アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

「FPフェア2012仙台大会」~被災地見学応援ツアー。

2012年09月29日 | 旅行・祭典

本日(9月29日・土)は長男(中3)の15歳の誕生日です(祝)。昨夜(28日・金) は次女(大1)も休日で私用のために帰って来ました。

9月21日(金)、「東京駅」から東北新幹線「はやて」で仙台へ向かった弟の蛇メタと私 (KOBA)は、22時頃に「仙台駅」に到着しました。宿泊先の「ホテルモンテエルマーナ仙台」に荷物を置いてから、約16年振りの仙台市街をブラブラすることにしました。 駅周辺とアーケード街等を散歩しましたが、当時の知っている店はほぼ皆無です。 年月という残酷さですね。

宿泊ホテルに帰還後は温泉に入り就寝することにしました。 今回のチケットとホテルの手配は毎回利用している知人の旅行代理店社長にお任せです。ちなみに、 先月大阪でお世話になった関西在住の♀赤木晶子氏と、 直接仙台入りした家内は市内アーケード街でディナー及び温泉入浴してました。

22日(土)、ホテルでの朝食(バイキング料理)後、同ホテルに宿泊している赤木氏と私達夫婦、弟は朝9時半頃に徒歩で 「仙台駅」近くのレンタカー店へ。手続後「FPフェア2012仙台大会」の会場である「仙台国際センター」 へ蛇メタの運転で向かいました。蛇メタのみ久し振り(蛇メタは約24年振り)の「仙台プチ観光」へ一足先に行きました。

赤木氏と私達夫婦は会場入口前で記念撮影をしてから会場に入りました。2階ホールで知人等と挨拶をしてから「基調講演( 「震災から日本再生へ~復興への課題と展望~」、講師・東京大学大学院経済学研究科教授♂伊藤元重氏)」の会場へ。 今年は少な目で約千人の参加とのことです。来年(2013年)は10月に東京で開催です。講演終了後、赤木氏と家内は「仙台駅」 へ無料送迎バスで急いでスイーツ関係イベントに行き、私は同郷(十勝)の♂F氏(仮称)と一緒に昼食(弁当)でした。

昼食会場では「NHK仙台少年少女合唱隊」によるミニコンサートが行われました。昼食・ コンサート後には2階ホールで同郷の♀M氏(仮称)と合流です。同ホールでは昨年(2012年) 十勝帯広市でお世話になった関東在住の♀深田晶恵氏や、先月大阪でお世話になった関西在住の♂平井寛氏等とも会えました(嬉)。

「仙台駅」から戻った家内と昼食を終えた私は、弟の運転するレンタカーに同乗して「仙台プチ観光」に出発です。 大学時代の「思い出の地」を中心に巡りました。懐かしいです。17時頃にレンタカーを返却し、「仙台駅」 にて自宅で留守番している家族へ御土産を購入送付しました。その後、宮城県某役場に期限付出向している我町の役場職員♂S氏 (仮称)と合流し、アーケード街の某コーヒー店で談笑していました。

私用のあるS氏と別れ、19時からは本日メインイベントの「仙台牛タンの宴」です。私の大学時代の悪友♂ピッコロ氏 (仮称)が全てセッティングしてくれました。感謝です。殆どのFP会員は「~会員交流会」に参加していました。 駅前の某ホテル前で有志は各自集合です。ここで約16年振りの悪友(バンドのドラマーでした)との懐かしの再会です。 ピッコロ氏、M氏、赤木氏、私達夫婦、弟の6人が最終的に参加です。途中で関西在住の♂いちのせかつみ氏が顔を出しました。 先月、彼に大阪でお世話になったばかりです。料理もとても美味しく、楽しい一時でした。 ピッコロ氏のコネによる裏メニューも含め食べ尽くしました。記念撮影をしてから宿泊ホテルへ帰還し、温泉に入り就寝しました。 満足の一日でしたわぁ。

