gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

df

2017-11-17 16:27:01 | 日記
原田美枝子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/原田美枝子
原田 美枝子(はらだ みえこ、本名;石橋 美枝子、1958年12月26日 - )は、東京都出身の日本の女優。原田三枝子とも。身長157cm。血液型A型。夫は俳優の石橋凌。3児の母(次女は石橋静河)。所属事務所は舞プロモーション。
‎石橋凌 · ‎石橋静河 · ‎恋は緑の風の中
原田美枝子が旦那の石橋凌の過ちを許したのは子供の為? | 注目女優の ...
joyuslife.info/archives/696
ベテラン大女優の原田美枝子さんですが、 この人は若いときから半端ではない 覚悟を持って芸能界を勝ち抜いてきた方・・・
‎旦那・子供 · ‎旦那・石橋凌の犯した過ち · ‎家族の対応
女優、原田美枝子さんと俳優、石橋凌さんの3人の子供達は今?!|
entertainment-topics.jp › 女優
2015/06/29 - 女優、原田美枝子さんと俳優、石橋凌さんとの間には子供が3人おり、石橋凌さんがアメリカ人女性と不倫、その女性との間にも子供が1人います。夫の不倫がきっかけで原田美枝子さんは離婚か?!と騒がれましたが、原田美枝子さんと3人の ...
【画像あり】石橋凌&原田美枝子の娘、石橋静河が芸能界デビュー!「イラッ ...
https://moneytalk.tokyo › 芸能・エンタメ
石橋凌さんと原田美枝子さんの娘である石橋静河(いしばししずか)さんが芸能界デビューしました。石橋静河さんといえば、ギリシャヨーグルトのC...
原田美枝子が隠し子を持つ石橋凌と離婚しない理由とは?!子供はみんな ...
mametetsu.com/harada/
2017/03/30 - 原田さんが高校生で映画デビューしたときには、映画の仕事にかける半端ない覚悟がありました!それは彼女が出演した映画を見ればわかります。彼女は石橋凌さんと結婚しましたが、彼は彼女に隠れて不倫をして子供まで作っていました!
‎デビュー直後から迫真の演技! · ‎旦那に隠し子がいた! · ‎裏切られたのに離婚しない ...
原田美枝子の離婚の噂の旦那と子供は?若い頃の画像がすごい! | 芸能 ...
jyare.com › 女性有名人(は行)
原田美枝子の離婚を噂される旦那の隠し子. 原田美枝子さんの旦那である石橋凌さんに不倫や隠し子が発覚したのが 2001年のことです。 石橋凌さんはクラブ勤めをしていた米国人女性と不倫関係になったそうで・・・. さらには当時5歳の子供がいることまで発覚 ...
石橋凌の嫁・原田美枝子との離婚の噂が?娘はミュージシャンなの ...
芸能人の嫁特集.com/2017/07/19/石橋凌の嫁・原田美枝子との離婚の噂が?娘はミ/
2017/07/19 - 1.1 石橋凌さんはこんな方; 1.2 きっかけは松田優作さん; 1.3 嫁は女優の原田美枝子さん; 1.4 そんな原田美枝子さんと離婚の噂が? 1.5 娘がいるの?ミュージションなの? 1.5.1 次女は女優の石橋静河さん. 1.5.1.1 「夜空はいつでも最高密度 ...
石橋凌&原田美枝子の娘・石橋静河、映画初主演「たくさん戦った ...
https://www.oricon.co.jp/news/2089339/full/
2017/04/17 - ニュース| 俳優・石橋凌(60)と原田美枝子(58)の娘で女優の石橋静河(22)が17日、都内で行われた映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台あいさつに出席。同作で映画初主演を務めた石橋は「たくさん戦って、たくさんの人 ...
石橋静河の母親は原田美枝子だった!Wikiやプロフ、家族構成を調査 ...
mirepapa.jp/2182.html
2016/05/07 - ヨーグルト好きですかぁ~? 俺は毎日食ってますよ、健康のために! そんなヨーグルトのCMに出る女優さんが綺麗だと話題になってます。 そうです。『石橋静河』さんです。 なんでも、お母さんが超有名な女優さんなんだとか 気になりますねぇ~ ...
