「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)139“足利義持” 足利義持(1386~1428)室町幕府4代将軍。

2016-12-21 04:27:34 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)139“足利義持”
足利義持(1386~1428)室町幕府4代将軍。応永元年(1394)から19年間在職。父は3代将軍義満。母は醍醐寺三宝院坊官安芸法眼の女藤原慶子。六代将軍義教の同母兄。1394年に将軍となるが、実権は依然として父義満が掌握していた上に、義満が、義持の同母弟義嗣を溺愛した為に、その地位も危うかった。1408年義満が死去すると、幕府はこれまでの北山第から新たな三条坊門第に移し、朝廷から義満に送られた太上天皇の尊称を辞退したうえ、朝貢形式を屈辱的として明との勘合貿易を中断した。また、関東管領上杉禅秀の乱に加担したのを理由に義嗣を殺すなど、義持の政治は義満の否定に始まったと言える。その一方で義持政権期は管領斯波義将、畠山満家らの補佐を得て室町時代で最も安定した時期でもあった。1423年、将軍職を子の義量に譲り、出家したが、義量が2年後に死ぬと、その後も政務を担当した。晩年は護持僧満済を政治顧問とした。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)134“畠山満家” 畠山満家(1372~1433)室町前期の武将。幕府管領。畠山基国の子

2016-12-16 04:28:29 | 鎌倉室町の群像
。尾張守・左衛門守。応永の乱の鎮圧に功あったが、足利義満に疎んじられ、父の死後は弟満慶が家督を継いだ。義満没後は、満慶から家督を譲られ河内・紀伊・越中の守護となり、2度に渡り管領を務めた。正長元年(1428)の将軍後継選びにくじを引いて義教を擁立した。その後重臣として満済らと幕政の運営に当たった。義持が引退した後は5代将軍足利義量を補佐したが、義量が早世したため前将軍義持が復帰することになり、再び義持の下で政務にあたった。正長元年、義持が死去した時、後継者を義持の弟4人のうちから籤引きで定めることを決めたのは満家である。この結果、天台座主義円が還俗し、6代将軍足利義教となった。義教の代においても宿老として幕政に重きを成したが、永享5年(1433年)9月19日、62歳で死去した。法号は真観寺殿真源道端。粛清を行なった将軍として恐れられた義教も、満家存命中はその行動を抑制されていた。満家は義教と鎌倉公方足利持氏の融和に努めることで戦争を回避しようと努力していたが、満家が死去したことで義教を抑制する人物がいなくなってしまったため、以後は義教による粛清が行なわれることとなるのである。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)131“今川貞世” 今川貞世(1326~?)南北朝から室町にかけての武将。歌人。

2016-12-14 04:33:17 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)131“今川貞世”
今川貞世(1326~?)南北朝から室町にかけての武将。歌人。官途受領名は左京亮、伊予守。父は駿河守護今川範国。幼少より和歌を学び、冷泉為秀の門下となる。連歌は二条良基に学ぶ。観応の擾乱に足利尊氏方として参戦、その後は紀伊・畿内周辺の南朝勢力と戦う。貞治6年(1367)には室町幕府引付頭人となり、また侍所頭人として山城守護を兼務した。同年末に将軍足利義詮の死によって出家し了俊と号した。当寺、九州では南朝方の勢力が強く、将軍義満は了俊を九州探題に任じ其の統一意図とした。了俊は1371年2月、九州に向けて出発し、後に大宰府を拠点として、1387年にはほぼ九州全体を支配下に収めた。この間了俊は、高麗との交易を進め、倭寇を鎮圧するとともに、今川氏一門の子弟に九州各地に支配させるなど積極的な経営を行った。しかし1395年8月、25年間務めた九州探題を突如解任された。この背景には幕府管領の交替や、了俊の勢力拡大に対する義満の危機感があった。その後了俊は駿河・遠江の半国守護となったが、将軍への不満は募り、周防の大内義弘や鎌倉公方足利満兼に接近、1399年の応仁の乱で、自身は挙兵しなかったが、結局遠江国堀越に閉居した。将軍への忠誠がかえって誤解を招いたと言われる。晩年は歌論やその指導に、著述に専念したが、とくに冷泉歌学に体形付けた意義は大きい。また著書に「難太平記」は自身の生き方を後世に伝えたものである。



コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)128“光明天皇”

