アホ社長のブログ

家庭・仕事・公職・資格・音楽・楽器・昆虫・廃墟・プロレス・お笑い・映画・ゲーム・行事・団体活動等についての日記です。

現役バンドマン登場。

2006年07月31日 | へヴィメタル・音楽・ギター

7月も今日で終わりです。一昨日(29日・土)は家内(KOBA♀)と弟の蛇メタと共に「FP資格継続単位認定研修会」に出席、昨日(30日・日)は家内の「誕生日会」と父親(会長)の「退院祝い」を兼ねて家族8人で市内某店で夕食となりました。今月は私の「誕生日会」を含めて波乱万丈な月でありました。人生の折り返し?みたいなモノが「どさーっ」と来た感じです(苦笑)。特に「禁煙」は今のところ一番キツイです。「禁煙」後は指先全部が毎日痺れています。他にも色々な症状が出て来てました。1週間が過ぎましたが未だに凄い魔力ですわぁ(汗)。今後の身体と精神の変化に耐えられるのか少々心配でもあります。

今月は楽しい事も数多くありました。本日(31日・月)は「仕事関係」以外に「音楽関係」、「昆虫関係」、「廃墟関係」等のそれぞれのメンバー達が我社に来訪しました。そんな中、先日、地元金融機関(支店長代理です)に札幌から転勤して来た方(仮称Aさん)が何と!現役の「バンドマン(ギタリスト)」でした。札幌で2つのバンドを兼任しているようです。音楽のジャンルも「ハードロック&へヴィメタル」で音楽(ヘビメタ)雑誌「BURRN!」を1984年の創刊号から所持している猛者でありました。私(KOBA)の周りでこんな猛者と遭遇したのは弟の蛇メタ以外では22年間でやっと2人目です。勿論、私達”アホ兄弟”も創刊号から全部所持している大馬鹿野郎です。8月からは何人かで集まってヘビメタ等に関する情報交換をしましょう、という事になりました。「プチオフ会」の誕生ですね。私の会社ホームページでアホ社長日記(ブログ)等を読んで頂き、彼とは結果的に仕事にまで発展して行った経緯があります。

間口の広いジャンルですので御互いにかなり被る所があると思います。KZTさんやO君も彼の凄さは刺激になると思います。私達”アホ兄弟”も楽しみにしております。これも何かに貢献出来るような良い会になればと思いますけどね。私の場合は「評論家レベル」に達していますので知り合いになっておけば結構お得?だと思いますよ(爆)。

続きは次回に。


昆虫観察会。

2006年07月27日 | イベント・ボランティア

本日(7月27日・木)から私(KOBA)の長男(小3)の小学校は「夏休み」に入りました。朝9時20分に町役場職員が我社に私と長男を迎えに来ました。朝から快晴でどんどん気温も上昇しています。「TBFメンバー」のきにらさん、キリンさんから借りた展示用の外国産クワカブを所持して「芽室の森~クワガタ飼育場」へ向かいました。役場公用車のエアコンは大事な展示用クワカブのために全開でした。今回は約2時間の「ボランティア事業」で国産クワガタ・カブトムシとザリガニの生態・採集・飼育方法や外来種・環境問題等の講師や観察・採集のナビゲーター等が私の担当でありました。

到着後、役場担当職員と重いゲートを開けて、早速樹木の観察開始です。ミヤマクワガタ♂♀、ノコギリクワガタ♂♀が樹液を吸っています。あちらこちらでこのような現象が見られ長男も大喜びでした。10時頃、1台の大型バスに乗って30名程の親子連れが別の役場職員と共に到着しました。先に飼育場付近での昆虫採集開始です。私が樹木を蹴ると頭上からボタボタとクワガタが落下して来ます。足場が斜面で悪いため子供達は中々拾う事が出来ません(大きな♂は拾えますが小さな♀は難しい)。それでも高学年の小学生はそれなりに見付けて昆虫プラケース等に入れていました。

簡単なクワカブやザリガニの生態等の講習後は外国産のクワカブを見て触って大喜びの子供達でありました。終了後には御土産も町役場担当職員から子供達一人づつに手渡されました(参加賞です)。来年(2007年)もまた開催される事でしょう。今回の飼育場の事は参加者には秘密にして欲しいと伝えておきました。一部の公開とは言え多分情報は漏れると思います。今後の予防はそれなりに大変かもしれません。それでも善意に期待したいと思います。

私は禁煙による禁断症状と徹夜による疲労等で朝から大分錯乱?しておりました(苦笑)。子供達や親には危ない講師(先生)に見えたかもしれませんね(爆)。早くこのバタバタ状態から脱出したいです。

続きは次回に。


税務調査。

2006年07月26日 | 会社・仕事

7月24日(月)~26日(水)まで「法人税・消費税」に関する「税務調査」が我社で行われました。私(KOBA)が入社してからは3回目です。最初は平成3年、次が平成8年でした。今回の3回目は約10年振りとなります。役員変更や決算期変更等があると税務署職員は現れ易いです(爆)。今回は昨年、代表者変更・役員変更・株主追加変更等がありましたのでバッチリのタイミングだったのかもしれません。

毎朝9時30分~16時30分頃まで2人の若手職員が我社の隅の方で黙々と税務調査等をしていました。我社顧問の「公認会計士」兼「税理士」の所長が立会ってくれましたので何も心配はしていませんでした。別に違法な事もないし何ら問題はないと考えていますが、業務内容を職員に一々詳細に教えるのには骨が折れます。特に理工系の仕事を文系畑の方に分り易く教えるのはとても大変です。逆は比較的楽なのですが。今回の税務署職員は独身組2人の若い方でした。マニュアルは完璧なのでしょうが、人生・社会経験はまだまだこれからなので世間一般人が分るような当り前の事が「トンチンカンな質問」として出て来ました(苦笑)。彼らと会話していると何だか「人間不信」になりそうです。世間から一番嫌われている職業だと多分?思います。この職業を選択した勇気ある2人には今後も人間性を大事に精進して欲しいと願います。人間と言うより心の無いミュータント?と会話しているようでした。

明日(7月27日・木)は午前9時30分に町役場職員が私を送迎に来ます。「昆虫観察会」の講師のためです。ここ最近は身体の調子が悪い上に禁煙による「禁断症状」で集中力は欠けるし、注意力は散漫になるし、眠気は凄いし、少々錯乱もしており、と禁煙による弊害(症状)が今は出ています。何十年も喫煙して来たのですから嫌いにならないで止めるのは辛いですよ。徐々に克服して行くしかないです(辛い!)。私の場合は「煙草>酒」でしたのでこれに並ぶような「ストレス解消法」を見付けなければ早く死んでしまいそうです(汗)。禁煙や禁酒して早く死ぬパターンって多いですよね。私の周りでもいましたよ。人一倍健康に気を使ってスポーツで鍛えていたのに早死(病死)でしたよ。運命と言えばそれまでですが本人や家族にとってはどちらが良いのでしょうかねぇ。明日は錯乱状態か?