石橋凌&原田美枝子の愛娘、石橋静河が芸能界デビュー ギリシャ ...
石橋 美枝子 の動画検索結果▶ 2:14
https://www.youtube.com/watch?v=ONRrqX5SHeU
2016/05/31 - アップロード元: ボケて&トレンドチャンネル
SHOUT of SOUL (Blu-ray Disc) http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00B49IR1K?ie=UTF8&camp=247 ...
石橋 美枝子に関連する検索キーワード
原田美枝子 子供
原田美枝子 映画
原田美枝子 ドラマ
原田美枝子 cm
原田美枝子 勝新太郎
石橋凌
原田美枝子 愛を乞うひと
石橋静香
石橋静河 画像
原田美枝子 乱
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
次へ
コメント

2017-11-17 16:24:49 | 日記
枝子
www.my-pro.co.jp/aa/harada.html
原田 美枝子 (はらだ みえこ). 【出身地】 東京都 【特技】 英会話、乗馬. 【 映画 】 『恋は緑の風の中』[家城巳代治監督](家城プロ・東宝) 1974 『大地の子守歌』[増村保造監督](行動社・松竹) 1976 『青春の殺人者』[長谷川和彦監督](ATG) 1976 『ミスター・ ...
原田美枝子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/原田美枝子
原田 美枝子(はらだ みえこ、本名;石橋 美枝子、1958年12月26日 - )は、東京都出身の日本の女優。原田三枝子とも。身長157cm。血液型A型。夫は俳優の石橋凌。3児の母(次女は石橋静河)。所属事務所は舞プロモーション。
‎石橋凌 · ‎石橋静河 · ‎恋は緑の風の中
原田美枝子が旦那の石橋凌の過ちを許したのは子供の為? | 注目女優の ...
joyuslife.info/archives/696
ベテラン大女優の原田美枝子さんですが、 この人は若いときから半端ではない 覚悟を持って芸能界を勝ち抜いてきた方・・・
‎旦那・子供 · ‎旦那・石橋凌の犯した過ち · ‎家族の対応
トップニュース
【イベントレポート】TSUTAYAの新人発掘企画グランプリ決定、審査員・原田美枝子が参加者にエール
映画ナタリー · 4時間前
「原田 美枝子」のその他のニュース
原田美枝子の離婚の噂の旦那と子供は?若い頃の画像がすごい! | 芸能 ...
jyare.com › 女性有名人(は行)
原田美枝子さんは女優さんで多くのドラマでよくみる活躍している方ですね。 原田美枝子さんは1958年12月26日生まれなので、2015年で57歳になります。 幼少期から成人するまで母親が住み込みで管理人をしていた東京都豊島区のマンションに暮らしていた ...
原田美枝子、美しいだけじゃなく演技もすごい女優について知っておきたい9 ...
https://ciatr.jp › 映画
2017/07/06 - 15歳での女優デビューしてから、『愛を乞うひと』、『大地の子守歌』等、多くの映画に出演してきた原田美枝子。女優として長いキャリアを持ちますが、現在は3児の母でもあります。そんなベテラン女優・原田美枝子の知っておきたい9つの事実を ...
原田美枝子 - 映画.com
eiga.com › 俳優・監督
原田美枝子の新作映画、写真、画像、動画、関連ニュースの情報。74年、15歳で家城巳代治監督作「恋は緑の風の中」の主演でデビューを飾る。76年に出演した「大地の子守歌」「青春の殺人者」でブルーリボン賞やキネマ旬報主演女優賞などを受賞し、注目を ...
原田美枝子が隠し子を持つ石橋凌と離婚しない理由とは?!子供はみんな ...
mametetsu.com › 女優
2017/03/30 - 原田さんが高校生で映画デビューしたときには、映画の仕事にかける半端ない覚悟がありました!それは彼女が出演した映画を見ればわかります。彼女は石橋凌さんと結婚しましたが、彼は彼女に隠れて不倫をして子供まで作っていました!
