アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

ターミネーター4&モア。

2009年06月25日 | 映画・ドラマ

本日(6月25日・木)は、3つの話を簡単な内容で投稿します。ちなみに、本日は我社の設立記念日です(祝)。

1つ目の話は、今朝8時頃に弟の蛇メタと相乗りで帯広の「シネマ太陽」へ向かいました。9時開演の「ターミネーター4」の映画鑑賞のためです。前売券は手に入れていましたが、日程的に決行できなくて困っていました。昨日(24日・水)午後から、帯広某所で私(KOBA)は「生命保険一般課程試験」の受験でした。受験は仕事上の付き合いなので仕方ありませんでした。試験自体は楽勝な内容ですが、受験という鬱憤が溜まっているので、このガス抜きを本日することにしました。私が映画館に来たのは1年7ヶ月振りでした。これはDVDレンタルのせいだと思います。映画の内容は現在公開中なので控えさせて頂きます。私的には「ターミネーター・シリーズ」の外伝という感じがしました。SFアクション映画として見るならば、かなり満足できると思います。過去のファンじゃなくても観て欲しい映画だと思います。

2つ目の話は、一昨日(23日・火)午後から、蛇メタと常連の「音楽ショップ」へ仕事の合間に行って来ました。2000年(平成12年)から御世話になっていましたが、ここに行くのは最後となりました。私達”アホ兄弟”の担当者もこの間に3人変更となりました。現在の男性担当者(北欧メタル系が好き)は1年前からの担当です。しかし、転職先(食品業界)が急遽決まり、この日を最後に退職となりました。今後は中々会えなくなります。今の音楽業界の状況は酷いので、転職は賢明なのかもしれません。引継ぎは同店別店舗に昨年5月に移動となった前任の女性担当者になりました。7月からは別店舗で御世話になることになりました。それにしても急なので焦りました。

3つ目の話は、毎年恒例の「離島採集旅行」の日程が決まりました。7月中旬以降の5泊6日の予定です。今年(2009年)の採集地名等は帰宅後に日記投稿したいと思います。20日(土)の札幌出張の帰りに、ある「道の駅」の灯火で今年初の「ミヤマクワガタ♀」を観察・採集しました。そのままリリースしました。昨夜、蛇メタは地元の灯火で「ノコギリクワガタ♂」と「コクワガタ♀」を発見しました。これもリリースしました。本日もかなり暑いです。本格的にシーズン突入のようです。

続きは次回に。


福祉用具講習会&パネル展。

2009年06月21日 | 講習・研修・勉強会

先週は講習や出張等が続き、日記投稿する時間が確保できませんでした。ちなみに、6月17日(水)は「とかちプラザ」で「FP道東スタディグループ6月勉強会(倫理科目)」、18日(木)は「ホテル日航ノースランド帯広」で「(社)宅地建物取引業協会帯広支部・平成21年度第1回業務研修会(不動産税制改正)」がありました。

昨日(20日・土)11時30分からは、「札幌総合卸センター共同会館」で「福祉用具貸与事業者向け選定講習会(札幌研修会)」が行われました。朝6時30分に車に相乗りで出発しました。我社からは「福祉用具専門相談員」の有資格者である家内と弟の蛇メタ、私(KOBA)の3人が出席です。毎年開催(札幌は4回目)されており、今年(2009年)は日本全国から44社の福祉用具や医療・介護用品メーカーが参加し、各ブースで新商品の展示やセミナー等が行われていました。基調講演会講師は、シルバー産業新聞社の記者でした。全体的に賑やかな研修会でした。