続きは次回に。


TBF・7月ミーティング「夏祭り打上会」。

2006年07月23日 | クワガタ・カブトムシ・TBF

本日(7月23日・日)第2話目の日記投稿です。昨日(7月22日・土)の「第5回・西帯広ニュータウン連合町内会夏祭り」終了後、21時30分から23時まで帯広市内の「ウエスタン(焼肉バイキング等)」でTBF・7月ミーティング「夏祭り打上会」が行われました。夏祭りの売上金で今年も食事代は手出し無しとなりました。寒い中、皆様の努力による成功報酬ですねぇ(笑)。

7月から12月まで代表幹事は青ちんさん、副代表幹事はキリンさんです。皆さんお腹が減り過ぎていたのか?代表幹事が挨拶する暇も無く「打上会」はスタートしました(笑)。今年の「離島採集旅行」等の話をネタに盛り上っていたようです。途中、新会員のブービーさんの入会挨拶がありましたが当初「ハンドルネーム(HN)」が決まらなくて皆さんからアイデアを提案して頂く事になりました。ラオウさん(北斗長兄)の後輩という事でアニメ「北斗の拳」の「トキ(北斗次兄)」が良いかなぁ~と本人は言っていましたが、直ぐに「TBFメンバー」に訂正され「ジャギ(北斗三男)」、「アミバ(トキ偽者)」、「獄長ウィグル」、「えひゃい(アミバ用語)」、「ぺやんぐ」、「ブービー」等の提案が出されました(爆)。最終的に「ブービー」が本人納得の下で決定しました(祝)。今後も頑張って欲しいと思います。来年(2007年)もまた皆さんとここで「打上会」をしたいですねぇ。締めは年長者のGORIさんの挨拶で宴は終了しました。私達の帰宅は23時20分頃でした。

今年は最後まで「売り子」をしていた私の長女(高1)も招待しました。私の長男(小3)も「打上会」に参加したかったようですが、本日(7月23日・日)朝8時から音更町で次女(中1)と共に「バドミントン大会」出場のため昨夜は泣く泣く帰宅しました。本日の送迎等は家内(KOBA♀)です。今夜は「芽室町商工夏祭り」で恒例の「花火大会」があります。

TBF・7月ミーティング「夏祭り打上会」参加者の皆々様です。中標津のDEMさん、GORIさん、こたにさん、きにらさん夫婦、スマイルさん、グルコースMさん、Kさん、アバロンさん、青ちんさん、松ノ落葉さん、新会員のブービーさん、弟の蛇メタと私(KOBA)&長女。次回のミーティング会場と日程は全く未定です。12月の「TBF忘年会」までないかもしれません。今年からは1回欠席すると6ヶ月位は御無沙汰となる可能性大となりますので御了承下さいませ。

続きは次回に。


第5回・西帯広ニュータウン連合町内会夏祭り。

2006年07月23日 | イベント・ボランティア

昨日(7月22日・土)15時から、帯広市の西公園で「第5回・西帯広ニュータウン連合町内会夏祭り」が行われました。今年で4年連続の参加となりました。

前日(21日・金)の夜は雨予報でしたので17時頃から弟の蛇メタと私(KOBA)は十勝川温泉某所でお祭り用の「アメリカザリガニ」の採集をしました。開始1時間強で約220匹捕獲(駆除?)しました。「第1回・廃墟ツアー」の時に下見をしたところ過去最高数が日中でも肉眼で観察できました。今回は全て素手での捕獲です。上流から追い込んで下流の流れの速い所(濁らない所)で待ち伏せして採りました。この採集方法は私達”アホ兄弟”の得意とするところです。観光地内ですので「衣装ケース大」に入った220匹のザリガニを見て東京方面からの観光客らが「食べるのかい~?」とか、採集方法を見て「名人技を見せて頂きました」とか言っていましたよ。19時頃には「TBF・ザリガニ釣り」責任者の中標津のDEMさんが到着しました。せっかく来たのですから300匹まで捕獲(駆除?)しようという事になりました(笑)。皆さんの集合時間である20時までには終了してしまいました。帰宅途中にキリンさん宅でお祭り提供用の採集クワガタ等を預って帰りました。

当日は15時からお祭り開始でした。毎年私達の参加は「VIP待遇」となっていて本当に有難い事だと感謝しています。今年のお祭りは天気予報次第という微妙な状態でした。雨は降らなかったものの気温が低くて参りました。寒さのため全体的に昨年より客足は鈍かったと思いますが、私達のブースは例年通りだったので?と思います。昨年と同様、大きく分けて「TBF(十勝ビートルファクトリー)」、クワカブショップの「A・GON」さん(きにらさん夫婦担当)&「スマイルビートル」さん(スマイルさん、Kさん、松ノ落葉さん担当)の3つの参加です。

ラオウさんと新会員のブービーさんは主催者本部内で「綿アメ作り」の担当でした。主催者も2人の貢献(絶えず行列状態でしたよ)に大喜びでありました。こたにさんは毎年恒例の「HP用写真撮影」の担当です。彼は確かな技術と才能を持っています。今年は人手不足で私と蛇メタが「TBF・クワカブ販売部門」の担当をしました。17時頃から私の長女(高1)が応援に来て最後まで販売してくれましたので助かりました。国産カブトムシ(十勝産)♂♀20ペアと♂のみ4頭は私の長男(小3)のブリード品を本人了解の下で提供させて頂きました。地元採集したミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、アカアシクワガタ等の提供はキリンさん、ラオウさん、DEMさん、蛇メタと私でした。さらに今回はGORIさん提供のブツにはとても助けられました。クワカブはほぼ完売しました。ザリガニ釣りでは予定通り150匹~は処分できたようです。残りは「ザリガニ釣り看板」等を作ってくれた別海の北かずさんの御土産(爬虫類用)となります。