原田美枝子とは - タレントデータベース Weblio辞書
https://www.weblio.jp/content/原田美枝子
原田美枝子とは?タレントデータベース。 原田美枝子の画像芸名原田 美枝子芸名フリガナはらだ みえこ性別女性星座やぎ座血液型A出身地東京都身長157 cmURLhttp://www.my-pro.co.jp/aa/harada.htmlデビュ...
顔画像あり!石橋凌と原田美枝子の子供、石橋静河が女優デビューで話題!
nekonikoban9.blog.so-net.ne.jp/2016-06-01
2016/06/01 - 『ギリシャヨーグルト』のCMに3月から出演中の女優が今注目されています! 石橋凌さんと原田美枝子さんの子供、 石橋静河さん。 くりくりとした目が印象的なルックスは、夏目みくさん似だと、 インターネット上でも話題になっています! 石橋静 ...
原田 美枝子に関連する検索キーワード
原田美枝子 夫
原田美枝子 映画
原田美枝子 ドラマ
原田美枝子 cm
原田美枝子 勝新太郎
原田美枝子 愛を乞うひと
原田美枝子 乱
原田美枝子 北の国から
原田美枝子 化粧品
原田美枝子 髪型
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
次へ
コメント

2017-11-17 16:24:09 | 日記
原田美枝子
はらだ みえこ
原田 美枝子
本名 石橋 美枝子
生年月日 1958年12月26日(58歳)
出生地 日本の旗 日本, 東京都
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台、ナレーション
活動期間 1974年 - 現在
配偶者 石橋凌
著名な家族 石橋静河(次女)
主な作品
映画
『恋は緑の風の中』
『青春の殺人者』
『乱』
『火宅の人』
『愛を乞うひと』
『雨あがる』
『蜩ノ記』
テレビドラマ
『北の国から』
『太平記』
『華麗なる一族』
[表示] 受賞
備考
日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞の両方を受賞した女優(優秀賞も含めると通算6度受賞)
表示
原田 美枝子(はらだ みえこ、本名;石橋 美枝子、1958年12月26日 - )は、東京都出身の日本の女優。原田三枝子とも。身長157cm。血液型A型。夫は俳優の石橋凌。3児の母(次女は石橋静河[1])。所属事務所は舞プロモーション。
目次 [非表示]
1 来歴・人物
2 出演
2.1 映画
2.2 劇場版アニメ
2.3 テレビドラマ
2.4 テレビドラマ(単発)
2.5 その他のテレビ番組
2.6 CM
3 受賞歴
4 書籍
5 脚注
6 参考文献
7 外部リンク
来歴・人物[編集]
幼少期から成人するまでは母が住み込みで管理人をしていた東京都豊島区南大塚1丁目の『稲和マンション』1階の管理人室に居住しており(現在『稲和マンション』は取り壊され、新たな物件が建っている)、当時、先輩で役者友達だった佐藤佑介がよく遊びに来ていた。
中学2年生だった1972年、マーク・レスター主演の映画『卒業旅行 Little Adventurer』の相手役オーディションに応募したが落選[2]。しばらくしてある芸能プロダクションの誘いを受けて加入したのち、サンミュージックプロダクションに移籍した[2]。アイドル全盛の当時、原田も歌手としてデビューする話で進んでいたが、当人は乗り気ではなく、「勉強のために」と勧められて日活児童映画『ともだち』(澤田幸弘監督、1974年7月24日公開)に、主人公の少年の姉役として出演した[3]。東京都立工芸高等学校入学後の1974年、『恋は緑の風の中』に出演し、これが正式デビューとなった。しかし映画にヌードシーンがあったため、公開後の高校1年生の3学期に芸能活動の便宜上、東京都立代々木高等学校交替部へ転入し卒業した。
1976年、『青春の殺人者』などに出演し、10代でキネマ旬報主演女優賞などを受賞し、一躍評価を高めた(『大地の子守歌』は自身が出演を希望したもの)。
