アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

応急危険度判定士更新認定講習会。

2010年10月30日 | 資格・検定

昨日(10月29日・金)は10時から12時まで、帯広市の「十勝総合振興局3階講堂(十勝支庁舎)」で「北海道震災建築物応急危険度判定士認定講習会」が開催されました。我社からは私(KOBA)と家内が3回目の更新講習で、弟の蛇メタが2回目の更新講習でした。
この資格は平成7年の「阪神大震災」の後、平成8年から全国的に出来た都道府県ごとの「ボランティア公的資格」です。受講資格は「建築士」免許証所持者であればOKですが、5年に1度の更新講習が義務付けられています。主催者曰く、今回の講習会(帯広会場)には約90名が参加したようです。地元役場の建築係担当職員3名(全員「一級建築士」)も参加していました。

この「~判定士」は大規模な地震が起きた時、その被災地の建築物が安全か危険か等の判定をし、3種類の「色付ステッカー」を2人1組のチームで貼って行くのが職務です。ボランティア期間は移動日を含めて大体5日間位のようです。この間に被災地で膨大な量の判定をする事になります。
行政庁からの要請依頼で民間の「~判定士」は実費で被災地に行く事になります。民間社員の場合は会社の業務命令でもなければまず参加は不可能だと思います。実費の上欠勤では会社はたまったものではありません(自主的に有給休暇を使用か?)。基本的には開業者(社長)や会社役員等の「~判定士」しか参加出来ないような気がします。これに対して公務員の「~判定士」は行政庁の業務命令で被災地に行く事になりますが、勤務なので実費ではありません。この差は一体何でしょうか?これで「ボランティア」とはとても恥ずかしくて民間人には大声で言えないと思います。よく被災後、TVのニュースで「~判定士」の活動状況を見ますがまだまだ制度的に不備が多いようです。

終了後は、同市内の老舗店で昼食を取って帰宅することになりました。途中、中学校から携帯電話に連絡があり、長男(中1)が熱を出して保健室で休んでいるので迎えに来て欲しいとの連絡があり、連れて帰宅しました。次女(高2)は部活動後、「高校バドミントンOB会」の招待で「焼肉パーティ」でした。老若男女入り乱れてのパーティで楽しかったようです。

続きは次回に。


第11回・廃墟ツアー。

2010年10月26日 | 古民家・廃墟・ゴースト

一昨日(10月24日・日)、朝8時に弟の蛇メタ(皆勤賞)と私(KOBA)の2人相乗りで「第11回・廃墟ツアー」 へ出発しました。他の参加予定者の日程に合わせて再調整して来ましたが、諸事情により急遽不参加となってしました。

今回のツアーは今春の予定だったのですが、メンバーの皆さんや私達”アホ兄弟”との日程が長らく合わず、 とうとう10月末となってしまいました(汗)。近々、峠や山間部は積雪になりそうな話もあり、再延期はせず見切り発車となりました。 今後はこのような不意の事故でも見切り発車することにしました。参加予定者の日程に合わせても結局その方がキャンセルになった場合、 修復するための被害(各費用や再日程調整等)が多々で互いに気を使いたくありません。一緒に行けそうな場合は自由に申請して、自己責任で参加して頂く方式が最良だと思います。

今回は昨年(2009年)10月の続編です。新得町を過ぎた辺りで蛇メタが撮影用のデジカメを忘れたことを思い出し、一度我家へ戻ることにしました。9時40分頃に我家を再出発というハプニング付でした(大汗)。このロス時間が逆にラッキーでもありました。

十勝から「狩勝峠」経由「芦別道の駅」で休憩後、赤平市の「徳○城」「赤○観△センター」「旧山田御殿」、上砂川町の「フ○ワーボ△ル」「かみすながわ炭鉱館」「旧上砂川駅(悲別駅)」「歌志内道の駅」「三井砂川炭鉱」等へ行きました。炭鉱遺跡群は前回のツアーで見ているのでほぼカットしました。天気が良かったため外観撮影、嬉しいことに一部内観撮影もできました。今時期は日没が早く、昨年のツアーでは暗くて発見できなく、断念した場所です。