差入れや応援等、皆さんの善意には本当に感謝しております。関係者皆様の友人・知人等も駆け付けて頂いて感謝感謝です。仕事帰りのグルコースMさんと青ちんさんも参加して頂いて「TBF」の売上(会費等)も何とかなりました。「会計係」担当のKさんに精算して頂いたところ昨年以上の売上があったようです。良かったですわぁ。終了後はまた主催者から来年の参加要請がありましたよ。

「夏祭り」参加者の皆々様です。中標津のDEMさん、きにらさん夫婦、スマイルさん、Kさん、松ノ落葉さん、ラオウさん、新会員のブービーさん、GORIさん、こたにさん、グルコースMさん、青ちんさん、弟の蛇メタと私(KOBA)&家内(KOBA♀)と長女&長男。

続きは次回に。


禁煙宣言?

2006年07月21日 | 家庭・健康

一部の仕事関係者や「TBFメンバー」等は知っていますが7月8日(土)の「TBF・札内夏フェスタ」のイベント御手伝いに長男(小3)と行っている最中、私(KOBA)の母親から携帯電話に連絡があり、私の父親(会長)が「脳内出血」で帯広市内の病院に入院したとの事でありました。この日は家内(KOBA♀)と弟の蛇メタは札幌へ出張中であり、長女(高1)は「学校祭」準備のため登校、次女(中1)は「部活動」のため登校、母親は5月末に他界した祖母の「49日法要」のため隣町の寺院へ行く事になっていましたが、急遽キャンセルして私の知人医師がいる脳外科病院へ父親を連れて行きました。もし、母親がキャンセルしていなければ我家には誰もいない状態でした。幸い軽くて済みました。6月末に急死した従兄弟のショックも原因のようです。2ヶ月連続の身内の不幸は精神的にも相当なストレスだったと思います。決定済の行事・イベント等の穴を空けられない私はいろんな面で四苦八苦でありました。何とか全てこなしましたけど。

家族は多いのに休日等は行事・イベント等で一斉にバラバラになるため家族間の日程・時間調整が今後の予防に非常に大事です。そのために携帯電話(現在5台)も1台追加しました。更にもう1台追加(6台目)する可能性もあります。

本日(21日・金)午後から父親は何とか無事に退院です。そのため長年煙草を喫煙して来た私と母親は自宅と会社事務所では禁煙する事になりました。外ではOKなのですがそのまま私は完全禁煙したいと思います(祈)。煙草を吸わない他の家族は大喜びなのですが余計な方へ走りそうで怖いですわぁ(汗)。

我社の駐車場造成工事も本日午前中にライン引が終わり何とか完成しました。「お客様専用駐車場」として9~10台分駐車可能です。明日(22日・土)から使用可能となります(祝)。来週24日(月)から3日間は10年振りの「税務調査」のため税務署職員が来ます。我社顧問の「公認会計士」兼「税理士」の所長(「資産相談・LLPオールインワン」の仲間です)も立会いますので何の心配もありませんけど。

本日夕方から明日のお祭り用の「アメリカザリガニ」を採集(駆除?)に蛇メタと会社を早退して行って来ます。今夜は雨が降りそうな感じですので御手伝いの皆さんより早めにやっておこうと思います。私はまだバタバタ状態が続いていてすっかり身体の調子が悪いですわぁ(悲)。

続きは次回に。


第1回・廃墟ツアー。

2006年07月16日 | 古民家・廃墟・ゴースト

昨日(7月15日・土)は久し振りの休日で私(KOBA)は「TBFメンバー」のカイロさんの店へ行き、弟の蛇メタと私の長男(小3)は「北愛国交流広場」で開催されている「とかち食彩祭2006」と同時開催の「第31回・国際農業機械店in帯広」へお笑いステージ出演の「笑い飯」のライブを見に行きました。長女(高1)は今日までの3日間「学校祭」で登校、次女(中1)は地元で今日までの2日間「バドミントン大会」に出場、家内(KOBA♀)はその応援等に行きました。

本日(7月16日・日)9時20分に自宅出発、10時に十勝管内の音更町某公園駐車場集合で「第1回・廃墟ツアー」を私達”アホ兄弟”と仕事上取引のあるKAさん(仮称、遺体は経験上見慣れています)、「音楽・映画仲間」でもあるO君の4人で決行しました。

最初に音更町某公園内にある有名な「水子地蔵」等が大量に並んでいる場所へ駐車場から徒歩で行きました。インターネットでは有名な場所ですが持参した「ゴーストレーダー」の反応は全く無く、神聖な場所だと皆さん感じていたようです。大体、墓地・火葬場や神社・仏閣という類は成仏されている神聖な場所だと認識していますのでさっさと切上げました。過去にもこの類は試しましたが反応はありませんでした。ここは全く怖くありません。夜間でも余裕だと思いますよ。

次はこれまたインターネットで有名な音更町の廃モーテルの「コ○モ」へ1台の車に相乗りで行きました。先月に蛇メタと下見はしていましたので迷う事も無く簡単に到着しました。コ○モ内部に進入すると管理人室らしき部屋のカレンダーの日付が1987年10月となっており、この辺りまでは多分営業していたと推測されます。ある客室内部では床が抜けていたりと危険な箇所も多々ありますので夜間の進入は遠慮した方が良いと思います。後は昼間でも懐中電灯は必修です。場所によってはかなり腐朽しています。誰かが最近進入したような形跡もありました。煙草の吸殻(相当な量)が新しいのでそう感じました。ヤンキーが集会でもしていたのでしょうか?それとも場所柄無料宿泊(ご休憩?)で男女の行為に至っていたのでしょうかねぇ(爆)。ここでも「ゴーストレーダー」の反応はありませんでした(悲)。とにかく換気がされていないので埃とカビのためか陰気臭いです。蛇メタ、KAさん、O君の3人で写真を撮っているのですが、いきなり蛇メタのデジカメに「オーブ」と呼ばれる球体が写りましたので撮り直しする事にしました。この「オーブ」と言われる球体は蒲団類のある所や埃の出る所では何処ででも写ります。まぁ、埃の粒子だと思った方が良いでしょう。中には違うモノもあるかもしれませんが、「スカイフィッシュ」が実は「ハエ」だったと言うようなモノです。それなりに満足した私達が駐車している車に向かおうとすると正面から管理人らしき初老の男性が私達に向かって来て声をかけてきました。いかにも文句がありそうです(汗)。まぁ、こういうヤバイ場所ですので、正直に今回の目的等を説明すると笑ってその場を去って行きました。カメラを持っていますので写真家集団だと思った事でしょう。こういう遭遇は過去の「離島採集旅行」等での経験から想定範囲内であります。最後の手段の名刺までは使用しませんでしたよ。今回は全然余裕でありました(笑)。