23日(日)、朝8時半に蛇メタ、私達夫婦共にチェックアウトし、同ホテル宿泊のいちのせ氏と赤木氏と共に、 マイカーで迎えに来たピッコロ氏の運転案内で「被災地見学応援ツアー」に有志6人で向かいました。「FPフェア2012」 でも翌日(24日・月)に「被災地見学応援ツアー(85名参加予定)」がありましたが、 今回は被災者であるピッコロ氏の配慮に甘えさせて頂きました。彼の解説付きガイドでツアーがスタートしました。

宿泊ホテル出発→石ノ森萬画館(修繕中)→石巻元気復興仮設商店街(「ソフトクリーム」を食す。記念撮影) →日和山公園→門脇小学校→渡波地区→万石浦→マリンパル女川→女川高校グランド内きぼうのかね商店街(昼食)→女川町立病院 (「ソフトクリーム」を食す)→女川総合運動公園・3階建て仮設住宅→石巻図書館雄勝分館(屋上にバスがあった所) →大川小学校(児童の約7割が亡くなった)→道の駅・上品の郷(じょうぼんのさと、特産「しじみアイス」を食す) →三陸自動車道・河北IC~名取IC→日和山→仙台空港という順に巡りました。

マリンパル女川跡地を見学中に突然ゲリラ豪雨になりましたが、間一髪で車内に逃げ込みセーフでした。 その後は持参した傘を差しながらの見学です。昼食は安価でボリュームもあって、お腹一杯になりました。 逆に励まされているような気分です。元気になります。

テレビ放映や写真集等で見た被災地(復興中)が生で体験できるというのは貴重なスキルになると思います。直接現地で見なければ語れない感覚が多々あります。お彼岸でもあったためか、様々な所で遺族等が死者(不明者)に語りかけ供養していました(涙)。何処を見学しても泣けてしまう状況ですが、前向きに笑っているようにしていました。他の参加者も同じ気持ちだったと思います。

海岸に近い低地や河口付近は地震被害に加え、津波の恐ろしさを決して忘れてはならないと思います。国や行政、企業や団体、地域や家族・友人等を含め、普段から防災訓練・ 防災グッズ等の点検を怠らないような防災意識が欠かせないと思います。

「仙台空港」には18時頃に到着。空港内の御土産売場で関西の平井氏達と偶然再会しました。縁があるんですねぇ。 また会うことを約束して19時の飛行機で平井氏達は、いちのせ氏と赤木氏と共に大阪へ帰還しました。私達夫婦と弟、送迎してくれたピッコロ氏は空港内で夕食(私のみビール付)を取ることに。ピッコロ氏とは11月末の再会(今度は長男出場の「日本バドミントンジュニアグランプリ2012仙台大会」の時)を約束して別れ、20時20分の飛行機で「新千歳空港」へ帰還しました。 ピッコロ氏には感謝感謝です。昔からからホント良い悪友なんだわぁ。

天候状況が悪く、「仙台空港」では欠航予定の放送が何度もありましたが、何とか無事に「新千歳空港」到着しました。 無料送迎バスに乗り、駐車場で車に荷物等を積み(22時頃)、道東道高速を利用し深夜0時頃に無事帰宅しました。 大満喫の3日間の旅でしたわぁ。

続きは次回に。


第15回・廃盤CD・DVDソフトツアー~東京プチ観光。

2012年09月27日 | へヴィメタル・音楽・ギター

9月21日(金)は恒例の「廃盤CD・DVDソフトツアー(15回目)」に行きました。今回は弟の蛇メタと私(KOBA)だけのツアーでした。今年(2012年)は函館方面の攻略を4月末に決行していますが、初の道外ツアーということで企画しました。

今回は22日(土・祝日)~23日(日)に宮城県仙台市の「仙台国際センター」で開催される「FPフェア2012」の便乗企画です。早朝4時に家内・私・蛇メタは相乗りで出発し「新千歳空港」へ向かいました。何時もの駐車場に車を預け、無料送迎バスに乗り、家内は7時45分発の飛行機で仙台へ、私達“アホ兄弟”は8時発の飛行機で東京へ向かいました。十勝管内のFPの仲間達も各自出発し様々な箇所を経由し、最終的に仙台入りでした。