2016-12-11 05:54:21 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)128“光明天皇”
光明天皇(1321~1380)南北朝時代の天皇。建武3年(1336)8年間在。後伏見天皇の皇子。母は西園寺公衡の女広義門院寧子。元亨2年(1322)親王宣下、豊仁と命名。1336年に足利尊氏に擁立されて皇位に就いた。1348年兄光厳上皇の皇子興仁親王に譲位した。1351年尊氏らが南朝に降伏した為に、吉野の賀名生や河内の天野金剛寺に幽閉され、その間、落飾して真常恵と号した。1355年に帰京して伏見殿に入り、さらの所々を遍歴して仏門に精進し、1380年6月24日、大和長谷寺で死去した。享年60歳であった。遺骨は大光明寺に納められた。
★史跡が教える先人の葛藤と情景に学ぶ教訓。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)127“山名時氏”山名時氏(?~1371)南北朝時代の武将

2016-12-10 04:21:16 | 鎌倉室町の群像

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)127“山名時氏”
山名時氏(?~1371)南北朝時代の武将。山名義氏の子。母上杉重房の女。伊豆守・弾正少弻・左京太夫。足利尊氏の従って六波羅探題攻め、中先代の乱、湊川の戦に功があり、伯耆・丹後などの守護になる。しかし観応の擾乱に際し、足利直義側に組したとして、それらの守護職を召し上げられたために、尊氏から離反。直義の死後、一色範光や細川頼之らの勧めもあって、丹後・丹波・因幡・伯耆・美作の5カ国の守護職を幕府が認めることを条件に1363年幕府と和解しした。翌年には出雲・丹後の守護職を加え、1368年には幕府は評定衆に加えられた。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)125“観阿弥・世阿弥”観阿弥(1333~1384)世阿弥(1363~?)南北朝時代の能役者

2016-12-08 04:40:36 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)125“観阿弥・世阿弥”
観阿弥(1333~1384)世阿弥(1363~?)南北朝時代の能役者。大和猿楽観世座の創始者。初代太夫。観世流の始祖。父は大和の山田猿楽美濃太夫の養子。長兄は宝生太夫。興福寺や多武峰談山神社に参勤する大和猿楽結城座に所属する役者であったが、劇形態の能を演じ手として頭角を現し、観世座を結成し独自の活動をしていた。30歳代には京都に進出し、佐々木導誉らの後援を得ていた。1375年あるいは前年に、京都新熊野で12歳の長男世阿弥と共に演じた猿楽で将軍足利義満の初めての来臨を得、以後生涯を通じて庇護を受ける。観阿弥の功績は、都に進出、能を貴人の理解を得るような内容に充実した洗練された作品に進化させたことにある。部門や芸系の違いに拘らず積極的に吸収し、自座の歌舞・物真似芸の充実に務めた。当時人気のあった曲舞を導入し、叙事性を加味したことは重要であった。観阿弥は52歳の時に巡業先の駿河で死去している。

コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)124“名和長利” 名和長利(?~1336)鎌倉末期から南北朝の武将

2016-12-07 12:47:36 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)124“名和長利”
名和長利(?~1336)鎌倉末期から南北朝の武将。村上源氏流を称し、伯耆国長田に拠った長田行高の子。のちに同国名和に移って縄を称した。長田又太郎とともいう。本来は海上交通・商業に関わる在地武士だったと考えられる。元弘3年(1333)2月、隠岐から脱出した後醍醐天皇を船上山に迎い入れ、天皇京都奪還に参加した。戦功によって天皇から帆かけ船の笠験を与えられた。建武政権下では天皇の側近となり、記録所寄人、恩賞方、雑訴決断所などの要職に歴任した。東市正も務めた。地方武士出身ながら、官職・官位も左衛門尉・伯耆守・従四位下を与えられ、てんのう側近として楠正成・嗣さ忠顕・結城親光らと併せて「三木一草」と称せられた。しかし1335年11月、足利尊氏の離反によって建武政権は崩壊、長年は翌年6月30日京都で足利方と戦闘で敗死した。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)124“名和長利” 名和長利(?~1336)鎌倉末期から南北朝の武将