『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』では自ら製作・主演に関わるとともに、「刹那」の名前で原案、脚本もこなす。1986年に小説『愛しのハーフ・ムーン』(集英社コバルト文庫)を発表。翌1987年、滝田洋二郎監督によりにっかつで映画化されている。
黒澤明、山田洋次、深作欣二らの巨匠から、平山秀幸、阪本順治ら中堅まで、大勢の監督からオファーを受け、数々の映画賞を受賞した。
出演[編集]
映画[編集]
※作品名・公開年月日・製作または配給会社・役名・監督名の順に記述
ともだち(1974年7月24日、日活、澤田幸弘監督) - 新太の姉 役 ※正式デビュー以前の出演
恋は緑の風の中(1974年11月23日、東宝、家城巳代治監督) - 松島雪子 役
炎の肖像(1974年12月28日、日活、藤田敏八、加藤彰監督) - 青山ひろ 役
港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ(1975年9月20日、松竹、山根成之監督) - 橋爪マリ 役
凍河(1976年4月24日、松竹、斎藤耕一監督) - 高見沢ナツキ 役
大地の子守歌(1976年6月12日、松竹、増村保造監督) - りん 役 ※主演
パーマネント・ブルー 真夏の恋(1976年9月23日、松竹、山根成之監督) - 女店員 役
青春の殺人者(1976年10月23日、ATG、長谷川和彦監督) - ケイ子 役
北の宿から(1976年11月6日、松竹、市村泰一監督) - リエ 役
錆びた炎(1977年2月26日、松竹、貞永方久監督) - 伊山比佐子 役
恋人岬(1977年2月26日、松竹、西河克己監督) - 久美子 役
残照(1977年2月26日、東宝、河崎義祐監督) - 一城美希子 役
トラック野郎・突撃一番星(1978年8月12日、東映、鈴木則文監督) - 月田えり子 役
赤穂城断絶(1978年10月28日、東映、深作欣二監督) - 橋本はつ 役
その後の仁義なき戦い(1979年5月26日、東映、工藤栄一監督) - 根岸明子 役
地獄(1979年6月3日、東映、神代辰巳監督) - ・ミホ、アキ 役 ※二役
あゝ野麦峠(1979年6月30日、東宝、山本薩夫監督) - 篠田ゆき 役
翔べイカロスの翼(1980年1月26日、映画センター、森川時久監督) - 三輪百合 役
翔んだカップル(1980年7月26日、東宝、相米慎二監督) - 志津 役
ミスター・ミセス・ミス・ロンリー(1980年12月20日、ATG、神代辰巳監督) - 島崎千里 役 ※主演、製作
ダンプ渡り鳥(1981年4月29日、東映、関本郁夫監督) - 尾崎頼子 役
なんとなく、クリスタル(1981年5月23日、松原信吾監督) - 真紀子 役
父と子(1983年1月15日、東宝、保坂延彦監督) - 若い妻 役
もどり川(1983年6月18日、東宝東和、神代辰巳監督) - 朱子 役
乱(1985年6月1日・東宝・黒澤明監督) - 楓の方 役
幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬(1986年1月25日、東宝、河合義隆監督) - お竜 役
火宅の人(1986年4月12日、東映、深作欣二監督) - 矢島恵子 役
プルシアンブルーの肖像(1986年7月26日、東宝、多賀英典監督) - 尾花弘美 役
国士無双(1986年10月25日、保坂延彦監督) - サンレニティ・八重 役
帝都物語(1988年1月30日、東宝、実相寺昭雄監督) - 辰宮恵子 役
釣りバカ日誌2(1989年12月27日、松竹、栗山富夫監督) - 間宮弥生 役
夢(1990年5月25日、ワーナー・ブラザース、黒澤明監督) - 雪女 役
式部物語(1990年10月6日、東宝、熊井啓監督) - 大友てるえ 役
息子(1991年10月12日、松竹、山田洋次監督) - 浅野玲子 役
怖がる人々(1994年4月23日、松竹、和田誠監督) - 女 役
超能力者 未知への旅人(1994年6月11日、東映、佐藤純彌監督) - 明子 役
絵の中のぼくの村(1996年7月13日、東宝、東陽一監督) - 田島瑞枝 役