「東京羽田空港」に到着後、モノレールとJRを乗り継ぎ、先ずは「ディスクユニオン~お茶の水ハードロック&へヴィメタル館」で中古廃盤CD等の探索です。これまでの廃盤ツアーやインターネット通販等で探しても無かった廃盤の品々が...ビックリするほど豊富な在庫量です。予算が限られているので洋楽邦盤帯付品(千円未満)に絞り探索開始です。楽しい~です。

時間も限られているため2店目の「~新宿へヴィメタル館」へ早めに向かい、上記同様に探索しました。ここも楽しいですぅ。店外へ出ると急なゲリラ豪雨です。さっきまでそんな気配は感じられませんでした。傘が余り役に立ちません。昼食を兼ねて近くのガールズ系百貨店に逃げ込みました。サラダバーやドリンクバーがあり、若い女性で込み合っている店内におっさん2人ですから(汗)。食べ終わった頃にはラッキーなことに雨が止んでいました。

急いで3店目の「~渋谷パンク・へヴィメタル館」へ向かいました。時間が無くなって来たので「渋谷レコファン」で終了することに。「秋葉原」でタイムアップ。最終的に私は20枚、蛇メタは15枚の廃盤CD等をゲットしました。

「東京駅」から20時頃発の東北新幹線「はやて」で仙台に向かいました。駅弁やビール等を車内で食し、うたた寝していると直ぐに「仙台駅」に到着。約16年振りの仙台訪問です。駅周辺とアーケード街を少しブラブラしてから23時過ぎに宿泊先の「ホテルモンテエルマーナ仙台」に。既に家内と♀赤木晶子氏は温泉に。脚が滅茶疲れたけど充実した日でした。

続きは次回に。


成年後見人養成研修(前期)。

2012年09月19日 | 講習・研修・勉強会

9月13日(木)から17日(月・祝日)まで私(KOBA)は連続出張でした。

①13日(木)9時30分から17時まで「住宅金融支援機構」主催の「適合証明技術者業務講習会」が「釧路市生涯学習センター(まなぼっと幣舞)」で開催され、我社からは私が受講して来ました。この講習会は2年に1回更新登録の個人資格と会社営業登録を兼ねたもので、受講資格は「建築士」資格の保有が条件です。今回から約3時間講習時間が長くなっています。滅茶眠くて疲れた講習会(全てDVD映像講義)でした。出張には弟の蛇メタと母親も便乗しました。朝6時に車で出発し、蛇メタは廃盤CD等を探すため、母親は同級生に会うためです。帰宅は20時半過ぎでした。

②14日(金)、午前中、私は事務所で仕事をし午後からJRで札幌出張です。先に宿泊ホテルに手荷物等を預け「札幌市大通公園」で開催(14日~30日)の「さっぽろオータムフェスト2012」へ行きました。凄い客数のため直ぐに探索断念でした(汗)。その後急いで「社会福祉士木曜会・交流会(19時30分~23時)」の会場である「だんまや水産札幌駅前別館」へ向かいました。6月に続き2回目の交流会であり、6人(♂4♀2)が参加です。嬉しい飛入りサプライズもありました。楽しい時間はアッという間です。翌朝からの研修に備え、深夜0時頃には宿泊ホテルに帰還しました。

③15日(土)~17日(月・祝日)、「札幌市社会福祉総合センター」にて3日間の「成年後見人養成研修(前期)」が始まりました。主催は「社会福祉士会」です。9時から17時頃まで座学や演習で拘束です(笑)。道内各方面からは約40人が参加で、十勝管内からは私を含め5人が推薦されているようです。事前に課題提出が必要です。研修カリキュラムは法律・福祉・財産等に関する科目で、講師陣は「司法書士」「社会福祉士」「大学教授」等です。

急速な高齢社会の中で殆どの業界はこの後見人制度を避けて通ることはできない思います。各専門職団体や市民後見団体等、早急に整備を進めています。先発の3専門職団体(「弁護士会」「司法書士会」「社会福祉士会」)の受任件数が多いのですが、後発の専門職団体「行政書士会」の受任も微増になって来ているようです。次回の後期研修は来年(2013年)1月に同所にて2日間開催です。帰宅は深夜0時頃でした。激疲れ~です。