次に今回のメイン廃墟である音更町の通称「大○の家」と呼ばれていてインターネット上でも心霊ポイントとして怖くて有名な場所へ行く事になりました。その前に7月22日(土)に開催される「第5回・西帯広ニュータウン連合町内会夏祭り」に必要な「アメリカザリガニ」の調査に行きました。「十勝川温泉」の有名な場所であり、休日のためか沢山の家族等がザリガニを採り(釣り)に来ていました。水面を観察すると夜行性にもかかわらず相当数のザリガニが肉眼で観察出来ました。過去最高数ではないかと思います。繁殖し過ぎて隠れ家がもう溢れているといった感じです。多い所では30数匹が肉眼で観察出来ました。やはり害獣ですね。繁殖力が凄いです。毎年それなりに「TBFメンバー」が駆除しているのですがねぇ(苦笑)。更に音更町某公園内の「ウチダザリガニ」の調査にも行きました。短時間でそれなりに発見しました。こちらも害獣です。早く駆除した方が良いですね。

その後、メイン廃墟へ向かいました。ここは建築中に事故で何人も亡くなっているとか、幽霊に頭を殴られたとか、色々な噂がインターネット上に流れている場所です。近くに会社所有地を所持している「TBFメンバー」のFMさんに事前調査を依頼していて先日詳細な御報告を頂きました。FMさんにはとても感謝しております。簡単に説明すると、バブル期?に某業者(不動産屋と重機屋)がモーテルを官公庁及び地主に無断で建築し、躯体まで完成した段階で違法建築物として発覚しそのまま工事がストップし放置されたもののようです。敷地内の状況や建物内部の状況は本格的に建築・土木・造園(庭園)・不動産・重機(建設機械)関係等プロの私や蛇メタ、木材・建材・運搬等プロのO君が詳細に現地調査しました。入口のドア枠とその床付近はガラスの破片が凄く、夜間だと大怪我をする可能性が充分あります。建物内部には建築用仕上部材と住設備機器等が用意された状態のままで建物外部は枠組(BD)足場(仮設工事の状態)が工事途中の状態のままでした。更に敷地内にはバックホー(ユンボ)やブルドーザー等の重機類(建設機械)や小型マイクロバス等も放置されていました。「ゴーストレーダー」を持って庭園の門とあずまや(休憩所みたいなもの)の間でO君と庭園構造や名称の説明をしている途中、突然「ゴーストレーダー」に激しい反応が出ました。超~ビックリ!!結構長い時間反応していて大きな声で蛇メタとKAさんを直ぐに呼びました。蛇メタは「(ニホン)トカゲいたのかぁ~い?」と言って走って来ました(爆)。その激しい反応の状況を直ぐにKAさんとO君がデジカメで撮影しました。その後KAさんが写した写真を再生してみると不思議な光が写っていました。ホントに不思議です。これは一体何でしょうか?後で写真を届けてくれるようです。確かに反応時は背筋が寒かったような気がしますが、それ以上に「ゴーストレーダー」初体験の方がかな~り嬉しかったです(アホッす!)。私の場合は購入後からの約1年間何処で試しても全く反応がありませんでした(霊感センス無し!)。ちなみに、蛇メタは購入直後に1回だけ反応した経験があります。同じ場所でもう一度別の人達で色々と試しましたが二度と反応はありませんでした。説明書に記載された属性の説明では「影響範囲:狭、移動特性:有、身体影響:不明」となっていました。今回の経験からインターネット上の噂が全て都市伝説だとも思いませんがかなり誇張された話ではないかと思います。ブログ読者の皆様はどう思いますか?確かに科学では解明出来ないモノも存在して欲しいと私は思いますけど。

時間が少々余りましたので4人で「とかち食彩祭2006」へ行く事にしました。途中で昔、殺人事件の起こった場所へ行き、近くで他の趣味関係の用事を足し、某コンビニで13時頃に昼食を購入してO君の車内で食べました。会場到着後、蛇メタと共にソフトクリームを食べながら広い会場内を歩いていると某有名女性議員(元オリンピック選手)が何かの演説をしていました。会場は流石に混んでいましたねぇ。その後近くにある高層かつ変なデザインの建物(別荘の可能性があり)を4人で見学し、朝の集合場所である公園駐車場に戻りました。15時過ぎに解散となり皆さん帰宅する事になりました。

何とか無事に?「第1回・廃墟ツアー」は終了しました。私は15歳(中3)以来の本格的な「廃墟ツアー」でした。疲れましたけどとても楽しかったですよ。今後は徐々に「アホ仲間」も増えそうな雰囲気です(笑)。年内にも「第2回・廃墟ツアー」を行う予定でいます。今度は管外の「廃墟ツアー」になりそうな感じです。次回も物件調査担当者はO君の予定です。

