アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

解答速報。

2009年01月27日 | 資格・検定

昨日(1月26日・月)の日記を分割して投稿の予定でしたが、面倒になって本日(27日・火)投稿することにしました。

1月24日(土)と25日(日)は札幌出張でした。家内は妹に会うのと、プチ同窓会出席のため同行となりました。JRと宿泊以外は別行動です。

私(KOBA)は、年始から仕事と受験勉強の毎日でした。平日夜間と休日は受験勉強や模試で趣味等はストップ状態でした。正月休みは1日に16時間位机に座っていた事もありました。23日(金)と24日は各団体の行事等がありましたが、試験日(25日)の前日という事で欠席させて頂きました。

私の所属する社会人専門学校(札幌養成校)は、2月末日で卒業となります。何とか卒業に必修の第4学期レポート5科目分も昨日までに全部合格しました。その最終仕上(目標)が「社会福祉士国家試験」の受験です。数ある福祉・介護系資格の中では最高峰と呼ばれている資格です。現行制度の試験方法(事例含む13科目150問・五枝択一マークシート方式)としては最後です。来年(2010年)からは科目も6科目増えるようです。感想は午前科目が激難しく、午後科目が比較的簡単だと感じました。学習会の仲間内では同意見が多かったです。

仲間の1人はJRで帰宅までの時間、ネットカフェで「解答速報」を入手して答え合わせをしていました(彼は余裕で合格のようです)。早い事は悪いことではありませんが、ボーダーライン付近の方は一喜一憂することになります。つまり、速報を出す会社(学校)は数社あり、答えもバラバラで、この試験の場合毎年5~10問程度解答が違います。ずるいやり方ですが、後出しじゃんけんをする会社(学校)が一番信憑性が高いです。試験後2~7日は待って2~3社程度の「解答速報」を確認すれば十分だと思います。ここ6年間は53~61%の正答率(各科目に最低得点要)が合格ラインのようです。

3社の「解答速報」を比較して見る限りでは、何とか大丈夫な気もしますが...正式な合格発表は3月末です(祈)。

続きは次回に。


バイオハザード~ディジェネレーション。

2009年01月26日 | アニメ・ゲーム・コミック


昨夜(1月25日・日)0時過ぎに家内と札幌からJRで帰宅しました。就寝は朝4時過ぎでした。本日(26日・月)
は朝から寝不足で酷い胸焼けです(汗)。先週は慌しくて日記投稿する時間が取れませんでした。


本日は、昨年(2008年)12月末に発売されたDVDソフト「バイオハザード~ディジェネレーション」について投稿します。
私(KOBA)の大好きなゲームシリーズです。今回のDVDソフト「~ディジェネレーション(セル・オンリー)」は、
シリーズ初のCGフル映画として昨年10月に公開されました。実写版の3作と違い、
ストーリーも今までのゲームシリーズの内容や世界観を壊さないように慎重に制作されています。


主人公は過去のシリーズに何度か登場している♂レオン(~2、~4)と♀クレア(~2、~コードベロニカ)です。
新登場の♀アンジェラが今回のサブキャラとなっていますが、彼女は今後の作品でも登場する可能性があるのではないかと思います。
ストーリーの時間軸設定は「ラクーンシティ」消滅7年後であり、ゲームソフト「~4」以降、 3月5日発売予定のゲームソフト
「~5(主人公♂クリスと♀シェバ)」の間の事件(バイオテロ)の想定のようです。ゲームソフト 「~2」や「~4」
等をプレイした方にはとても面白いと思います。それ以外のファンには物足りないかもしれません。
よくあるアクションホラー映画です。CGに関しては次点(発展途上)と言った感想です。まだまだ改良の余地があると感じられました。
人物の腕が時に、とても長くて違和感を感じました。私はストーリーや世界観を優先的に重視しますので満足しました。


このDVDソフトは予約してありました。当初3パターンの販売ツール広告がされていたのですが、通常版に関しては、
初回限定版の在庫が無くなり次第発売という馬鹿げた販売手法でした。初回限定版は最悪なジェルケースでしたので、
常連店側でキャンセルして返品してくれました。ホント助かりました。購入した方は落として割れたり、
傷ついたらどうするのでしょうかねぇ。通常版(普通のトールケース)の発売まで約1ヶ月間待ちましたよ。
初回限定版の在庫が残っている店では未だに通常版が購入できません。装丁等が無頓着な方は、保管・
汚染等に関して全く問題にならないと思います。メーカー側はもっとマーケティングしてから発売して欲しいと思いますよ。


