アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

介護保険施設等実地指導。

2009年09月30日 | 会社・仕事

一昨日(9月28日・月)の13時30分から「介護保険法第24条及び介護保健施設等指導監査要綱」の規定による「実地指導」が、我社1階店舗の「介護ショップ」で行われました。北海道知事指定許可の「福祉用具販売・貸与事業」等を開業してから初の事です。開店から約1年での実地指導(検査)です。

検査時間は約1時間15分でした。検査担当職員 (北海道十勝保健福祉事務所職員) は2人でした。検査のメインとなる項目は、聴取及び関係書類による状況確認でした。

約6年に1回の頻度で強制的に行われている検査のようです。対応は、施設長(管理者)及び「福祉用具専門相談員」等の関係職員が行うことになっています。我社(法人宛)には9月2日(水)に通知書が郵送で届きました。通知書には、当日準備する検査項目(書類)と当日提出する「自己点検一覧表」等が記載されていました。

大きく分けて5種類(書類数は全部で26種類必要)の関係書類で「人員に関する基準」、「設備に関する基準」、「運営に関する基準」、「変更の届出」、「介護給付費の算定書についての書類検査が行われました。通常通りの業務をしていれば全く問題になることはないと思います。担当職員からはパーフェクトに近いOKを頂きました。

話は変わりますが、昨日(29日・火)は、長男(小6)の12歳の誕生日でした(祝)。しかし、少年団やら、部活動やら、PTAやら、PSW事後訪問やらで家族の皆さんが慌しい日のため、「誕生日会」は予定通り延期となりました。今週は、弟の蛇メタと私(KOBA)が別々に札幌等に出張があるため、来週以降に「誕生日会」をすることになりそうです。それでも、某地元有名店のアイスケーキを買って来て、それぞれが夕食後のデザートとして食べました。

続きは次回に。


社会福祉士会基礎研修。

2009年09月26日 | 講習・研修・勉強会

本日(9月26日・土)は、「中札内交流の杜」で開催された「(社)北海道社会福祉士会十勝地区支部」主催の「2009年度・基礎研修inとかち」に参加しました。9時30分開始で約3時間の研修でした。

私(KOBA)の自宅から会場までは、早道(裏道)を車でかっ飛ばしても(笑)、片道35~40分以上は時間的にかかります。どうしてこんなに交通の便が悪い場所でやるのだろうと思いました。その理由は、この研修が終了次第、役員や希望者(参加料必要)による合宿(翌日まで)が行われるためでした。会場自体は廃校の跡ですが、地域に開放されており、管理(使用料必要)もしっかりとなされています。それでも新規会員で車の免許の無い方には無理でしょう。研修参加は無料ですが、タクシー代やバス代を別途かけてまでは参加しないと思います。

この研修は、入会後3年以内に受ける義務研修のようです。生涯研修のうち、基礎研修として2単位になるようです。十勝での開催は初めてのようです。この研修を受けなければ次のステップに進めないようなシステムになっているようです。私は今春に入会しました。しかし、任意団体のためか、加入率は低く、課題が多いことも分かりました。いずれは他の士業のように強制団体になるかもしれませんが、同じような状況の他団体と比較しても生れたての感じがしました。試行錯誤の段階でしょう。これからメリット等が出て来ると期待していますが。研修内容はカットしますが、自己紹介の後には、交流を兼ねて新規の皆さん、それぞれ名刺交換等を行っていました。事前に渡されていた課題は、質問事項等優先のため時間の都合上カットとなってしまいました。せっかく書き上げたのに残念でした。

私はその後、帯広市内で開催されている「(社)北海道宅地建物取引業協会帯広支部」主催の「不動産フェア」と、仲間の経営する整体屋さんで治療をしてから帰宅しました。疲れた一日でした。連日の疲れもあってか、とても眠いです。

本日(帯広総体)と明日(27・日、札内)、次女(高1)は「バドミントン大会(十勝地区)」です。本日は先輩と組んでダブルス戦で優勝したようです(祝)。明日はシングル戦出場です。家内が応援や送迎をしています。こちらも疲れているようです。