札幌市街には10時頃に到着しましたので、上記より先に18日~20日まで「かでる2.7」で開催されている「第11回・私の中で今、生きているあなたin札幌」のパネル展へ行きました。開催は北海道新聞の記事で知りました。主催は大阪の「NPO法人働く者のメンタルヘルス相談室」で、内容は大企業の過労死・うつ自殺被災者・遺族の訴えを写真(遺書等も公開)や統計資料等を展示したパネル展でした。私は現在「精神保健福祉士(PSW)養成校」の社会人学生なのでタイムリーな内容でした。北海道は自殺者が急増で、残念なことに全国ワースト第2位(特に苫小牧市及び北海道北は自殺者が多いという統計)となっていました。自動車産業の地域が多くなっていました(ワースト第1位は愛知県でした)。これも残念なことに札幌市は地下鉄自殺者数が政令都市でワースト第1位と資料に書かれていました。対策が急務と感じましたよ。

講習会終了後(14時~)は「道新プレイガイド」で、「夏だ!妖怪フェスティバルinアリーナ(7月31日~8月9日開催)」の前売券を購入し、蛇メタと音楽ショップの「ロックス」や「タワーレコード」、某大型書店等へ行きました。途中から別行動で買物をしていた家内と16時に待ち合せて、江別市に住んでいる長女(大1)の所へ我家から持参した家庭菜園野菜を届けに行きました。近くのファミレスで長女を含めた4人で夕食を取り、私達3人は22時頃帰宅となりました。ハードな1日でしたわぁ。

続きは次回に。


介護ショップHP一部仮オープン。

2009年06月13日 | 会社・仕事

6月1日(月)に昨年(2008年)4月から製作中だった介護ショップのホームページを一部仮オープンさせて頂きました(http://www.kaigohanamaru.com/)。NTT電話帳広告の関係で一部見切り発信となりました。会社本体の新ホームページ作業と介護ショップのホームページ作業を2社の委託業者に依頼していましたが、委託業者の諸事情により大幅に作業が遅れています。全部が完了し、本格的にオープンするにはまだ時間が掛かりそうです。デザイン面は殆ど終了していたのですが、システム面の作業が残っている状況です。今年中には何とか終了させたいと思います。

話は変わりますが、昨日(6月12日・金)の14時30分からは、「平成21年度・建設関連企業安全決起大会」がありました。毎年恒例の行事で地元の「建設業協会」と「商工会」が主催し、地元の「行政庁」が後援となっています。家内は会社受付嬢なので、私達”アホ兄弟”や会社職員より先に行かなければなりません。今年は昨年と比較して参加者が更に少なく感じました。この減少傾向は今後も続いて行くだろうと思います。「労働災害防止対策」と「交通事故防止対策」の記念講話が役人講師により毎年行なわれています。マンネリ化防止のため、違った趣向も考慮していかなければならない時代だと思いますけど。

上記終了後(17時30分~)は、関係者のみ場所を移動し、地元某居酒屋で「建設業協会月例会」及び「懇親会」となりました。約2ヶ月に1回のペースで開催されているのですが、ハッキリ言って多過ぎると思います。1年に2~3回開催で充分だと思います。他にすることがない方にはこれでも少ない位なのかもしれません。弟の蛇メタに送ってもらい、帰りは徒歩で帰宅することにしました。運転の予定があったため今回は飲酒しませんでしたが、私には久し振りに楽しい「懇親会」でした。

今朝(13日・土)、家内と長男(小6)は、10日(水)から「YOSAKOIソーラン祭り」に出場している長女(大1)の応援に札幌へ車で向かいました。現地で家内の妹と待合せて見に行く予定です。十勝は昨夜から雨模様ですが、札幌の天候は大丈夫でTV放送もされている状況です。私が運転して行く段取りだったのですが、大雨のため急遽次女(高1)の部活動(16日から高体連全道大会(旭川)出場)の送迎が必要で無理となってしまいました。2人は明日(14日・日)帰宅します。私は午後から常連の整体屋へ行っていました。

続きは次回に。


社会福祉士。

2009年06月11日 | 資格・検定

本日(6月11日・木)は、突然ですが「資格試験合格体験記」の第17弾の登場です。http://www.kobayashihome.co.jp/sikaku/sikaku.php

第17弾は「社会福祉士」試験(資格)です。福祉に関する相談・助言・指導・援助等を業とする者を対象として行う試験です。今後受験を考えている方々の参考になれば良いなぁ~と思いますけど。