続きは次回に。


ディンプルアート講演会。

2012年09月12日 | 日記・雑感

9月9日(日)午後から、雨降りの中、家内と私(KOBA)は帯広市内の「NHKギャラリー」で開催されている「ディンプルアート作品展示会」へ行って来ました。「ディンプルアート北海道本部」が主催しています。主催している先生達が私達夫婦の仲間なので足を運びやすいです。家内も1度だけ友人と「ディンプルアート体験教室」に行っていました。教材(絵の具)も持っていまが、ずっと「ステンドグラス教室」等に通っているため、中々こちらの時間が取れないみたいです。展示作品はビギナーからプロ級までいろいろと展示されていました。素晴らしい作品も多々ありました。私達の仕事で活用できそうなアイデアも工夫次第では多々あります。

昨夜(11日・火)18時30分から20時頃までは、帯広市内の「とかちプラザ」で上記の「ディンプルアート基調講演会」が開催されました。「ディンプルアート・カラーの開発ストーリー」というタイトルで、講師は宇都宮大学大学院工学研究科♂木村隆夫教授です。「ディンプルアート・カラー」とはリサイクルの研究から生まれた新タイプの透明絵の具で、ステンドグラス風に描ける凸凹絵の具といった感じです。環境に優しく、難しい技術も必要ありませんので児童・高齢者・障がい者・リハビリ等にも、能力・程度に応じて始められるところがポイントです。実際に体験してみるのが良いでしょう。会場には某団体の仲間達も来場していました。皆さん偉いなぁ。感心します。

上記終了後の20時頃、家内と車で移動して某カフェレストランへ「ディナー(コース料理)」に向かいました。前日に予約してあり、今月末期限の商品券もありましたので利用させて頂きました。家内は何度か友人と「食事会」で利用していますが私は初めてでした。美味しくてお腹も一杯になりましたよ。また利用する予定です。帰宅は22時頃でした。

一昨日(10日・月)19時から21時までは「帯広市グリーンプラザ」にて「平成24年度・第3回成年後見人フォローアップ研修会」が行われました。主催は「北海道社会福祉士会十勝地区支部」です。事例発表・検討や情報交換が行われました。私も休まずに毎月出席しています。ちなみに、この日でランニング継続2周年の達成日となりました(祝)。もっと経った気がしますが。

続きは次回に。


住宅・福祉用具に関する講師。

2012年09月08日 | イベント・ボランティア

9月6日(木)~7日(金)、私(KOBA)は帯広市内某ビルにて「生活協同組合北海道高齢協帯広教室」主催の「求職者支援訓練・第7期介護福祉サービス科(2級ホームヘルパー養成講座)」の講師を務めて来ました。この講座としては連続7回目の講師でした。

新事務局長H氏(仮称)からの挨拶後、自ら簡単な自己紹介をし講義に入りました。私の担当課目は「介護サービスの基礎知識」の「住宅・福祉用具に関する知識)=「一級建築士」+「社会福祉士」」です。生徒は全11人で(女性8人・男性3人)です。1~4期生の頃は20人程生徒が居ましたが、法律・制度の変更や「ハローワーク」の受講条件厳格化(不正防止)等により約半数となっています。他校の講座も受講生減少により閉講となっている講座も多々あるようです。

講義の範囲が毎回同じなので今回もテキストに沿って経験事例解説を中心に進行です。技術系分野は福祉・介護系分野の方には法律・経済系分野と同様に苦手な領域のようです。初日は「住宅の知識(福祉住環境)」で、講義内容は「生活行動と生活空間」「在宅介護における住宅の役割と機能」「快適な室内環境」「住宅改善のポイントと事例」です。短時間ですが最後には「グループディスカッション方式」で2セクションの代表生徒に発表して頂きました。積極的な意見もあり「真剣に講義を聴いているなぁ~」と思いました。