続きは次回に。






住宅リフォーム事業者登録制度説明会。

2009年01月15日 | 講習・研修・勉強会

昨日(1月14日・水)の午後から帯広市内の「とかちプラザ」で「北海道住宅リフォーム推進協議会」主催の
「北海道住宅リフォーム事業者登録制度説明会」が開催されました。十勝管内・帯広市は道内主要都市では最後の開催地です。
今回は108社の参加があったようです。我社からは弟の蛇メタと私(KOBA)が参加しました。


この制度は都道府県ごとに行政及び横断的な各団体が協議会を構成し、利用者に事業者の情報等を公表する制度です。
昨今問題となっている詐欺・悪質リフォーム業者の排除を目的にしています。登録には最低限のフィルター(規制)がかけられています。
それでもまだ不十分な制度だと思いますが、リフォーム業界の念願、待望の制度の第一歩になる事と思います。現在は誰でも、今からでも、
直ぐに開業できる無法地帯の状況です。財産状況・資格要件・許認可・経験年数・実績等の要件が全く必要ありません。
今回の制度は国家が本来行うべき制度だと思います。立法化を待っていたら、その間に益々被害は大きくなってしまいます。
そういう点では地方分権化の流れが適切なのかもしれません。


「~推進協議会」の構成団体は、(社)北海道建築技術協会、(財)北海道建築指導センター、(社)北海道建築士会、(社)
北海道建築士事務所協会、(有中)日本増改築産業協会北海道支部、(社)北海道宅地建物取引業協会、(社)北海道消費者協会、(社福)
北海道社会福祉協議会、(独)住宅金融支援機構北海道支店(旧住宅金融公庫)、北海道建設部住宅局建築指導課です。
これに賛助団体を加えると凄い面子であります。信頼度は最高ランクだと思います。


登録は、本年(2009年)2月から受付開始で、3月からはインターネット公表及び各行政庁等で業者情報が閲覧できる仕組のようです。
登録の有効期間は3年間で年会費らしきモノ(高額ではありません)が発生します。資格要件として6つの規制があり、
登録後の責務も6つあります。悪質業者は当然登録出来ない(しない)とは思いますが、
規制を逆手にとる確信犯が出てくる可能性は否定できません。我社は全く問題が無いので事業者登録をする予定です。


続きは次回に。




2009・謹賀新年。

2009年01月08日 | 日記・雑感


今年(2009年)最初の日記投稿となります。昨日(1月7日・水)から事務所と店舗は通常営業となりました。
今年も宜しく御願いします。


私(KOBA)の年末年始の「冬季休暇」は、2年連続勉強(昨年はレポート作成提出)で缶詰という異例な大晦日・正月でした。
今春で卒業予定なのでもう少しの辛抱です。その前に「社会福祉士国家試験」が1月25日(日)に札幌であります。
午前と午後の4時間で150問(五枝択一・マークシート方式)です。最終的には自分や家族のためになりますが、
優先順位としては会社や職員等のために必要なので我慢するしかありません。
こういう所も含めて先頭に立つ経営者の大変さを実感します。例年だと恒例の「クワガタ・カブトムシ」
の標本作成やショッピング等をしています。


昨年末(2008年)に推薦受験が終った長女(高3)は4日(日)から毎朝常連のアルバイト先(スイーツ店)へ出勤し、
同じく受験生である次女(中3)は4日(日)から毎日学習塾の冬期講習へ、長男(小5)は6日(金)から「バドミントン少年団」
再開で10日(土)と11日(日)は音更町で大会参加です。休暇中、弟の蛇メタと母親はパチンコ三昧だったようです。


昨日は家内と蛇メタに事務所と店舗の留守番を頼んで、今年初の「集会・会合」のため午前中は外出でした。地元の
「建設業協会新年交礼会」の出席のためでした。「~新年交礼会」は年頭の顔合わせ程度で正会員・準会員等の全員参加のものです。
一応、 今後の連絡事項等の報告が何件かありました。会長の乾杯の後、約1時間で解散となりました。
皆さん御土産を持って帰宅しました。


来週以降は業務講習会、札幌出張、国家試験受験、相談会開催等があります。殆どが土日の休日にあります。連日は嫌だなぁ(汗)


そんな中でも気分的にマイペースな一年を目指したいなぁ~と思っています。


続きは次回に。