アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

長期投資勉強会。

2009年10月27日 | 講習・研修・勉強会

一昨日(10月25日・日)は、帯広市内の「とかちプラザ視聴覚室」で、私(KOBA)の所属する「ファイナンシャル・プランナーズLLP(有限責任事業組合)」後援の「長期投資勉強会」が開催されました。主催は「長期投資を考える会」です。今回で4回目の開催となります。

私は関係者(お手伝いです)として参加しました。12時40分頃に会場に到着し、早速会場の設営となりました。早く設営等が終りましたので、同所1階ホールで10時~14時まで開催している「食育ふぇすてぃばる」を見学して来ました。家庭菜園等の参考資料もありましたので、家庭菜園等を趣味にしている父母のために資料を頂いて来ました。

講師は、今年2月に来勝した東京の有名な投信会社社長と役員等で、約2時間30分の講演を行いました。全部で約70名の参加との報告でした。有料(500円)なのにこれだけ集まって頂けました(祝)。女性スタッフや関係者等の頑張り、投信会社の知名度・信用度によるところが大きいかと思います。

第1部は後援団体である某NPO法人担当者2名によるセミナー、第2部は2社の投信会社社長等による長期投資の勉強会(質疑応答形式)という構成でした。今回は「夢のある長期投資の楽しさ」というテーマでした。中・ 長期投資を実践されている方は、昨年(2008年)の恐慌でも一喜一憂はしていないと思います。受講者からの質問内容を総合的に考察すると、今回は初心者には少々難しかったようです。

17時からは、場所を移動して講師陣と関係者による「懇親会」 が某所で開催されました。コース料理は素晴らしく、上記社長からも貴重な経験話等が聞けて楽しい一時でした。私は車で来ていたので飲酒は無理でした。残念です。講師陣は、東京行き最終便の飛行機に乗るため、19時に散会することになりました。 私の自宅到着は20時頃でした。

次回開催は未定ですが、また行われると思いますよ。

続きは次回に。


清掃作業従事者研修Ⅲ。

2009年10月24日 | 講習・研修・勉強会

一昨日(10月22日・木)と昨日(23日・金)の午後からは、「清掃作業従事者研修」が帯広市内の 「とかちプラザ401号室」で開催されました。我社からは全部門兼任の私(KOBA) と清掃部門の兼任でもある弟の蛇メタ(常務取締役)が受講しました。ちなみに、前日(21日・水)の夜は「FP道東スタディグループ10月勉強会(例会)」が同所でありました。38名出席予定でしたが、「新型インフルエンザ」の猛威で急遽11名が欠席となりました。

この研修は、十勝管内では1年間に6回程度開催されています。1年に1回は全従事者(パート・やアルバイト等も含む)が研修 (2日間で合計7時間)を受けなければならない「義務研修」です。「建築物清掃業」の営業登録 (新規・ 更新)のうち、「人的要件」の1つでもある重要な研修です。受講しなければ営業登録(更新含む)が出来なくなります。内容はテキストとDVD映像を交えながら淡々と進行する通常の講習形態です。実務的なことはやらされませんので、初心者でも安心して受講できます(来期からは実務的内容も予定)。

今回の受講者のうち男性は3名のみで、他は全て女性という内訳です(全部で20名前後、昨年の半分位)。この業界は女性が圧倒的に多い特徴があります。「建築物清掃業」 と呼ぶより、美装、建装、ビルサービス、ハウスクリーニング等と言った様々な呼び名が多いのも特徴だと思います。

研修終了後の試験や考査はありません。この制度の良いところは、 新規従業者や実務家の知識更新等には良いと思います。最終的には利用者の利益やサービスになります。 駄目なところは、業界の有資格者であっても1年1回の強制研修があるところです。これは異論があるかもしれませんが、 有資格者だけでも一部免除とか、期間は他業界(2~6年更新)と足並みを揃えるとか、模索すべきだと思います。 これでは明らかに登録業者や会員を食い物にした天下り団体の集金業務と受取られても仕方ありません。 仕組みの悪さはこの業界に限ったことではありません。来年(2010年)同期に研修予定です。

先週土曜日(17日)から上記の「とかちプラザ」には昨日までに4回通っています。明日(25日・日)も通います。様々な業界の研修等が集中して8日間のうち5日間も上記に通うという異常事態です。第二の職場のようですわぁ(笑)。

続きは次回に。


ピアノ・エレクトーン教室発表会2009。

2009年10月19日 | 家庭・健康

一昨日(10月17日・土)は、「NPO法人日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会道東支部」主催の「継続単位研修会」が帯広市内の「とかちプラザ」で開催されました。私(KOBA)は役員ですので、10時~13時の「幹事会(役員会)」から出席でした。