続きは次回に。


職場復帰。

2009年09月24日 | 会社・仕事

本日(9月24日・木)から、私(KOBA)は「職場復帰」となりました。9月4日(金)以来の通常勤務です。

PSW実習とシルバーウィークが連続してましたので、20日振りの仕事復帰となりました。それでも実習中は、毎晩帰宅後1~2時間はデスクワークをしていましたので、そんなに抵抗感はありません。ただ、取引先等にはホント久し振りに会いました。

連休は、ボランティア使用の一日以外は、全て今月末締切の学校へ提出する9月レポート4科目分の作成に費やされました(悲)。まだ他にも別のレポートが2つ残っています。そのうちの1つは明後日が期限です(汗)。まだ追い詰められています(笑)。

学生状態だったので、社会人としての本来の仕事感覚を取り戻すのには、もう少し時間がかかりそうな感じです。抵抗感はありませんが、セーブしながら取り戻していこうと思います。今回の実習を通して色々と考えさせられました。現代人は、こういう耐性も、免疫力も学んでいないので難しいと思います。ノルマ優先の現代では、まだまだ病人が製造されて行くと思います。

私が「浦島太郎状態」の時には様々な分野の出来事がありました。直近の話では、新型インフルエンザのため、シルバーウィーク期間の全日程が「学級閉鎖」となった長男(小6)は、この間に「バドミントン全道大会」の男子団体戦主将と大会の選手宣誓をすることになっていました。しかし、直前に教育機関からの試合出場禁止命令が長男にありました(発症はしていませんが)。大会プログラム(パンフレット)にも宣誓者等の名前が書かれており、急遽、代理の選手が宣誓等を務めることになりました。余りの悔しさに長男は寝込んでしまいました。翌日の某新聞記事には、その辺の内容が書かれていました。仲間が賞状等(団体戦第3位)を届けてくれて、少しは気が晴れたと思います。

本日から長男のクラスは登校予定だったのですが、昨日の夕方、今度は学校側から「学年閉鎖」の連絡があり、27日(日)まで休みです。その後は多分、「学校閉鎖」になると思います。最初から「学校閉鎖」の方が全員が外出を控えるため、被害は少ないと思いますがね。連続で休めて嬉しい人も当然居るでしょう。まさに、私はそんな気分なので羨ましいけどね(笑)。

続きは次回に。


精神保健福祉援助実習。

2009年09月19日 | 講習・研修・勉強会

御無沙汰しております。約2週間振りの日記投稿です。

先週土曜日(12日)の夜に、長女(大1)の「自動車教習所卒業」及び「自動車運転免許取得」のお祝いを帯広市内の某中華料理店で行いました。家族全員が参加しました。私の実習日程に合わせて行い、長女は14日(月)に帰りました。

本日(9月19日・土)の日記は守秘義務の関係で詳細な報告はできません。本日午前中で連続2週間の「精神保健福祉援助(PSW)実習」が終了しました。正式にはまだ2回程の事後訪問があります。来週中に1回あります。

私(KOBA)の希望した実習先は十勝管内の某精神障害者の通所事業所です。私の仕事・公職や家庭行事等の関係で一番被害が少なそうな日程で実習を希望していました。私の所属している専門学校では来年(2010年)2月末までに2週間の実習が終了していなければ卒業できません(一応、見込で今年12月に卒業可能ですが)。「精神保健福祉士」の国家試験(来年1月末)の受験資格は卒業見込で発生します。

