御霊神社、祭神は天照大神荒魂、津布良彦神、応神天皇、源正霊神(鎌倉五郎景政公霊).
神社の社伝拠れば古くより大阪市の船場、愛日、中之島、土佐堀、江戸堀、京町堀、靭、阿波座、薩摩堀立売堀、長堀の西部他、摂津国津村郷の産土神として鎮座。
古くは海辺にしてぬかるみ芦萩繁殖し円江、円形の入り江をなしていた。その地に瀬織津比売神、地主神たる津布良彦神、津布良媛神、奉祀し円神詞と言ったのがこの神社の古名である。
御神威高く、上古、天皇のご即位大嘗祭に続く八十島祭を預かり給もうた。豊臣秀吉の大坂城築城後、各諸大名の寄進相次ぎ、特に石見藩亀井玆矩が屋敷地を割いて寄進した。
文禄三年(一五九四)に源正霊神を合祀して現在の地に遷座した。その後、御霊神社と改称された、江戸時代には大阪城大家老が巡見の折り、参拝するのが慣例となった。
境内には「文楽座之跡」の碑と御霊文楽座跡がある
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都十六社巡り・御靈神社・... | トップ | “日本名僧・高僧伝”79・日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡探訪」カテゴリの最新記事