続きは次回に。


国産クワカブ採集方法。

2006年07月11日 | クワガタ・カブトムシ・TBF

私達”アホ兄弟”が過去に採集した方法です。採集時の参考にでもして下さい。

「ヒメオオクワガタ(北海道)」→樹液・穴掘、「スジブトヒラタクワガタ(奄美大島・徳之島)」→果実トラップ、「ハチジョウヒラタクワガタ(八丈島)」→果実トラップ・材割・穴掘、「ツシマヒラタクワガタ(対馬)」→樹液・果実トラップ、「アマミヒラタクワガタ(奄美大島)」→樹液・外灯・果実トラップ、「トクノシマヒラタクワガタ(徳之島)」→樹液・外灯・果実&灯火トラップ・穴掘、「オキノエラブヒラタクワガタ(沖永良部島)」→材割・穴掘、「オキナワヒラタクワガタ(沖縄本島・久米島)」→樹液・外灯・果実トラップ、「サキシマヒラタクワガタ(石垣島・与那国島)」→樹液・外灯・果実トラップ・材割・穴掘・路上ルッキング、「コクワガタ(北海道・山梨・対馬)」→樹液・外灯・果実トラップ・材割、「ハチジョウコクワガタ(八丈島)」→外灯・材割・材起、「アマミコクワガタ(奄美大島)」→果実トラップ、「トクノシマコクワガタ(徳之島)」→果実トラップ、「オキナワコクワガタ(沖縄本島)」→外灯、「アカアシクワガタ(北海道)」→樹液・外灯・材割、「スジクワガタ(北海道・山梨・対馬)」→樹液・外灯・材割、「ノコギリクワガタ(北海道・対馬)」→樹液・外灯、「ハチジョウノコギリクワガタ(八丈島)」→材起・穴掘、「アマミノコギリクワガタ(奄美大島)」→樹液・外灯・果実トラップ、「トクノシマノコギリクワガタ(徳之島)」→樹液・外灯・果実トラップ、「オキノエラブノコギリクワガタ(沖永良部島)」→樹液、「オキナワノコギリクワガタ(沖縄本島)」→外灯、「クメジマノコギリクワガタ(久米島)」→樹液・外灯、「ヤエヤマノコギリクワガタ(石垣島)」→外灯、「ミヤマクワガタ(北海道)」→樹液・外灯・材起・路上ルッキング、「ヤエヤママルバネクワガタ(石垣島)」→穴掘、「ハチジョウネブトクワガタ(八丈島)」→外灯・材割、「アマミネブトクワガタ(奄美大島)」→果実トラップ、「オキノエラブネブトクワガタ(沖永良部島)」→材割・穴掘、「オキナワネブトクワガタ(沖縄本島)」→外灯、「オニクワガタ(北海道)」→外灯・材割、「チビクワガタ(八丈島)」→外灯・材割、「カブトムシ(北海道・山梨・対馬)」→樹液・外灯・果実トラップ・穴掘、「オキナワカブトムシ(沖縄本島)」→外灯、「クメジマカブトムシ(久米島)」→樹液・果実トラップ、「コカブトムシ(北海道)」→外灯、「アマミコカブトムシ(奄美大島)」→路上ルッキング、「オキナワコカブトムシ(久米島)」→路上ルッキング、「タイワンカブトムシ(徳之島・沖永良部島・沖縄本島・久米島・石垣島・与那国島)」→外灯・材割・路上ルッキング。

続きは次回に。


札内夏フェスタ。

2006年07月09日 | イベント・ボランティア

昨日(7月8日・土)は10時から札内中央公園で「札内夏フェスタ」が開催されました。今年度最初の「TBFイベント事業」で「TBFメンバー」のGORIさんが担当を努めるお祭り参加です。天気も良くお客さんの出足も好調で有難い事と思います。同じく協力店として「クワカブ・ショップ」の「A・GON」さんが同ブースにて参加しました。まだ地元では「クワカブ採集」に関して今年は出足が遅いようなので飼育(ブリード)品の昆虫くじがメインでした。他は生体・用品販売、展示・飼育相談等でありました。昆虫くじは子供達には何時も大人気です。私も子供の頃は駄菓子屋のくじが大好きでした。今は時代の流れか?昆虫が当たるのですから羨ましい限りですね。私と長男(小3)が10時頃到着した時には既にGORIさん、キリンさん、「A・GON」のきにらさんが出店を始めていました。その後、「スマイルビートル」のスマイルさんが差入れを届けに来てくれました。有難い事です。キリンさんの店でスマイルさん、ラオウさん家族と昼食を取り、午後からはラオウさん親子が参加しました。最終的には2時間延長して17時まで開催してたようです。私は長男と私用の為に15時過ぎに帰宅しました。この日は朝から学校祭準備のため登校する長女(高1)を帯広市内の学校まで送ってそのまま長男と私(KOBA)はお祭りを手伝いに行きました。家内(KOBA♀)と弟の蛇メタは札幌で講習でした。次女(中1)は13~19時過ぎまで部活動でした。子供達の送迎等は私が担当でした。家内は今夜のJRで友人と共に帰宅予定です。

本日(7月9日・日)午後から昨晩23時頃に札幌出張からJRで帰宅した蛇メタと本日は休日の松ノ落葉さんと共に「芽室の森~クワガタ飼育場」へ7月27日(木)に開催される「夏休み飼育場見学会」の事前調査のため出掛けました。これは私と蛇メタが担当の「ボランティア事業」で今後毎年恒例となるものです。平成13年から昨年までは「TBFボランティア事業」だったものを今年から私と蛇メタが引継ぐ事になった事業です。今年度の作業は町役場担当職員達によって無事に終了していました。TBF会員限定の免罪符(マスターキー)は現在松ノ落葉さんが預っています。近々私に返還されると思います。これで免罪符所持者は合計7人となりました。今後の「TBFイベント事業」としては7月22日(土・西帯広)と8月27日(日・幕別町)が決定しており、8月6日(日・大樹町)には「クワカブ・ショップ」の「スマイルビートル」さんの事業も決定しています。シーズン到来のためまだ増える可能性もあります。TBF会員は決して無理のないように参加して欲しいと思います。

続きは次回に。


旅行後の我家。

2006年07月06日 | 家庭・健康

「離島採集旅行」で会社業務を1週間も休んだため、帰宅後翌日の土日(定休日)は事務所で仕事をしていました。膨大な量の郵便物やFAX、特にメールは300通以上はあったと思います(殆どが迷惑メールですけど)。更に今回も御世話になった某新聞記者(札幌在住)からの旅行感想等の連絡も翌日あり、慌てて「離島採集記録Ⅸ~沖縄県与那国島」を数時間かけて日記投稿もしました。旅行中には父方の親族の不幸もありました。