私の希望実習先は、各方面の大学・短大・専門学校等から沢山の学生を受入れています。実習内容は学部等により、精神保健福祉、作業療法、社会福祉のどれかです。私は9月7日(月)~19日(土)が実習期間でした。「実習プログラム」は、日勤シフトのみで大きく分けて6種類のプログラムとなりました。1日平均8~11時間の勤務となり、日曜日のみ休日でした。「通所事業所での就労移行支援及び就労継続支援(日中活動)」、「地域の社会資源訪問(福祉ショップ、グループホーム、宿泊型自立(生活)訓練施設等)」、「社会福祉法人グループ全体会議出席」、「病院での精神科デイ・ケア(日中活動)」、「病院でのアルコール依存症集団療法参加」、「地域保健福祉センターでの精神地域生活支援会議及び精神ケアマネジメント会議出席」という流れで勤務しました。メイン勤務は通所事業所でした。内容の密度は濃く、数年間勤務したような錯覚に陥ります。

帰宅後は毎晩1~2時間かかる「実習日誌」の作成(ボールペン強制)で、翌朝に提出でした。これが時間的に最大の難関でした。実習より日誌作成時間がとにかく辛かったです。帰宅後に毎日数時間仕事をしたため、寝不足の毎日でした。まだ実習終了後の「総括レポート」の作成提出が残っています。今回も貴重な社会体験のスキルアップとなりました。

事業所側では、一般学生と違い、私のような社会人で経営者・開設者等の立場である学生への配慮をしてくれていたようです。私の実習に関わる視点等も職員や実習担当者とは違っていたかもしれません。今回もまた或る職員は、私のような年齢・立場で異業界へ社会人学生として乗込む勇気や決断は自分には無理だと言っていました。何故、私が乗込んだのか?賢い方は分かると思いますが、時期がくれば理解できることになると思います。

来週末までには2週間分溜まった仕事等を何とか処理しなければなりません。こちらの方が精神的に辛いと思います(汗)。

続きは次回に。


FPフォーラムin道東2009・実行委員会。

2009年09月05日 | 団体・集会

一昨日(9月3日・木)19時から、帯広市内の某軽食喫茶内の会議室で、今年度11月中旬開催予定の「FPフォーラムin道東2009」の「第1回・実行委員会」が行われました。「日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会」の道東支部幹事や運営委員である十勝在住の7名が集結しました。7月初旬に釧路市で開催された同支部幹事会で実行委員長・副実行委員長と広報担当委員のポストは既に決定していました。今会議では他の重要担当ポスト(会場・展示・相談・接待・備品等)の指名等が行われました。私(KOBA)の役割は、副実行委員長及び相談室係と「FP道東スタディグループ」からの相談員派遣、基調講演講師(関西在住)の会場-帯広空港への送迎・接待等の兼任でした。次回の会議日程は10月初旬に決定しました。

しかし、昨日(4日・金)夕方、同協会北海道ブロック支部長会議(札幌市)にて「新型インフルエンザ」の流行によるイベント開催等への中止要請があり、支部長及び幹事役員との電話会談の結果、本年度の開催中止を決断する事になりました。当初からの懸念事項であり、開催時期は「新型インフルエンザ」の大流行時期に突入している事が予想されていました。また、幹事等の役員は医療関係者では無いので、不特定多数の方との接触は感染リスクが高く、この辺りのイベント開催のマニュアルも未知事項となっていました。早めの中止決断となりましたので、被害額や関係者への負担が小さく、このままの体制で来年(2010年)開催まで延期という事になりました。決断は無難な選択だったと思います。今朝(5日・土)の「北海道新聞」の記事によると、10月初旬以降、道内では5人に1人が「新型インフルエンザ」に感染する可能性が高いと報じられていました。

話は変わりますが、来週以降、学校の「精神保健福祉(PSW)援助実習」のため、帯広市の某事業所へ実習に通います。9月1日(火)以降、学友達は順次、それぞれの地域施設や病院等で実習を開始しています。9月から来年2月末までの連続2週間が実習期間となっています。毎日の帰宅後は実習日誌の作成提出、実習終了後はレポート9月分4科目の作成提出期限等のため、暫く日記投稿は休みとなる予定です。シルバーウィークの連休中から日記投稿を再開したいなぁ~と考えています。投稿ネタは色々と溜まっているでしょうから(笑)。

続きは次回に。