13時30分~16時30分までは、「~研修会」で、家内はこれのみ出席しました。今回は「遺言と任意後見について(老後の安心設計)」というテーマで公証役場のM氏(仮称)が講師を務めました。8月開催の「FP道東スタディグループ勉強会」と一部重複した内容でしたが、「公証人」の立場から法的手続面等について丁寧に教えて頂きました(8月時は社会福祉法人理事等のY氏に同内容を社会福祉面から教えて頂きました)。17時からは場所を移動して講師等との「親睦交流会」となりました。自宅到着は21時頃でした。

昨日(18日・日)の13時30分からは、地元の「めむろーど2階セミナーホール」で次女(高1)が出演する「ピアノ・エレクトーン教室発表会2009」がありました。次女は家内とリハーサル等のため先に出発しました。その後、私の母と弟の蛇メタと私の3人で会場に車で行きました。「新型インフルエンザ」の影響で学校閉鎖延長中の長男(小6)と不特定多数の場所での感染が怖いため外出自粛中の私の父親は自宅で留守番となりました。会場は毎年同様パーティ方式の丸テーブルが置かれていて華やかな感じでしたが、今年(2009年)はマスク姿の観客が多くて異様な光景に見えました。主催者側は、勇気ある決断で開催したようです。

今回の次女の課題曲は、ロック・ポップス系の曲でした。基本パートが軽快なリズムのポップス系で、ソロパートが早弾き系へヴィメタル・ギターのような曲でした。指導者によると、高度で複雑な演奏技術が必要な楽曲で、「よくぞここまで仕上たものだ」と、「泣けて来ます」とも言っていたそうです。親馬鹿ですが、今年も次女の演奏は素晴らしいと思いました。毎日の部活動のため満足できる練習時間はありません。演奏後「上手だったぞぉ~」と褒めておきました。友人達から花束も届けられ、感謝感謝です。来年(2010年)も期待しています。

続きは次回に。


第10回・廃墟ツアー。

2009年10月13日 | 古民家・廃墟・ゴースト

一昨日(10月11日・日)は、朝6時に弟の蛇メタ(皆勤賞)と私(KOBA)の2人相乗りで「第10回・廃墟ツアー」へ出発しました。毎回参加しているピンクヒヨコさん(新婚)は、相方の実家(東北)へ行くために今回は不参加でした。今回は急遽、私達”アホ兄弟”に都合が良いように「廃墟探訪&廃盤CD探索ミックスツアー」 に変更しました。

糠平から「三国峠(積雪・夏タイヤのためトロトロ運転)」を経由し、「層雲峡温泉」での休憩ついでに付近にある廃墟の外観撮影をし、愛別町にある某コンビニ店で朝食を取りました。朝から天気は悪くて、愛別町辺りから天気が良くなりました。

先に旭川市の郊外で廃盤CDの探索をすることにしました。ここで廃盤CDの探索をするのは7年半振りです。久し振りの良い成果で満足できました。7年半という月日が良かったと分析しています。

次に「旭山動物園」の近くにある某廃墟に向かいましたが、周辺は凄い車両数で、動物園に行く予定の無い私達も巻き込まれてしまい今回は諦めました。ここは平日か夜間じゃないと無理だと思いました。「天人峡温泉」方面にも行きましたが、こちらは積雪のため途中で断念しました。山周辺は積雪の可能性と寒いのでやめることにしました。その後「カムイ・コタン」へ観光を兼ねて向かいましたが、外気温は6~8℃という寒さでした。ここも足早に済ませて来ました。

今時期は日没が早く、急いで芦別市経由で赤平市にある「住友赤平炭鉱」の遺産巡りへ行きました。雨が降っているため外観の写真撮影のみで切上げました。ここは前々回の「廃墟ツアー」で見落としていた場所です。付近にはもう一つ探訪予定の有名な廃墟があったのですが、日没のため断念となりました。

廃盤CD探索は夜間でも全く関係無いので、滝川市へ行ってから富良野市へ向かい、積雪の無い「狩勝峠」を経由して21時30分頃に自宅に到着しました。

昨日(12日・月)も前日の続きで、午後から蛇メタと帯広市内の廃盤CDの探索に行きました。今回は廃墟探訪より廃盤CD探索の方がとても充実していました。どちらかに絞らないと時間が全然足りません。次回は来春 (2010年) 再開予定です。

続きは次回に。


福祉フェスティバル2009。

2009年10月10日 | 旅行・祭典

本日(10日・土)から14日(火)まで、長男(小6)の学校が予想通り「新型インフルエンザ」のため「学校閉鎖」となりました。また、本日と明日(11日・日)は、次女(高1)がバドミントンで札幌遠征だったのですが、先方から同じく中止要請がありました。家内は、地元体育館で大会審判等の手伝いでしたが、これも同じく中止となりました。私(KOBA)と現幹事との協議の結果、今月に予定されていた「第7回・LLP(有限責任事業組合)合同無料相談会」は、同じく来年(2010年)2月まで延期することになりました。