2016-12-07 12:47:36 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)124“名和長利”
名和長利(?~1336)鎌倉末期から南北朝の武将。村上源氏流を称し、伯耆国長田に拠った長田行高の子。のちに同国名和に移って縄を称した。長田又太郎とともいう。本来は海上交通・商業に関わる在地武士だったと考えられる。元弘3年(1333)2月、隠岐から脱出した後醍醐天皇を船上山に迎い入れ、天皇京都奪還に参加した。戦功によって天皇から帆かけ船の笠験を与えられた。建武政権下では天皇の側近となり、記録所寄人、恩賞方、雑訴決断所などの要職に歴任した。東市正も務めた。地方武士出身ながら、官職・官位も左衛門尉・伯耆守・従四位下を与えられ、てんのう側近として楠正成・嗣さ忠顕・結城親光らと併せて「三木一草」と称せられた。しかし1335年11月、足利尊氏の離反によって建武政権は崩壊、長年は翌年6月30日京都で足利方と戦闘で敗死した。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)123“千種忠顕” 千種忠顕(?~1336)南北朝期の公卿。村上源氏流の権中納言六条有忠の子

2016-12-06 04:17:35 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)123“千種忠顕”
千種忠顕(?~1336)南北朝期の公卿。村上源氏流の権中納言六条有忠の子。忠顕の頃から千種氏を称した。参議・従三位。後醍醐天皇に近侍して討幕運動に参加し、元弘の変以降、天皇の笠置山潜幸・隠岐島配流にも、側近としてこれに従った。建武政権の樹立後は丹波国などの知行国を得、雑訴決断所の山陰・山陽の両道担当の寄人となった。楠木正成、名和長利、結城親光らと併せ「三木一草」と称された。1336年に出家。後醍醐天皇が足利尊氏に攻撃を受けて比叡山に逃れるとこれに従い、近江国西坂本で足利義直軍と戦って敗死した。★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
コメント

『 鎌倉・室町の群像伝』(全186回)122“結城宗広”結城宗広(?~1338)鎌倉末から南北朝時代の武将

2016-12-05 04:44:05 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)122“結城宗広”
結城宗広(?~1338)鎌倉末から南北朝時代の武将。下総結城氏の庶子で陸奥国白河荘に分立した結城裕広の嫡子。下総の本家から自立を目指し北条得宗家に接近、鎌倉末期に陸奥国津軽河辺・桜葉郷地頭代職を獲得するなど南奥の実力者に成長。正慶2年(1333)後醍醐天皇に応じて挙兵、新田義貞に属して鎌倉を攻略して天皇の信頼を得た。翌年奥州式評定衆に列し、1336年には北畠顕家に従って西上、足利尊氏を九州に追い、1337年再度尊氏を追討に出陣するが敗走。吉野で南朝勢力の再建を図り、北畠親房らと伊勢大湊から奥羽へ出航するが、暴風雨で伊勢に吹き戻されてしまい客死した。家督は前年の嫡孫結城顕朝に譲られた。嫡子親朝は小峰家を興した。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)121“後村上天皇”後村上天皇(1328~1368)南北朝時代の南朝の天皇。

2016-12-04 05:20:20 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)121“後村上天皇”
後村上天皇(1328~1368)南北朝時代の南朝の天皇。延安四年(1339)から29年間在位。父は後醍醐天皇。諱は義良、後の憲良。討幕運動を進める後醍醐天皇と行動を共にする。1333年10月には北畠顕家らに奉じられて奥羽に下り、その後幾度か吉野との間を転戦したが1338年に奥羽に向かう船が遭難、翌年吉野で即位した。その後京都奪還を目指したが、足利の攻撃により賀名生行宮への撤退を余儀なくされた。1351年には足利氏の内紛から、一時「正平一統」となるが、それもすぐに破られ、南朝の勢力は急速に衰えていった。琵琶・書道にも秀でていた。大阪府河内長野市観心寺内に墓所がある。★史跡が教える先人の葛藤と情景に学ぶ教訓。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)120“斯波義将” 斯波義将(1350~1410)南北朝時代から室町時代の武将。幕府管領

2016-12-03 04:41:20 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)120“斯波義将”
斯波義将(1350~1410)南北朝時代から室町時代の武将。幕府管領。高経の4男。右衛門督。貞治元年(1362)13歳で幕府執事・越中守護となり、父高経の後見で執務。1366年佐々木高氏の讒言によって父とともに越中に逃れるが、翌年父の死を契機に越中守護に復帰し桃井氏追討が功となして、1379年管領細川頼之排斥の中心人物となり、管領に任じられ、越前守護に移る。3打将軍足利義満を助けて、幕府の政所充実、洛中支配の強化、禅宗の間接化などを実施した。計3度の管領に就任、また嫡子義重・嫡孫義淳を後見し、幕府第一の宿老として重んじられた。義満の没したとき、朝廷が太上天皇の追号を贈ろうとした時に4代将軍に辞退することを薦めたことは有名。また禅宗に帰依し、歌道や古典に精通していた。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)119“春屋妙葩“ 春屋妙葩(1311~1388)南北朝時代の臨済宗夢窓派の禅僧。