採集旅行からの帰宅後、我家の「ヘルメットゲッコー」は既に☆になっておりました。3年飼育しましたが残念な結果です(悲)。餌等は旅行前日に補給しておいたのですが。「ピグミージェルボア(飛びネズミ)」や「ヒョウモントカゲモドキ」は元気でありました。愛猫♂エース君やカメ、金魚等も元気です。

採集旅行のクワカブ・雑虫類・爬虫類等の御土産は帰宅後直ぐに「TBFメンバー」や「クワカブ・ショップ」の手に全て渡りました。7月1日(土)から皆さんに順次取りに来て頂いて私の担当分(クワカブ・雑虫類)は4日(火)までに終りました。弟の蛇メタの担当分(爬虫類)も今日(6日・木)で配り終るようです。私(KOBA)の手元には標本用クワカブ♂が5種類9頭だけ残りました。

私達”アホ兄弟”は下半身(膝より下)がダニにやられていて各自10ヶ所程痕になって残っています。今回は慣れのせいか?採集のリスク管理対策が少々不十分でありました(苦笑)。

毎晩、私はTV番組「Dr.コトー診療所」のDVDソフトを蛇メタから借りて「与那国島」のノスタルジーに浸っております。10月放映予定の続編も楽しみです。

7月7日(金)午後からは「建設関連企業安全決起大会」に会社全員出席で、そのまま夕方のJRで家内(KOBA♀)と蛇メタは9日(日)まで「資格関係講習」のため札幌出張です。8日(土)はGORIさん担当の「札内夏フェスタ」があり、私は長男(小3)を連れてクワカブ飼育相談担当の予定です。9日(日)午後からは「芽室の森~クワガタ飼育場」を松ノ落葉さんと事前調査予定です。これは27日(木)10時から開催される町役場から依頼のあった「夏休み飼育場見学会」の講師をしなければならないからです。12日(水)と26日(水)は音楽関係で、15日(土)午後はカイロさんの店、16日(日)と17日(月・海の日)は”アホ仲間”と管内の「廃墟ツアー」、22日(土)には毎年恒例の「西帯広ニュータウン連合町内会夏祭り」と夜の「TBF・7月ミーティング兼打上会」、前日(21日・金)夜にはお祭り用の「アメリカザリガニ採集」、29日(土)は「FP継続単位研修会」等と行事・イベントだらけです。家族の分まで挙げるとかなりの数です。

本日午後からは長男の「小学校参観日」と「学級行事」のため家内が出席です。来週以降は子供達の学校祭、各種大会、参観日等の行事が多くなり家内は送迎等で大変だと思います。夫婦で可能な限り分担しなければなりません。私の身体の方は少々ボロになって来ております(汗)。

続きは次回に。


離島採集記録Ⅸ~沖縄県本島・与那国島・石垣島。

2006年07月01日 | クワガタ・カブトムシ・TBF

平成18年6月23日~6月30日、沖縄県本島・与那国島・石垣島。

今回は日本最西端で蝶屋の憧れの地、更に世界最大の蛾であるヨナグニサンの産地でもある「与那国島採集旅行」へ私(KOBA)と弟の蛇メタの他に知人、「TBFメンバー」の松ノ落葉さん、中標津のDEMさんの5人で行く事になった。家族以外では初めての「離島採集旅行」である。6月に決行するのも初めてである。航空券等の手配は今年も新聞記者のKさんが全てやってくれたので感謝感謝である。私は出発2日前の「FP懇親会」で不覚にもすっかり風邪を引いてしまった。同様に松ノ落葉さんも風邪薬を常備しての旅行である。体調は過去最悪の条件である。自分自身に情けない気持ちである。滞在中、私は風邪薬1瓶を飲み尽くしてしまった。

6月23日(金) 芽室→とかち帯広空港→東京国際(羽田)空港→沖縄那覇空港→レンタカー屋→沖縄那覇某ホテル。朝8時30分に自宅を車で出発。とかち帯広空港前で皆さんと待合せ飛行機で離陸。夕方、沖縄那覇に無事到着。某ホテルへ荷物を降ろして那覇の「国際通り」で夕食を取る事にした。宿泊ホテルは「国際通り」に面していて3日前にオープンしたばかりの洒落たホテルであった。私と同じく風邪のため体調を崩してダウンした松ノ落葉さんをホテルに残して4人で夕食を取った。18時頃DEMさん、蛇メタ、私の3人で北端の「やんばる」へ外灯採集に行く事にした(知人は観光)。高速道路を利用して約3時間後に「やんばる」に到着。前回(2003年)「クワカブ」を採集した場所を巡り、最初に私がオキナワヒラタ♂、次に蛇メタがオキナワノコギリ♀、更にDEMさんが「やんばる」特産品のオキナワコクワ(リュウキュウコクワ)♂をゲット。「沖縄本島」ではこの日、外灯採集でオキナワヒラタ♂4♀7、オキナワコクワ♂2♀1、オキナワノコギリ♂1♀2、他(雑虫・爬虫類)であった。前回採れなかったオキナワコクワ♀を蛇メタが採集したのでこれでリベンジには成功した。嬉しい~。梅雨明けのためかまだ「クワカブ」に関しては発生初期という感じがした。ここは「クワカブ」に関して、毒蛇ハブを気にしなければ(そんな命知らずはいないかぁ?)初心者向きの島だと思う(オキナワマルバネ除く)。ホテルへ帰宅後の睡眠時間は約3時間弱であった。風邪で体調の悪い私には口に出せない苦しさであったが気力で頑張った。これが恒例の「採集旅行(地獄の修行)」の厳しさである(苦笑)。

