「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「奈良古社寺探訪」長岳寺・奈良県天理市柳本町にある高野山真言宗の寺院。山号は釜の口山(かまのくちさん)、

2017-06-22 05:05:57 | 史跡探訪
「奈良古社寺探訪」長岳寺・奈良県天理市柳本町にある高野山真言宗の寺院。山号は釜の口山(かまのくちさん)、本尊は阿弥陀如来、開基は空海(弘法大師)とされる。
関西花の寺二十五霊場第十九番札所。日本最古の歴史の道といわれる山の辺の道のほぼ中間点に位置している。釜口大師の名で親しまれている。
天長元年(824年)に淳和天皇の勅願により空海(弘法大師)が大和神社(おおやまとじんじゃ)の神宮寺として創建したという。盛時には四十八もの塔頭が建ち並んでいた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『戦国時代の群像』133(... | トップ | 京都十六社巡り・御靈神社・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡探訪」カテゴリの最新記事