本日と明日は、帯広市内の「とかちプラザ」で毎年恒例のビッグイベント「福祉フェスティバル2009」が開催されています。弟の蛇メタと私(KOBA)は本日(10時~)参加して来ました。私は毎年参加しています。上記の予定変更により、急遽朝7時のJRで家内と次女は、札幌の某大学の「オープンキャンパス」及び長女(大1)の「学園祭」へ行くことになりました。蛇メタと私は明日参加の予定だったのですが、急遽、家内達と日程交換することになりました。「新型インフルエンザ」の猛威のため予定が変化するので、臨機応変に対応するしかありません。

私、家内、蛇メタは「福祉住環境コーディネーター」 、「福祉用具専門相談員」 、「増改築相談員」、「建築士」等の資格を業務上必要(バリアフリー改修、介護ショップ等)なために所持しています。そのため勉強も兼ねて参加しています。私の場合は、更に相談業務のため「社会福祉士」も所持しており、現在は専門学校の「精神保健福祉士短期通信科」の学生(今年12月卒業予定)でもあります。毎年恒例のため感覚もマンネリ化しているかもしれませんが、福祉用具・ 自助具や福祉車両等の最新情報や知識等の更新のため 「福祉フェスティバル」は欠かせません。自分の家族や親族等が利用する可能性もありますし、現実に顧客や知人等が福祉用具等を活用したり、住宅の介護リフォームをして生活しています。見学して損は無いと思います。会場では我社の取引業者や私の知人等が出展や参加をしています。

帰宅途中は、久し振り(3年位)に某フライドチキン店へ寄って、TVCMで宣伝している期間限定商品を購入してから帰宅しました。まぁまぁの美味しい味付けだと思います。先週は地元の某回転寿司屋でダチョウ肉の寿司を食べました。地元の回転寿司店限定商品のようで、まぁまぁの美味しい味付けです。素材の味は味付けの良さでどちらも分りません(笑)。

続きは次回に。


福祉用具専門相談員協会研修。

2009年10月08日 | 講習・研修・勉強会

昨日(10月7日・水)は、13時30分から17時頃まで、我社2階で「全国福祉用具専門相談員協会北海道ブロック」による出前研修が行われました。介護ショップ兼任の同資格者である弟の蛇メタ、家内、私(KOBA)の3人が受講しました。

この団体は、2年前(2007年7月10日)に設立した福祉用具業界初の全国職能団体であり、北海道ブロックに関しては今年(2009年)6月末に設立したばかりです。

今回の研修費用は無料であり、道内ならば会員外でも出前研修が可能です。10月末までの期間限定ですが、この業界の方には是非利用を薦めます。

札幌から北海道ブロック長のⅠ氏(仮称)が講師として来所しました。スクリーンとパワーポインター等を使用しての出前研修です。研修内容は、①協会書式の「福祉用具個別援助計画書作成方法」、②最新情報(厚生労働省による情報)、③意見交換等でした。原則2時間の研修のようですが、③が長引いてしまいました(汗)。

この福祉用具業界は、大手用具メーカーが主導してきた閉鎖的業界です。法の中では行政等の説明会(集団指導含む)の他に、様々な研修等の受講義務があるのですが、実態は他の福祉・介護業種と違って、研修という名のメーカーや販売卸店等による商品説明会や商品展示会であり、いつもガッカリ気分で出席していました。

肝心なところに関してはホントに情報不足です。雛形の開示や書式の利用方法、制度の仕組や環境システム、指定許可等の関る様々な条件等を手探りでやらなければならない業界です。企業秘密のためか、業界統一された書式すら無いので、自社開発して行かなければなりません。成熟した業界ならば、この辺の心配は余り無く、情報量もあります。今回は研修らしい研修でしたよ(笑)。

話は変わりますが、今週初めに十勝が誇る元議員の中川昭一氏が逝去されました。某事件後の今年4月には我社事務所にも来所し、8月の「衆議院議員選挙」の地元演説には、蛇メタも応援に行きました。とても残念なことです...合掌。

続きは次回に。


大収穫祭。

2009年10月05日 | 旅行・祭典

昨日(10月4日・日)の11時から14時まで、帯広市郊外にある某障害者施設の敷地内等で「大収穫祭」がありました。毎年恒例で今年で19回目の開催のようです。私(KOBA)、家内、私の父母の4人が初参加しました。子供達はそれぞれ部活動等で参加できませんでした。

