「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浪速史跡めぐり』堀越神社は、大阪市天王寺区茶臼山町にある神社。聖徳太子が四天王寺を創建した際、崇峻天皇を祭神

2017-11-24 04:20:21 | 温故知新
<font size="4">『浪速史跡めぐり』堀越神社は、大阪市天王寺区茶臼山町にある神社。聖徳太子が四天王寺を創建した際、崇峻天皇を祭神として風光明媚な茶臼山の地に社殿を造営したのが最初と伝わり、四天王寺七宮の一つに数えられる。かつて創建当初から明治中ごろまで境内の南沿いに堀があり、この堀を渡って参詣したのが社名の由来だといわれる。また、古くから「一生に一度の願いを聞いてくださる」と、尊崇を集めている。現在は交通量の多い谷町筋に面しているが、境内は樹齢数百年に及ぶ樹木をはじめ緑が多く、閑静な境内を構成している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「京都古社寺探訪」宇治神社... | トップ | 『歴史古代豆知識』26・屯倉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温故知新」カテゴリの最新記事