2016-12-02 04:21:00 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)119“春屋妙葩“
春屋妙葩(1311~1388)南北朝時代の臨済宗夢窓派の禅僧。春屋は道号、妙葩は諱。甲斐の平氏で、夢窓疎石の甥にあたる。美濃の虎渓山の夢想にについて得度、師事したのち、来朝僧の竺仙梵僊、正澄に歴参し、ついに夢窓の法を継いだ。延文二年(1357)足利尊氏に招かれて等持寺に、ついで1363年天龍寺に住したが、1369年南禅寺建立問題で管領細川頼之と意見が衝突し、単語の雲門寺に隠棲すること10年、この間に明使趙秩と詩文の往来があった。それをまとめたのが「雲門一曲」である。1379年京都に復帰して南禅寺に住し、さらに僧録に任じれられた。全国の五山派の集団体制を固めた。ついで1384年足利義満の庇護の下に、相国寺を創建、夢窓を勧進開山とし、自らは第2世となった。嘉慶2年8月12日没。智覚普明国師の贈名を送られた。★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
コメント

『鎌倉・室町の群像伝』1(全186回)118“足利基氏”足利基氏(1340~1367)南北朝時代の武将。第二代鎌倉公方。

2016-12-01 04:33:57 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』1(全186回)118“足利基氏”
足利基氏(1340~1367)南北朝時代の武将。第二代鎌倉公方。将軍足利尊氏の4男。足利将軍家の内紛から発展した観応の擾乱が起こると、父は鎌倉にいた嫡男で基氏の兄義詮に次期将軍として政務を担当させるため京都へ呼び戻し、正平4年/貞和5年(1349年)に次男である基氏を鎌倉公方として下し、鎌倉府として機能させる。この折、幼い基氏を補佐した執事(後の関東管領)の1人に上杉憲顕がいた。『鎌倉九代後記』によれば、基氏は約6年間もの長期間、南朝方との戦闘のため鎌倉を離れて入間川沿いに在陣したことから「入間川殿」と呼ばれ、その居館は入間川御陣と称された。父の死後、南朝方の新田義興を滅ぼすと共に、正平16年/康安元年(1361年)には執事として基氏を補佐していた畠山国清と対立した家臣団から国清の罷免を求められた結果、抵抗した国清を討つに至る。後任には一時高師有を用いるが、正平18年/貞治2年(1363年)6月、越後にいた上杉憲顕を関東管領として鎌倉に呼び寄せる。この頃、基氏は兄の義詮と図り、父を助けて越後・上野守護を拝命していた宇都宮氏綱に隠れて、密かに越後守護職を憲顕に与えていたと見られる。この動きに激怒し、憲顕を上野で迎撃しようとした氏綱の家臣で上野守護代の芳賀禅可を基氏は武蔵苦林野で撃退した上、宇都宮征伐に向かう。途中の小山で小山義政の仲介の元、氏綱の釈明を受け入れて鎌倉に戻り、公式に氏綱から上野・越後の守護職を剥奪して憲顕に与え、関東における足利家の勢力を固める。また、夢窓疎石の弟子である義堂周信を鎌倉へ招き、五山文学や禅の普及を奨励するなど、鎌倉ひいては関東の文化の興隆にも努めた。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。
コメント (1)

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)116“足利義詮”足利義詮(1330~1367)室町幕府二代将軍。延文三年(1358)九年間在職

2016-11-29 04:16:55 | 鎌倉室町の群像
『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)116“足利義詮”
足利義詮(1330~1367)室町幕府二代将軍。延文三年(1358)九年間在職。初代鎌倉公方。足利尊氏の三男。母は赤崎登子。新田義貞の鎌倉攻めに合流、建武政権崩壊後、関東を統治した。貞和五年(一三四九)の足利直義と高師直の対立の際に末弟基氏と交替して上洛、幕府の政務を見る。観応の擾乱後、尊氏の鎌倉下向中に西国の政務を代行、正平一統で北朝の光厳上皇ら南朝に拉致されたが、後光厳天皇を擁立して北朝の断絶を回避。尊氏の死後征夷大将軍となって、将軍の政務独裁の基本を作りあげたが、執事の権限範囲が確定せず、執事の細川清氏また斯波義将と佐々木高氏らと抗争が繰り返した。★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
コメント