女刑事RIKO 聖母の深き淵(1998年4月25日、エース・ピクチャーズ、井坂聡監督) - 武蔵野署の女医 役
女刑事RIKO 女神の永遠(1998年10月9日、東映ビデオ、井坂聡監督) - 武蔵野署の女医 役
愛を乞うひと(1998年9月26日、東宝、平山秀幸監督) - 山岡照恵 / 陳豊子 役
虹の岬(1999年4月3日、東宝、奥村正彦監督) - 森祥子 役 ※主演
学校の怪談4(1999年7月10日、東宝、平山秀幸監督) - 国見晴美 役
雨あがる(2000年1月22日、東宝、小泉堯史監督) - おきん 役
はつ恋(2000年4月1日、東映、篠原哲雄監督) - 会田志津枝 役
非・バランス(2002年10月19日、メディア・ボックス、冨樫森監督) - チアキの母 役
折り梅(2002年3月16日、パンドラ / シネマワーク、松井久子監督) - 菅野巴 役
木曜組曲(2002年10月12日、シネカノン、篠原哲雄監督) - 川渕静子 役
OUT(2002年10月29日、20世紀FOX、平山秀幸監督) - 香取雅子 役
仔犬ダンの物語(2002年12月14日、東映、澤井信一郎監督) - 森下和歌子 役
半落ち(2004年1月10日、東映、佐々部清監督) - 梶啓子 役
HINOKIO(2005年7月9日、松竹、秋山貴彦監督) - 岩本サユリ 役
亡国のイージス(2005年7月30日、日本ヘラルド映画、阪本順治監督) - 宮津芳恵 役
蝉しぐれ(2005年10月1日、東宝、黒土三男監督) - 登世 役
THE 有頂天ホテル(2006年1月14日、東宝、三谷幸喜監督) - 堀田由美 役
どろろ(2007年1月27日、東宝、塩田明彦監督) - 百合 役
包帯クラブ(2007年9月15日、東映、堤幸彦監督) - ワラの母 役
茶々 天涯の貴妃(2007年12月22日、東映、橋本一監督) - お市の方 役
ブタがいた教室(2008年11月1日、日活、前田哲監督) - 高原校長 役
60歳のラブレター(2009年5月16日、松竹、深川栄洋監督) - 橘ちひろ 役
てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜(2010年4月24日、ショウゲート、李闘士男監督) - 金城花江 役
レオニー(2010年11月20日、角川映画、松井久子監督) - 津田梅子 役
ロック 〜わんこの島〜(2011年7月23日、東宝、中江功監督) - 真希佐代子 役
聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011年12月、東映、成島出監督) - 山本禮子 役[4]
ヘルタースケルター(2012年7月14日、アスミック・エース、蜷川実花監督) - 和智久子 役
あなたへ(2012年8月25日、東宝、降旗康男監督) - 塚本久美子 役
ミロクローゼ(2012年11月24日、ディーライツ、石橋義正監督) - お竜 役
奇跡のリンゴ(2013年6月8日、東宝、中村義洋監督) - 三上葺子 役
ぼくたちの家族(2014年5月24日、ファントム・フィルム、石井裕也監督) - 若菜玲子 役
蜩ノ記(2014年10月4日、東宝、小泉堯史監督) - 戸田織江 役
世界から猫が消えたなら(2016年5月14日、東宝)
劇場版アニメ[編集]
犬夜叉 鏡の中の夢幻城(2002年12月21日、篠原俊哉監督) - 神久夜 役[5]
テレビドラマ[編集]
作品名・放送期日・放送局・役名の順に記述
連続テレビ小説「水色の時」(1975年4月7日 - 10月4日、NHK) - 晋松の娘・今泉恭子 役
美しき殺意(1976年6月18日 - 9月24日、TBS)
その最後の世界(1976年8月26日 - 10月7日、NHK)
俺たちの朝(1976年 - 1977年、NTV・東宝制作) - 沢野美雪 役
鳴門秘帖(1977年5月6日 - 1978年3月17日、NHK)
出発(1977年5月30日 - 1977年9月30日、ANB)
恋歌(1977年10月6日 - 1978年1月5日、NTV)
新・座頭市(CX)