6月24日(土) 沖縄那覇某ホテル→沖縄那覇空港→石垣空港→与那国空港→レンタカー屋→与那国島某ホテル。朝6時30分集合で朝一番の飛行機で「与那国島」へ向かう。午前中に到着。到着後、某ホテルに行ってビックリであった。エアコンが1時間100円取られるのである。決してホテル代は安くはないのにも関わらずに。何故ここのホテルしか無かったのかには理由がある。TV番組「Dr.コトー診療所」の続編のため島中のホテルが番組スタッフ等に長期で押さえられていたのである。丁度、宿泊ホテル前で番組撮影が行われていた。間近で数名の有名芸能人が見れたのは偶然ではあるが嬉しかった(特に番組ファンである蛇メタは)。話を戻すが、インターネットでこの某ホテルの悪評判は事前に知っていたのだが今回は他に宿泊施設が無いので仕方なかった。私達”アホ兄弟”の過去の「離島採集旅行」の中でも最悪のホテルであった。4日間宿泊してタオル等の交換も無し、ゴミ箱の回収も無し、歯ブラシも無し、蒲団類はそのまま、ティッシュも無くなればそのまま等、挙げれば切が無い程だ。今後宿泊される方は「サービスは無し!」と思った方が良い。唯一景色だけが良いというところが救われるかも知れない。先ずはDEMさん希望の「アヤミハビル館」へ4人で行き、その後ホテルへ先に送っておいた果実トラップを仕掛けに島のポイントを探す事にした。それにしても週末のせいか迷蝶(台湾産等)を狙って採集に来ている採集者がかなり多い。レンタルバイクで採集している採集者が多かった。採集スタイルはテキスト通りのような感じである(笑)。夜は外灯・路上ルッキング(夜)採集で松ノ落葉さんがサキシマヒラタ♂(与那国島産)を先ずゲットし、次に私がタイワンカブト♂(与那国島産)をゲットした。この日は最終的にサキシマヒラタ♂1♀9、タイワンカブト♂1♀1、他(雑虫・爬虫類)の結果であった。夜は一緒に行動した「スネークハンター」のDEMさんが地元貴重種の大蛇であるヨナグニシュウダを格闘の末捕獲した。いゃ~大したヤツです(笑)。しっかりと見学させてもらいました。車内は臭蛇(シュウダ)の悪臭が...。他にもDEMさんは小~中型蛇サキシママダラも捕獲した。蛇メタも日中、貴重種と言われているサキシマキノボリトカゲ(与那国島亜種)を早々とゲット。知人はTV番組ロケ見学と観光の一日だったようだ。

6月25日(日) 朝から貴重種のヨナグニネブトを採集するため3ヶ所の山へ入る事にする。また「野人」になる時が来たのかという感じだ。本心はやりたくない!厚着3点セットの上、32℃の暑さ+高湿度の中での材割採集である。「自殺セット」みたいなものである(笑)。厚着をしてサウナに入っている状況が長時間続く感じ、と言えば分り易いかなぁ。ついでに重労働付である。長年経験(卒業していない)している私達”アホ兄弟”はこの異常な行為に打ち勝つ事が出来るが、文明人である常識人とか「なんちゃって採集者」は絶対にやってはいけない行為である。この過酷な状況では本当に死ぬかもしれません。というより無理です。断言しますわ。倒木中にはサキシマヒラタの幼虫やヤエヤマサソリ(与那国島産)、ゴキブリ等は早々と発見出来るが、ヨナグニネブトはヒットしない(悲)。松ノ落葉さんの体調を考慮した結果早々に切上げる事にした。今回の採集目標であったヨナグニネブトはこの時点で諦める事にした。それでも過去に幼虫を採集していないタイワンカブトの幼虫を蛇メタが発見出来たのは結構嬉しかった。灯火トラップを某有名ポイントで試みたが「クワカブ」は採れなかった(悲)。前日夜にはここで同業者が灯火トラップをやっていた。外灯採集の某ポイントでは3人組(♂2♀1)の同業者に出会った。この日は最終的にサキシマヒラタ♂6♀16幼虫3、タイワンカブト♂1幼虫3、他(雑虫・爬虫類)という結果であった。夜、別のレンタカーで蛇捕獲に行ったDEMさんが前日以上の成果を上げた。彼は大満足のためか?異様にテンションが高かった気がした(何時もだけど...笑)。メガンテの呪文を使うのも時間の問題かもしれない(爆)。旅慣れしている知人はマイペースで観光してたと思う。

6月26日(月) 知人は午前中の観光の後、一足早く「石垣島」へ飛行機で向かった。到着後、彼はその後「竹富島」→「宮古島」→「沖縄本島」へ向かったようだ。この日から目的を達成したDEMさんは観光のため「採集組」の私達”アホ兄弟”とはそれぞれ別行動となった。これはライト感覚の「観光組」とハードな「採集組」では本来の旅行目的や価値観が根本的に異なるため止むを得ないのである。自由行動は御互いが気を使わなくて良いのでどちらにもプラスである。まだ体調不良の松ノ落葉さんをDEMさんに御願いして「観光組」の方へ。蛇メタとの話合いの結果、前日のヨナグニネブトを諦めたので過去最高の数量を求める目標に変更した。これでプレッシャーから開放されたので2人共「イケイケ状態」である(爆)。先ずは樹液採集をする事にした。これも猛暑の中、散策道等の山道を長時間に渡り数kmも歩くために材割採集の次に辛い。歩き始めて数分後、私がサキシマヒラタの鈴なりの樹木を発見した。嬉しい~。この後、某採集地にて札幌からツーリングで来た若いカップルに出会って話しかけられた。私達”アホ兄弟”の事を「研究者ですかぁ?」と聞いて来た(笑)。それにしてもこんな何も無い小さな島なのに「Dr.コトー診療所」続編ロケの追っかけみたいな若い観光客が結構多い。夜には松ノ落葉さんも復帰してトラップ・外灯・路上ルッキング(夜)採集をした。この日はサキシマヒラタ♂22♀24、タイワンカブト♂1、他(雑虫・爬虫類)と言う結果であった。数を採るだけなら南西諸島ではヒラタクワガタ系は比較的楽である。しかし、採集方法や生育環境等が見抜けなければ玉砕する可能性もあり。他には夜、路上(水田付近)を横断するミナミイシガメを2頭発見した。 