内外部の崩壊が激しい廃墟もあり、全倒壊が近いと感じられる廃墟もありました。長年の風雨や侵入した植物・生物等によって腐朽がどんどん進んでいるのが分ります (サバゲー舞台や人的破壊等の行為も多々ですが)。早く探訪しなければ無くなっている可能性は大きいです。自然に還って行く過程が耽美かつ退廃的で、何とも言えない夢のような異空間です。今回の廃墟探訪はとても満足できる内容となりました。観光も兼ねて来ました。来年(2011年)も開催予定です。

いろいろと寄道をしながら「道東道トマムIC」から高速に乗り、20時半頃に自宅に到着しました。ラッキーだったのは警察の交通取締りの件ですよ。

続きは次回に。


自立して堂々と生きていこう勉強会。

2010年10月25日 | 講習・研修・勉強会

一昨日(10月23日・土)と昨日(24日・日)は、帯広市内の「とかちプラザ」で「自立して堂々と生きていこう勉強会」が開催されました。主催は「長期投資を考える会」実行委員会です。今回で5回目の開催だったと思います。

初日(23日・土)、私はスタッフ兼受講生として参加しました。17時過ぎに地元の「資格仲間」のF氏(仮称・CFP)が私(KOBA)を車で迎えに来ました。会場まで乗せてくれるということで甘えさせて頂きました。18時前には会場に到着し、早速会場の設営準備・講師陣の接待等となりました。

講師は昨年(2009年)同期に来勝した東京の投信会社の役員等2名で、約1時間30分の講義(質疑応答含む)を行いました。約20名の参加との報告でした。今回は無料の勉強会で、本筋は翌日(24日・日)なので、日程等の都合で参加できない方が初日に特別参加です。翌日は14~16時に同所にて開催です(定員65名)。私用の日程調整が出来ず、参加を断念しました。残念です。

今回は「長期投資...自立して堂々と生きていく何かのヒントになれば」という趣旨でした。講師の1人である西生智久氏(クローバー・アセットマネジメント(株)社長)からは環境等に関してのタイムリーな時事問題等が聞けて私的にはとても勉強になりました。個人的に興味のある分野であります。

20時30分からは、場所を移動して「懇親会」 が市内某所の「蕎麦屋」で開催されました。ここからは帯広空港に到着直後の「さわかみ投信(株)社長」の澤上篤人氏も合流することになりました。上記勉強会参加の講師陣及びスタッフと受講生達が参加しました。蕎麦料理(新蕎麦)はとても美味しく、講師や受講生達の貴重な話等が聞けて楽しい一時でした。今回は車に乗せてもらったおかげで飲酒OKでした。自宅到着は22時30分過ぎでした。

次回開催は未定ですが、また開催されると思います。別件で新年(2011年)早々に来勝予定だそうです。こちらも上記社長から参加要請されました。

続きは次回に。


建築協会勉強会&SG勉強会。

2010年10月21日 | 講習・研修・勉強会

一昨日(10月19日・火)19時から22時まで、私(KOBA)は地元某所開催の「めむろ町建築協会」の「10月例会(勉強会)」に出席しました。開催は偶数月(年6回開催)で、今回で3回連続の講師を務めることになりました。勉強会終了後は会員による「懇親会」が毎回あります。

「建築に関る~あれこれシリーズ」で第1回目のテーマは「法律(相隣関係)」、第2回目のテーマは「福祉(住環境関係)」、第3回目の今回は「不動産(売買関係)」のテーマで講師を務めました。テーマは毎回、会員(現在26社)の身になるよう必ず建築を絡めた(関連している)内容でなければなりません。参加された皆さんは熱心に聞いています。参加した方に得した感がある内容を心掛けています。12月の例会は「忘年会」のみで、来年(2011年)2月以降は「環境(省エネ関係)」、「贈与・相続」等のテーマで勉強会を予定しています。この協会の目玉事業の1つとして、ネタが尽きるまで私は講師を続けることになっています。