午前10時過ぎに車で出発しました。午前中は天気が良く、終了後から雨が降り始めました。この「大収穫祭」は、私が先月(9月)、「PSW実習」で2週間御世話になった事業所が主催しています。私が実習中に収穫したそば、その他の野菜等も加工されてメニューの中に加えられていると思います。

入場料は、前売りが500円、当日が600円(小学生未満無料)です。野外バイキング(特製団子汁・きんぴらごぼうご飯・豆ごはん・いも団子・お好み焼き・あずきようかん・手打ちそばなど、事業所で収穫した野菜を使ったメニューが食べ放題)、販売コーナー(事業所で収穫した新鮮野菜、福祉ショップ、フリーマーケットなど)、ゲーム大会(豪華景品が当たる輪投げなど)、もちまき等のメニューが用意されていました。

ボランティア的な価格が多く、食べるだけの参加でもかなり満足できると思います。ただし、入場者数は凄いので、人気メニューや商品はあっという間に無くなってしまいます。数に限りがあるので早めの来場が良いと思います。

職員や利用者(メンバー)、ボランティア等の姿を拝見して、まだ2週間しか経っていないけど何だかとても懐かしい感じがしました。皆さん、私のことを憶えていてくれて嬉しかったですよ。メンバーと話をしたり、昼食を取ったりもしました。司会をしたり、食事を作ったり、裏方をしたり、皆さんの活躍がとても頼もしく感じました。

父母には昼食後、施設内の作業所や農地、野菜ハウス等を案内しました。今回のリクエストの1つとして、私が御願いされていました。父母は喜んで見学していました。ホント喜んでくれて親孝行ができました。

途中で次女(高1)から部活動終了の連絡がありましたので、終了30分前に会場を出て送迎に行くこととなりました。最後のもちまきに参加できなくて残念でした。来年(2010年)も是非参加したいと思います。

続きは次回に。


建築士会分会研修旅行2009。

2009年10月04日 | 旅行・祭典

一昨日(10月2日・金)は「建築士会分会研修旅行2009」のため札幌出張でした。毎年恒例の研修旅行で、私 (KOBA) は19年前から参加しています。今年の参加者は11人でした。私の中学時代の同級生2人も「建築士」 なので毎年参加しています。朝7時40分までに地元駅に集合し、8時7分発のJRで札幌へ向かいました。到着後は地下鉄に乗り、某ファミレスで昼食を取ってからバスに乗り石狩市へ向かいました。「石狩市役所」で休憩してからタクシー3台相乗りで、石狩市新港にある「YKK AP北海道工場」へ行きました。13時30分から15時まで各工程の工場見学でした。ここは住宅・ビル用の窓・サッシ・網戸等を製造している有名企業です。受注から出荷までの各製造工程を一通り視察した後は、会議室で自己紹介や担当者との名刺交換、質問タイム等になりました。

見学帰りの地下鉄車両内では、皆さんの記憶に残るお笑い事件もありました。生涯の笑い話として語り継がれて行くと思います。18時からは札幌駅近くの「サントリーズガーデン」で「懇親会」です。食べ放題&飲み放題のセットプランでした。昨年(2008年)も同系列店を利用しています。終了後は雨降りなのでタクシー移動でススキノの某スナックにて「二次会」となりました(9人参加)。ここの利用客は社長等の重役クラスの方が多いとお姉さん達が言っていました。お姉さん達(30歳代熟女がメイン)の中にはニューハーフも紛れ込んでいるそうです(爆)。私の所は20歳代前半の女性でしたよ。宿泊ホテルは、札幌駅前の昨年完成した新築ホテルです。最新設備で良いホテルでした。

翌日(3日・土)は、ホテルでの朝食後、9時過ぎに札幌駅構内の「みどりの窓口」で、帰りの列車指定席を確保してから小樽へ向かいました(9人参加)。小樽ウィングベイ内の某ホテルで開催されている「(社)北海道建築士会全道大会」の参加のためでした。到着後は少々の自由時間の後、有名店で昼食を取り(7人参加)、13時開始の分科会セクションに十勝分会から6人出席しました。各地域ごとに「ワークショップ」を行い経過を発表することになっていました。最初に自己紹介等をしてから意見交換・提案等になりました。私達は室蘭地区の「ワークショップ」にて発言する形となりました。内容は急務3点に絞り、中心街活性化対策、独居高齢者・老朽化住宅(廃屋含む)問題、土地等の資産価値・有効活用問題でした。しっかりと、私達の足跡は残して来たと思います。途中でしたが列車時間があるので、皆さんで早めに会場を後にしました。家族への御土産を購入してJRで帰宅しました。激疲れの2日間でした。

続きは次回に。