6月27日(火) 朝から4人で島の観光ドライブ等をする事にした。途中で蛇メタとDEMさんは爬虫類採集を始めた(笑)。偶然、観光地に貴重品がかなり目撃されたのである。私はこの日、観光で気が抜けたのか?朝から額を2cm程切り出血、更にビデオ撮影中にTV番組ロケ地の梯子頂上(「Dr.コトー診療所」の屋上)から落下して両腕・片足等を怪我し数箇所出血した。痛みには強い方なので自分自身の中では心配はない。今までの採集の時はこんな事は余りないのだが、今回は気分的に参った。自分のペース配分(注意力等)がかなり狂ったのかもしれない、いや歳かもしれない(苦笑)。この日の夜は樹液・トラップ・外灯・路上ルッキング(夜)採集でサキシマヒラタ♂9♀21、他(雑虫・爬虫類)であった。今回は既に材割採集を止めたので用具類は自宅に送る事にした。ここは「クワカブ」に関しては中~上級者向けの島だと思う(絶滅危惧種ヨナグニマルバネ除く)。

6月28日(水) 与那国島某ホテル→レンタカー屋→与那国空港→石垣空港→レンタカー屋→石垣島某ホテル。4人で昼頃の飛行機にて「石垣島」に向かう。到着後ホテル(昨年開業のホテル)に荷物を降ろして4人で観光地にて昼食を取る事にした。ここでは展示されている毒蛇ハブ生体も見て来た。当初の計画では「西表島」と「由布島」に観光で行く予定であったが、日程的に短いと言う事で断念した。その後は「観光組」、「採集組」はそれぞれ別行動する事になった。前回(2002年)採集した場所で松ノ落葉さんが樹液採集でサキシマヒラタ♂(石垣島産)をいきなりゲット。彼もここに来て徐々に進化しているようだ(笑)。その夜、私がタイワンカブト♂(石垣島産)、更に蛇メタが特産品(貴重種)のヤエヤマノコギリ♀(石垣島産)をゲット。ヤエヤマノコギリの♀は前回の採集で採れなかったのでリベンジに成功した。良かったなぁ。この日は他の趣味関係で用を足した後、外灯・ルッキング(夜)採集でサキシマヒラタ♂7♀2、ヤエヤマノコギリ♀1、タイワンカブト♂3♀1、他(雑虫・爬虫類)という結果だった。前回の採集同様、この島での外灯採集のライバル(同業者)は害獣のオオヒキガエル(毒性あり)であり、こいつらより先に「クワカブ」を発見しないと動く物は全部食べられてしまうのである。特に「クワカブ系」は大好物で自販機の灯り付近では多い所で10匹程自販機前で待機している。夜になれば灯りの付近や道路には何処にでも出現する。気持ち悪いというより滑稽で思わず笑ってしまう。突付くとカメムシに似た臭いを発するのも今回の発見であった。他に天然記念物のセマルハコガメも夜に路上で発見した。「石垣島」での外灯採集はこいつらのせいで割に合わないので樹液・トラップ・材割採集をした方が効率が良いと思う。

6月29日(木) 朝から「観光組」と「採集組」はそれぞれ別行動となった。前回採集のポイント近くの樹液で蛇メタが2ヶ所のサキシマヒラタの鈴なりの樹木を発見した。それなりに高いところに付いているので私が前回同様樹木に登る事にした。樹液の付近の洞に住着いているサキシマヒラタもピンセットで格闘の末取り出した。更に根元付近の隙間に入り込んでいるサキシマヒラタもピンセットで取り出した。夜にも行ってみると日中と同じ様に鈴なりになっていた。この日は樹液・外灯採集でサキシマヒラタ♂13♀15、他(雑虫・爬虫類)という結果であった。ヤエヤマネブトは材割採集用具を既に自宅へ送ってしまったので諦めた(悲)。採集の途中テーマパークや鍾乳洞等の観光地も数ヶ所巡った。ここは「クワカブ」に関しては中級者向けの島だと思う(ヤエヤママルバネ除く)。

6月30日(金) 石垣島某ホテル→レンタカー屋→石垣空港→沖縄那覇空港→東京国際(羽田)空港→とかち帯広空港→芽室。午前中に用を足し4人で帰宅する。途中の沖縄那覇空港で知人と合流し飛行機を乗り継ぎながら20時頃にとかち帯広空港に到着した。ここで皆さんとは解散。自宅到着は21時頃だった。今回も野生のサキシマハブ(石垣島産)を発見する事は出来なかった。ビデオ撮影したかったのだが...残念!早かったような遅かったような「離島採集旅行」であったが、天気も晴れの日が続き結果オーライである。採集数記録も過去一番となった。しかし、これは私達”アホ兄弟”には妥協の一番である。数々の経験を積んだプロに数量目標では甘いのである。やはり少量で良いから種類優先だと思う。特に外灯採集で道路上に見えている「クワカブ」は採集と言うより拾得と言うべきである。大金を使い限られた時間内で採集に来た以上、楽して親子や仲間等で採るという採り方(これは地元では私もしてます)とは根本的に考え方が全く違うのである。どれだけ難易度の高い離島であっても採れなければ私達”アホ兄弟”は負けなのである。この悔しさが次ぎの新しい離島では経験になって行くのである。贅沢な悩みだがリベンジ成功や新発見等もあり取り合えず赤点では無かったと思う(笑)。しかし焼けたなぁ~痒いですわぁ。新デジカメで写真も一杯撮ったし。DEMさんは誰が見ても現地人と同化してたと思うし、松ノ落葉さんは「採集の広さ・深さ」等を知りとても良い経験になったと思う。知人はマイペースだし。良くも悪くも皆さんには忘れられない「思い出」になったのでは?と思う。皆さんは間違いなくレベルアップしたはずだ。来年(2007年)は余り行きたくない「鹿児島県屋久島」へ行く計画である(苦笑)...変更の可能性もあり。

採集結果(樹液・外灯・トラップ・材割・路上ルッキング)→オキナワヒラタ♂4♀7、オキナワコクワ(リュウキュウコクワ)♂2♀1、オキナワノコギリ♂1♀2、サキシマヒラタ(与那国島産)♂38♀70幼虫3、タイワンカブト♂3♀1幼虫3(与那国島産)、サキシマヒラタ(石垣島産)♂20♀17、ヤエヤマノコギリ(石垣島産)♀1、タイワンカブト(石垣島産)♂3♀1、その他に雑虫類多数(ハナムグリ、コガネムシ、タマムシ、カミキリ、コメツキ、ゾウムシ、キマワリ、カマキリ、サソリ、サソリモドキ、ゴキブリ、ゴミムシ等)、爬虫類(キノボリトカゲ、ミナミヤモリ等)。

続きは次回に。