第2シリーズ 第10話「冬の海」(1978年3月13日)
第3シリーズ 第23話「不思議な旅」(1979年10月29日)
太陽にほえろ! 第287話「ある娘」(1978年1月27日、NTV・東宝制作) - 前田ようこ 役
魂の試される時(1978年2月4日 - 5月27日、CX)
火宅の人(1979年7月24日 - 10月9日、NTV)
探偵物語 第5話「夜汽車で来たあいつ」(1979年、NTV) - 田村有美 役
あいつと俺 第2話「しなやかなライフル魔」(1980年3月11日、12ch)
警視-K 第10話「いのち賭けのゲーム」(1980年12月9日、NTV) - 山中みゆき 役
復活(1981年1月5日 - 1月30日、NHK)
警視庁殺人課 第3話「狼たちの青春」(1981年、ANB・東映制作) - 相沢ちひろ 役
北の国から(1981年、CX) - 木谷(水谷)凉子 役
親と子の誤算(1982年9月3日 - 11月5日、TBS) - 圭子 役
大奥(1983年 - 1984年、KTV製作・CX系列) - 滝川 役
第35話「運の悪い女たち」・第36話「密会」
遠山の金さん 第1シリーズ 第69話「赤いピストル 博多から来た女!」(1983年9月15日、ANB) ※高橋英樹版
まあええわいな(1983年10月23日 - 11月13日、NHK)
無邪気な関係(1984年1月6日 - 3月30日、TBS) - 加納祐子 役
暗闇のセレナーデ(1985年9月9日 - 10月9日、NHK)
服部半蔵 影の軍団 第11話「花嫁と暗殺の鬼」(1985年、KTV)
女ともだち(1986年7月11日 - 9月26日、TBS) - 柏木園子 役
魔夏少女(1987年8月12日、TBS) - 木下美都子 役
NHK大河ドラマ 「太平記」(1991年、NHK大河ドラマ) - 阿野廉子 役
並木家の人々(1993年1月14日 - 3月25日、CX) - 並木美也子 役
彼女の嫌いな彼女(1993年4月17日 - 6月26日、NTV) - 川原麗子 役
もうひとつの家族 (1995年1月、NHK)
君を想うより君に逢いたい(1995年4月17日 - 6月26日、CX) - 高木由紀子 役
新恋愛小説館(1995年12月18日 - 21日、NHK)
きっと誰かに逢うために 第5話(1996年、TX)
刑事追う!(1996年4月8日 - 9月23日、TX) - 松井桜子 役
おいしい関係(1996年10月14日 - 12月16日、CX) - 緑川曜子 役
新・腕におぼえあり(1998年9月11日-1999年3月12日、NHK) - 神名里尾 役
眠れる森(1998年10月8日 - 12月24日、CX) - 濱崎麻紀子 役
昨日の敵は今日の友(2000年1月5日-2月9日、NHK) - 白木恭子 役
天気予報の恋人(2000年4月10日 - 6月26日、CX) - 白石潤子 役
NHK大河ドラマ「北条時宗」(2001年、NHK大河ドラマ) - 桔梗 役
逃亡(2002年1月11日 - 2月8日、NHK) - お仙 役
人情とどけます〜江戸・娘飛脚〜(2003年1月10日 - 3月7日、NHK)
逃亡者 RUNAWAY(2004年7月18日 - 9月26日、TBS) - 伊川貴子 役
ハチロー〜母の詩、父の詩〜(2005年1月24日 - 3月21日、NHK) - シナ 役
あいくるしい(2005年4月10日 - 6月26日、TBS) - 真柴由美 / 榊園子 役
華麗なる一族(2007年、TBS) - 万俵寧子 役
坂の上の雲(2009年11月29日-2011年、NHK) - 正岡八重 役
新参者(2010年、TBS) - 三井峯子 役
流れ星(2010年秋、CX) - 岡田和子 役
幸せになろうよ(2011年4月 - 6月、CX) - 高倉美津枝 役
向田邦子 イノセント 第4話「愛という字」(2012年4月14日、WOWOW) - 早川夕子 役
プレミアムドラマ「高橋留美子劇場」 第1章「赤い花束」(2012年7月8日、NHK BSプレミアム) - 吉本玉代 役
火怨・北の英雄 アテルイ伝(2013年、BSプレミアム) - 大伴須受 役