昨夜(20日・水)は、19時から21時まで帯広市内の「とかちプラザ」で「FP道東スタディグループ」の「10月例会(勉強会)」に出席しました。開催は原則として偶数月の第3水曜日(年6回開催)です。出席は2005年に代表に就任して以来皆勤賞です。代表の場合、病気で入院でもしなければ欠席は原則無理です。会員数は約50名で毎回30名前後が出席します。今回の男性講師(「リスクと保険」の分野)はとても有難い講義をしてくれました。

事務局は今年(2010年)4月から別事務所に移転変更させてもらいました(2年前からお願いしていました)。私の場合、他にも個人資格団体・会社加盟団体とそれらの公職や事務局等が多くて身が持ちません。その中では公職と事務局が一番やりたくありません。これに関しては年功序列や持回り制なら、崩壊のリスク(駄目なヤツに順番が周ると)はあるけど平等なので気持ち的には楽です。専門能力や業務経験、人間性(性格等)で選任(無記名投票)される場合は厄介です。過去の経験上、やりたがる方(目立ちたがり?売名行為?権力?)は大体これと反比例しています(苦笑)。この会に限らず将来を担う人材を育てようとしているのですが...愚痴になりそうなので止めます。今週末も研修会や懇親会等の参加があります。

続きは次回に。


FPフォーラムin北見2010。

2010年10月19日 | 旅行・祭典

一昨日(10月17日・日)、私(KOBA)は8時半頃に車で北見市へ向かいました。13~14時30分まで北見市の「オホーツク木のプラザ」で「NPO法人日本ファイナンシャル・ プランナーズ協会道北支部」 主催の「FPフォーラムin北見2010」 が開催されました。北見市に到着後は何度か行っている蕎麦屋で早めに昼食を済ませ、会場へ向かいました。

会場の隣では大きなイベントが開催されていて、広い駐車場が満車状態でした。何とか駐車場を確保し、徒歩で会場へ向かいました。早く到着したためか、まだ担当役員の皆様が会場作りの準備中でした。事務局や道北支部長及び副支部長等へ挨拶してから会場内へ入りました。今回は講師(「弁護士」、他)が私の仲間であり、講演会のテーマがタイムリーな内容なので急遽、日程の都合を付けて参加しました。

講演会は「知って得する!相続の豆知識~正しい知識でムダをなくす、トラブルを防ぐ~」 というテーマです。内容は様々な事例が中心で少々プロ向きでしたが、一般客の関心も高く、講師は質問攻めに遭っていました(笑)。

道東支部以外の道内3支部は11月6日(日)に「FPフォーラム」にあります。昨日(18日・月)の「北海道新聞朝刊」で大きく告知がなされ、十勝(帯広市「とかちプラザ」)では11月23日(火・勤労感謝の日)に開催です。講習中に家内からメールがあり、終了後は私用がありましたが急遽帰宅する事にしました。

16日(土)と17日(日)は長男(中1)が出場するの「バドミントン十勝大会」が幕別町札内の会場(男子のみ)で行われ、家内が観戦に行っていました。長男は16日に団体戦で優勝(別会場の女子も優勝)し、17日には個人戦ダブルスで優勝して来ました(祝)。新聞記事等にも何日かにまたがって掲載されています。このため私は北見市から早く帰って来ましたが、到着後には既に父兄達は焼肉屋で祝賀パーティーを終了していました。ゆっくり帰宅しても良かったですけど、まだ治療中の「尿路結石」が残っているので、夜間の寒い中、ランニングに行きました。結構長く続いています。

続きは次回に。


清掃作業従事者研修Ⅳ。

2010年10月16日 | 講習・研修・勉強会

一昨日(10月14日・木)と昨日(15日・金)の13時30分から17時まで、「清掃作業従事者研修」が帯広市内の「とかちプラザ」で開催されました。我社からは全部門兼任の私(KOBA) と清掃部門兼任でもある弟の蛇メタが受講しました。

この研修は、十勝管内では1年間に6回程開催されています。1年に1回は全従事者(パート・アルバイト等も含む)が研修 (2日間で合計7時間)を受けなければならない「義務研修」です。「建築物清掃業」の営業登録 (新規・ 更新)のうち、「人的要件」の1つでもある重要な研修です。内容はテキストとDVD映像を交えながら進行する講習形態です。初心者でも安心して受講できます。マンネリ防止策なのか、この地区だけだと思いますが、今年(2010年)は趣向を変え、実務的報告及び確認テスト(○×式20問)がありました。点数は修了要件に関係ありません。