この資格は「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律(昭和62年制定)に基いて行われる「名称独占型」の国家試験(資格)です。福祉系及び介護系試験の中では社会的ステータスが高い資格です。「名称独占型」資格ですから、「社会福祉士」の名称を使用しなければ、無資格者が業務を行っても全く問題ありません。登録者の殆どが公共機関や公的団体、各種施設等で勤務しています。民間での独立系事業所は殆どありません。

私(KOBA)がこの「社会福祉士」試験(資格)を受験し、合格したのは平成21年3月末の事でした(登録は同年4月)。受験資格は、一定の学歴・職歴等が必要で詳細に決められています。私の場合は4年制一般大学卒業なので、1年以上の「社会福祉士一般養成施設等」を卒業しなければ受験ができませんでした。2年制の専門学校通信課程(スクリーング2週間と現場実習2週間あり)で受験資格を取得しました。

試験は大きく分けて13科目(①社会福祉原論・②社会保障論・③公的扶助論・④地域福祉論・⑤心理学・⑥社会学・⑦法学・⑧医学一般・⑨老人福祉論・⑩障害者福祉論・⑪児童福祉論・⑫社会福祉援助技術・⑬介護概論)合計で150問(5択一マークシート方式・制限時間4時間)出題されました。合格点は150点満点で90点(60%)前後です(合格点は毎年変動します)。条件として各科目の全てに得点(最低1問正解でOK)がなければ、トータル点に関係なく不合格となります。⑫の科目だけは2科目に分かれていますので、それぞれの得点が必要です。絶対試験ですので60点以上で原則全員合格です。実技試験は現在のところありません。ちなみに、「精神保健福祉士」の資格登録者は①~⑧の科目が免除となります。

最近の合格率は約30%前後のようです。福祉・介護系業務経験者で2年以内で合格出来れば早い方だと思います。この試験は、少しでも苦手科目の克服をした方が良い結果になると思います。

私の場合は運良く1回目の受験で「社会福祉士」試験に無事合格する事が出来ました(合格証書はA4縦型です)。
私の勉強期間は、約3ヶ月間(模試利用)でした。受験される方のバックグラウンド次第ですが、最低でも2ヶ月以上の勉強期間は必要と思われます。
ちなみに、「社会福祉士」試験合格後の登録費用として厚生労働大臣へ登録免許税15000円と、試験団体への登録手数料として4050円を納付すると、「社会福祉士登録証」(A4縦型)が送付されて来ました。登録証交付後、(社)日本社会福祉士会に入会すると「会員証」(携帯用カード型・3年更新)が交付されます。「社会福祉士」の身分証明書として便利です。

独立開業される場合は営業許可というものが存在しませんので、自由に開業出来ます。しかしながら、この資格単体(1未満?)では相当の営業努力と人格等が備わっていなければ開業は難しい(食えない)と思います。関連する「業務独占型」資格との組合せ(兼業)によっては、[1+0.5=2~3]になる可能性は否定出来ません。要は使い方(利用)次第です。将来は「業務独占型」資格になる可能性も考えられますが、まだ時間がかかることと思います。最近の流れでは「必置型」として活用されるように徐々になってきました。

今年度(2009年)からは、受験資格や試験科目、実習時間等が大幅に変更となり、特に社会人受験生には時間的にも、費用的にも辛い試験になると予想されます。試験科目の大幅増加に関しては、増えても内容は今までと余り変わらないという話も聞きます。
道程は遠いですが、「人生をかける」つもりで頑張れば「何とかなる」もんですわぁ。

続きは次回に。


最後の運動会。

2009年06月06日 | 家庭・健康

本日(6月6日・土)は、長男(小6)の通う「小学校運動会」でした。家内、弟の蛇メタ、母親、私(KOBA)が応援に行きました。父親はガーデニング作業のため自宅で留守番でした。長女(大1)から数えて連続13年目の「小学校運動会」です。今年(2009年)が最後の「小学校運動会」となりました。