2日目は「福祉用具の知識」で、講義内容は「福祉用具の役割と利用に関する知識」「主な福祉用具の種類、機能と使い方」「身体障害者福祉法などで給付・貸与される日常生活用具」「介護保険制度上の福祉用具貸与・購入費、住宅改修費の概要」です。第1~6期生とは良い意味で「またカラーが違うなぁ~」という感じを受けました。休憩時間にも積極的に色々と聞いて来るとても熱心な生徒達でしたよ。

毎回講義終了後に生徒達が提出した出席レポートを事務局から全員分手渡されます。1人ずつ講評し事務局へ返却です。講義に対して生徒の皆さん、とても良い反応(講師の評価含む)だったので嬉しかったですよ。今後の参考になります。2日間とも17時過ぎに会社事務所に帰還となりました。高評価をつまみに美味しいビールが飲めましたよ(笑)。

続きは次回に。


スタディ・グループ紹介。

2012年09月07日 | イベント・ボランティア

9月3日(月)に「日本FP協会」発行の会員情報誌「FPジャーナル9月号」が郵送されて来ました。

4年前の9月に私が代表を務める「FP道東スタディグループ」が「FPフェア2008・SG(スタディ・グループ)表彰」にて、当時全国に210あったSGの頂点に選出されました。当時は1年に3つのスタディ・グループが表彰されており、その年の10月には「東京国際フォーラム」にて開催された「FPフェア2008」の中日のトップで「SG表彰式」が行われました。表彰の主旨は「地域に密着したSG活動はFP (ファイナンシャル・プランナー) のスキルアップの場だけでなく、現況の支部活動において不可欠であることから、SG活動を支援するべく、規範となるSGを表彰しています。」という記になっており、当時はFP業界の「ノーベル賞」の受賞みたいなものでした。さらに特典として月刊誌「FPジャーナル」に「SG紹介」というページの一面で全国に紹介されるという栄誉付きです。

時とともに「~表彰」は姿を変え「SG紹介」のみとなりました。しかし、数ある全国のSGを隔月で3つ紹介されるというのは、頑張って活動しているSGの励みにもなり、現在は1年に18に増えているということは大変喜ばしいと思います。今月は私達の北海道十勝、神奈川、高知の3つが全国SGの模範として紹介されています。とても光栄なことだと思います。会員・役員・事務局の皆さんの築き上げた努力の賜物ですよ。

私は代表を務めてもう5期目(1期2年)です。この間に今回を含め2度も「SG紹介」されました。SG事務局は既に3回変更となっています。それでも代表は代われないという何とも痛し痒しな状況です。しかし、今回の「SG紹介」を節目に来期は現SG役員の中から代表を選出して頂きたいと思います。

4日(火)18時30分からは帯広市内の「とかちプラザ」で「FPフォーラム実行委員会」が開催されました。今回で4回目の会議です。実行委員として家内と私(KOBA)も参加しました。私は前回の十勝開催時に続き今回も副実行委員長です。今年(2012年)は「FPフォーラムin道東」の十勝開催会場が初めて別の場所(ホテル)で行うことになりました。日程は11月23日(金・勤労感謝の日)です。基調講演と無料体験相談会がメインとなります。

続きは次回に。


クワガタ・カブトムシ生息調査。

2012年09月02日 | クワガタ・カブトムシ・TBF

8月29日(水)、午前10時に弟の蛇メタと私(KOBA)は車で苫小牧に向けて出発しました。稚内在住の「TBF(十勝ビートルファクトリー)メンバー」DEM氏の実家に集合という段取りです。到着後DEM氏の両親も車で移動し一緒に昼食となりました。ここで今回の案内役のクワトロ氏と合流しました。今計画は1ヶ月以上前です。