今回の受講者のうち男性は7名で、他は全て女性という内訳です(全部で50名前後)。この業界は女性が圧倒的に多い特徴があります。「建築物清掃業」 と呼ぶより、美装、建装、ビルサービス、ハウスクリーニング等と言った様々な呼び名が多いのも特徴だと思います。大都市では若い女性の参入も多くなって来ているようです。

この制度の良いところは、 新規従業者や実務家の知識更新等には良いと思います。最終的には利用者の利益やサービスになります。 駄目なところは、業界の有資格者であっても1年1回の強制研修があるところです。これは異論があるかもしれませんが、有資格者だけでも一部免除とか、期間は他業界(2~6年更新)と足並みを揃えるとか、模索すべきだと思います。これでは明らかに登録業者や会員を食い物にした天下り団体の集金業務と受取られても仕方ありません。 仕組みの悪さはこの業界に限ったことではありません。来年(2011年)同期頃に研修受講の予定です。

今月(10月)は講習・研修・勉強会等(出張含む)が全部で10日あり、やっと半分が終了しました。他に会議(集会)・例会・行事・懇親会等も7日あります(笑)。費用も時間も大変です。11月も同様になると思います。本日(16日・土)は休日ですが、朝から仕事でした。明朝(17日・日)は出張ですわぁ。

続きは次回に。


福祉フェスティバル2010。

2010年10月11日 | 旅行・祭典

一昨日(9日・土)と昨日(10日・日)は、帯広市内の「とかちプラザ」で毎年恒例のビッグイベント「福祉フェスティバル2010」が開催されました。弟の蛇メタと父親(会長)、私(KOBA)は9日(15時~)に参加して来ました。少し遅れて、家内と部活動帰りの次女(高2)も参加しました。私は毎年参加しています。

私、家内、蛇メタは「福祉住環境コーディネーター」 、「福祉用具専門相談員」 、「増改築相談員」、「建築士」等の資格を業務上必要(バリアフリー改修、介護ショップ等)なために所持しています。そのため勉強も兼ねて参加しています。私の場合は高度で複合的な相談業務に備えて、福祉系では「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格も所持しています。

毎年恒例のため感覚もマンネリ化しているかもしれませんが、福祉用具・ 自助具や福祉車両等の最新情報や知識等の更新のため 「福祉フェスティバル」は欠かせません。自分の家族や親族等が利用する可能性もありますし、現実に顧客や知人等が福祉用具等を活用したり、住宅の介護リフォームをして在宅生活しています。見学して損は無いと思います。

会場では我社の取引業者や私の知人等が出展や参加をしています。今回は会場で偶然会ったLLP理事と一緒に各ブースを廻り、各担当者と名刺交換等をしました。

私が加入している「社会福祉士会十勝地区支部」の相談ブースでは、知人が担当していましたので、先日、FP・税務業界から私に相談のあった事例について相談することにしました。金融、法律、不動産、建築、福祉分野等にまたがる複合的事例のため、どこに相談してよいやらというのが実情だと思います。私も勉強になりました。来年(2011年)も開催される予定です。

追伸です。昨日は1日中雨天のため我家の「小旅行」が急遽中止となりました。本日(11日・体育の日)は朝から左下腹部と左腰部が痛くて我慢していましたが、午後から帯広市内の救急外来病院へ行きました。犯人は予想通り「尿路結石」でした。今回で2回目です。まだ尿路の末端と膀胱の間に石が挟まっています。もう少しで膀胱へ落ちそうですが、その時にまた激痛になると医師に言われました(汗)。今夜のランニングで落として来ますわぁ(苦笑)。

続きは次回に。


監理技術者更新講習。

2010年10月09日 | 資格・検定

一昨日(10月7日・木)は帯広市内の「道新ビル」で「監理技術者講習」が行われました。朝8時10分頃に車で出発(講習終了は16時40分)しました。今回も家内と一緒の講習参加でした。参加者は45名程でした。