昨夜(5日・金)19時~札幌開催の「再結成ミスター・ビッグ」のライヴに、蛇メタが午後から車で行きました。ホント羨ましい限りです。ライブではベースの「ビリー・シーン」とギターの「ポール・ギルバート」が激上手で強烈だったと言っていました。帰宅は深夜2時頃だったようです。帰りの「日勝峠」は霧が酷くて先が殆ど見えず、車の運転が怖かったと言っていました。疲れている上に寝不足なのに、朝から長男の「運動会」を見に来ました。長男は期待していなかったのでとても嬉しかったと思います。

私も本日は、札幌での某団体行事に地元役員の仲間達と参加決定でしたが、「新型インフルエンザ」のため少し前に中止勧告があり、今回は何とか参加できることになりました。中止勧告は逆に有難かったですよ。次女(高1)は朝から「部活動」のため参加できませんでした。ちなみに、6月の我家の家庭関係行事では、次女(16~19日・旭川開催「高体連」)と長男(27~28日・釧路開催「少年団」)がそれぞれ「バドミントン全道大会」出場で、長女が大学のサークル活動で札幌でのイベント(10~14日「YOSAKOIソーラン祭り」)出場などが控えています。

「運動会」の会場は朝から曇っていて、少々雨が降っていました。今年も寒い気温でしたが、終了まで何とか雨も降らずに助かりました。昨夜の天気予報では完全に降雨の予定でしたので、間違いなく本日は中止になると思っていました。結果論ですが、明日も天気が悪そうなので本日決行して良かったと思います。

長男は少し疲れていたように感じました。最近まで膝の負傷で長らく通院していたこともあり、実行委員もやっていたので尚更でしょうかねぇ。競技の方は「バドミントン少年団」等での基礎体力の御蔭だと思いました。家内は毎年「カメラ撮影係」で私が「ビデオ撮影係」だったのですが、今年はビデオ撮影はしませんでした。当初は参加予定ではなかったため準備を忘れていました(悲)。家族の皆さん、帰宅後はそれぞれ用事足しのため外出して行きましたよ。疲れているのに元気ですわぁ。

続きは次回に。


管理建築士資格取得講習。

2009年06月03日 | 資格・検定

一昨日(6月1日・月)は、「札幌コンベンションセンター」で「管理建築士資格取得講習」が行われました。現在、「一級建築士事務所登録」の専任の「管理建築士」である私(KOBA)が義務的に出席です。新規に「~建築士事務所」を開業(登録)、及び5年ごとの更新登録時には必置の資格です。

下半期講習選択の場合は釧路でも開催されますが、私の専門学校(「精神保健福祉士」養成校)の現場実習時期が9月以降の連続2週間で、日程的に重なる可能性が高く、上半期講習(北海道では札幌開催の2回のみ)を選択しました。経過措置として平成23年11月末までに修了することが義務付けられています。下半期講習では、家内と弟の蛇メタが受講する予定です。

朝9時10分から16時までは講習で、16時30分からの1時間は修了考査でした。講習テキストのみ閲覧可能で、「1級建築士」、「2級建築士」、「木造建築士」の区別は無く、30問の回答(正誤マークシート方式)です。修了考査の合格発表は翌月末です。講習テキストが見れますので、内容・回答時間的にも心配ありません。事前学習も必要ありません。新制度の完全施行後は修了考査の難易度が上がるかもしれませんけど。

この制度は一連の耐震偽装事件のせいで、新たに制度化された資格取得講習です。従来の制度では「管理建築士」になる要件は、「~建築士」であって指定講習さえ受講(無試験)すれば良く、「~建築士」取得後の実務経験は必要ありませんでした。新制度では、3年以上の設計業務等に関する実務経験の証明が必要となりますので、現在この業界で働いている方は早めに取得しておいた方が良いと思います。

今年(2009年)の第2回目開催となる札幌会場では約500人の「~建築士」が受講したようです。私は最初から最後の講習まで眠っていました。起きていたのは休憩時間と修了考査の時でしたよ(爆)。

続きは次回に。