14時半頃に車2台で千歳方面へ移動です。今回の目的は約10年振りの「ヒメオオクワガタ」の採集と生息調査です。13年~10年前は道南方面でのみ採集していました。道央では初調査です。林道入口前でクワトロ氏の車に相乗りし1台で探索することにしました。雨が酷くなり林道はさらに悪路になっていましたが、進むうちに雨の中でもポツポツと「ヒメオオクワガタ」「スジクワガタ」「ミヤマクワガタ」「アカアシクワガタ」「コクワガタ」等が確認できました。晴れていれば楽園でしょうね。「ヒメオオクワガタ(最大♂49mm)」は仲間に頼まれている分と標本分を採集(♂4♀1)し、他のクワガタは標本分のみ採集で他はリリースです。クワトロ氏&DEM氏のおかげで実現できました。感謝感謝です。苫小牧市内の「びっくりドンキー」で夕食をDEM氏・蛇メタと取り、22時頃に帰宅しました。

30日(木)、19時半に前日のお土産である「ヒメオオクワガタ」を渡すために「TBFメンバー」のサクラマス氏、友人のS氏(仮称)、先輩のO氏(仮称)が我が家の自室に集合です。今回の土産話等を披露しながら2時間程の集会です。特にサクラマス氏にはこの高難度クワガタを頑張ってブリードして欲しいと思います。

9月1日(土)、12時半に先輩のO氏の車で一緒に「十勝産カブトムシ」の生息調査です。ここ数年、カブトムシの異常繁殖による勢力拡大でクワガタの生息数が減ってきているとの情報が仲間や知人等から寄せられていました。8月からO氏が十勝管内の様々な箇所を調査し逐次報告してくれていました。今回は芽室町内の怪しい地点を10ヶ所程に絞って生息調査したところ、ほぼカブトムシの生体・死体が確認できました。某所では大量に発見です(汗)。樹液に付いている所を見てしまうと本当に深刻だと感じます。果樹園等では害虫の扱いです。角のある格好良いコガネムシですから。9月に入ってもカブトムシには勢力拡大(天敵が少ない)の絶好シーズンのようです(大汗)。 

続きは次回に。


特定商取引法研修会。

2012年09月01日 | 講習・研修・勉強会

8月25日(土)朝8時発で、私(KOBA)は釧路へ車で向かいました。この日は「釧路市生涯学習センター(まなぼっと幣舞)」にて「FP協会道東支部」主催の「FP継続教育研修会」等が行われるからです。

会場到着後、早速「幹事会(11時~12時)」の開催となりました。私は「道東副支部長」なので出席しました。議題では11月23日(金・祝日)に帯広で開催される「FPフォーラム」と、10月と来年(2013年)2月開催の「継続教育研修会」及び「会員交流会」等が話し合われました。

上記終了後は「昼食会(12時~13時)」が同所上階にて行われました。今回の「~研修会」担当の講師である♀水谷千佳氏(札幌在住の「消費生活アドバイザー」)は「昼食会」から同席となりました。美人であり、とても主婦で子持ちには見えません。お嬢様の写真がアイドル系美人で萌えますよ(笑)。

13時30分~16時30分まで同所にて「FP継続教育研修会」が開催されました。テーマは「消費者を守る法律~特定商取引法を中心に~」です。内容は「クーリング・オフ」「特定商取引法」「契約トラブル」等の倫理科目で、私には分かり易かったと思います。

上記終了後は宿泊先ホテルの「ホテルパコ釧路」にチェックインし(釧路では1年間で3回目の利用)、講師の宿泊先ホテルロビーで皆さんと待ち合せてから市街の居酒屋「いながき」にて「懇親会(18時~20時)」となりました。散会後は♂♀の一部は帰宅し、講師を含む♂4♀3は徒歩移動し二次会場のビストロバー「ベルジュ・エーワン(20時30分~22時30分)」へ行きました。楽しい時間はあっという間でした。宿泊ホテルへの帰還中、私のみコンビニへ立ち寄り、ここで皆さんとお別れしました。

ホテル帰還後(23時頃)は最上階の温泉露天風呂に行きました。入浴中、地震(十勝と釧路は震度4~5)があり、裸なのでどうしようかと“あたふた”してしまいましたよ(苦笑)。家内や離れて暮らしている長女(大4)と次女(大1)から心配メールが届きました。

翌朝(26日・日)は7時に起床し、宿泊ホテルでバイキング形式の朝食を取り、9時発で帰宅することになりました。自宅到着は12時頃でした。

続きは次回に。