私(KOBA)は5回目となる更新講習で、家内は2回目の更新講習でした。中~大型公共工事を行う者は携帯カード型の「監理技術者資格者証」と「監理技術者講習修了証」の2つが要件(どちらも5年に1回更新)が必要で、落札した工事物件ごとにこの2つの要件を満たした有資格者を専任配置しなければなりません。法律による義務(強制)講習の1つです。

「建設業法」では「特定建設業」と「一般建設業」の許可区分があり、28業種それぞれ単独で許可が必要となります。「特定建設業」の許可業種の内、「指定建設業」とされている7業種(建築・土木・造園・電気・管工事・舗装・鋼構造物)は「一級資格者」と「大臣認定者」のみが「監理技術者」になれます。それ以外は「二級資格者」や「学歴・実務経験者」等の「主任技術者」です。かなり複雑な仕組の法律で難解なのですが、分り易く言うと「特定建設業」=「一級資格者」>「一般建設業」=「二級資格者」という事になります。公共性のある工事や民間工事の一部では請負金額等に応じて差別化されています。

我社では現在建設業28業種の内、「建築・土木・造園・大工」の営業許可を取得しています。
私は「建築士法」による「一級建築士」と「建設業法」による「一級建築施工管理技士」、「一級土木施工管理技士」、「一級造園施工管理技士」の4資格の更新講習でした。家内は「建設業法」による「一級建築施工管理技士」の1資格の更新講習でした。

講習内容は統計・新技術や新情報等がメインです。講習の最後に20問(○×式・30分間)の試験があります。形式的な試験で得点(合格点)は関係ないようです。講習中は勘弁して欲しいほどの眠たさでありました。5年に1回でも我慢出来ないほど疲れた講習でしたわぁ(苦笑)。

家内に頼まれて、買物をしながら18時頃に帰宅しました。

続きは次回に。


社会福祉士会共通基盤研修。

2010年10月03日 | 講習・研修・勉強会

昨日(10月2日・土)は、帯広市内の「道新ビル」で開催された「(社)北海道社会福祉士会十勝地区支部」主催の「2010年度・共通基盤研修inとかち(領域「生活構造」)」に参加しました。参加者は67名との報告でした。10時半開始で約6時間の研修でした。この研修は3年間で合計60単位が目標の研修です。生涯研修制度のうち共通過程として5単位取得となるようです。十勝での開催は初で、次回は12月に札幌で開催です。

研修は某大学教授による「基調講演」、各支部からの「実践報告」、「講義・演習(グループ発表)」で構成されており、途中で昼休憩等があります。私には新鮮な領域(学問等)ですが、感想としては何か物足りないというか、漠然として適当というか、福祉業界では当り前なのか、今後は疑問や課題を残しつつも徐々に解消に向かって行くのか、そんな感じです。それでもこの業界の知人や取引先等も増えて来て、ネットワークの構築に関しては大変有意義であります。同・異業種のネットワークは私(KOBA)の無形財産(資格も同)でもあります。帰宅は18時頃でした。

一昨日(1日・金)は、18時半から地元某所にて3ヶ月に1回の「営繕工事協力会例会」が開催されました。私は会長職兼事務局及び連絡担当係(1~9月末)でした。連絡担当係が10月から交代となり、副会長が来年(2011年)3月末まで担当です。その後は理事が半年ごとに交代で担当です。会場へは行き帰りとも健康のためウォーキングでした。帰宅は22時頃でした。

本日(3日・日)も沢山のイベント等が重なっていましたが、長男(中1)の「学校祭」へ朝から家内と行きました。父兄等が沢山来ていてビックリでした。来年以降もイベントのどれかの日程が変更にならない限り、重複するので今年は「学校祭」へ優先的に行く事にしました。ちなみに、弟の蛇メタは札幌で朝から試験でした。

午後からは中札内村の「道の駅フェア2010秋」へ家内と行きました。芸人の「ナイツ」じゃないけど、同所にあるアイスクリーム店看板の”リ”の文字が”ソ”に見えました。「アイスクソーム」という商品名だったらもっと名物になると思うけどなぁ(爆)。

続きは次回に。