妻は、くノ一(2013年、BSプレミアム) - 語り
怪奇大作戦 ミステリー・ファイル(2013年、NHK BSプレミアム) - 的矢千景 役
僕のいた時間(2014年1月 - 3月、CX) - 澤田佐和子 役
結婚式の前日に(2015年10月 - 12月、TBS) - 柏田可奈子 役
逃げる女(2016年1月 - 2月、NHK) - 香村綾乃 役
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年7月 - 9月、KTV製作・CX系列) - 石神妙子 役[6]
テレビドラマ(単発)[編集]
東芝日曜劇場 (TBS)
第1079回「出会い」(1977年8月15日、RKB)
第1211回「冬の炎」(1980年2月24日、CBC)
第1277回「とべ、青空へ」(1981年6月14日、CBC)
第1575回「明日の夜来ます」(1987年9月15日)
土曜ワイド劇場(ANB)
「泣くな源太郎 恋のトラック特急」 (1978年7月1日)
「歪んだ星座 受験戦争連続殺人事件」(1979年6月16日)
「欲望の海峡 女相続人をあばくのは誰か」(1980年4月19日、ABC)
「事件6 金属バットで夫を殺した女!!」(1998年7月4日、オフィス・ヘンミ) - 容疑者・岩本鈴子 役
「隠蔽捜査」(2007年3月10日)
「隠蔽捜査2〜果断〜」(2008年10月4日)
風雪の海峡 青函トンネルは、今…(1978年12月9日、CX)
黒岩重吾シリーズ「裂けた星」(1980年1月12日、MBS)
花王名人劇場 裸の大将放浪記1(1980年6月1日、KTV) - 盲目の美少女・松子 役
木曜ゴールデンドラマ(YTV)
「顔」(1982年1月14日) - 主演
「性的犯罪」(1982年7月1日) - OL・由美子 役 ※主演
「風の家」(1985年12月12日)
「遠めがねの女 純愛を我らに!」(1986年11月13日)
時代劇スペシャル (CX)
「傘次郎・新子捕物日記 夫婦河童」(1981年6月26日) - 新子 役
「傘次郎新子捕物日記 夫婦十手 豪商六人衆連続殺人事件」(1982年6月4日) - 新子 役
「子連れ狼」(1984年3月1日) - お仙 役
ザ・サスペンス(TBS)
「黒白の旅路」(1983年1月15日) - 主演
「下り特急「富士」殺人事件」(1983年10月29日)
妻たちの反乱 (1983年1月22日、NHK)
追跡2 私にも定年をください(1983年1月29日、NHK)
火曜サスペンス劇場(NTV)
「冷ややかな情死」(1984年、国際放映) - 主演
「星座伝説殺人事件 すばる星団が月に隠れる夜」(1989年11月21日) - 主演
幕末青春グラフィティ 福沢諭吉(1985年2月11日、TBS)
金曜ドラマスペシャル「北陸トンネル、蒸発殺人行」(1986年8月14日、CX) - 若夫人・紀子 役
水曜ドラマスペシャル(TBS)
「泣く女」(1986年3月19日)
「青山流行通り物語」(1987年1月14日)
「魔夏少女」(1987年8月12日)
現代恐怖サスペンス「誰かが夢を覗いてる あるOLの場合…」(1987年8月3日、KTV)
ザ ドラマチックナイト「となりの女」(1988年3月4日、CX) - 落合妙子 役
乱歩賞作家サスペンス 「いとしのエリーをもう一度」(1989年7月3日、KTV) - ポルトガル民謡のファドを歌う歌手のカルメン 役
現代恐怖サスペンス・誰かが私を覗いてる(1987年、KTV・ヴァンフィル) - 主演
現代推理サスペンス「二時から五時までのブルース」(1990年11月5日、KTV)
月曜ドラマスペシャル(TBS)
「雷獣」(1990年12月17日)
「松本清張特別企画 証明」(1994年11月14日、TBS) - 高木久美子 役 ※主演
「女のサスペンス3 盗む女」(1997年6月16日) - 銀行員・弥生 役
むしの居どころ(1990年11月3日、NHK)
庭の家族〜美しく年を重ねるために〜(1993年9月15日、CX)[9] - 里津子 役
金曜エンタテイメント(CX)
「間違えられた男 平和な生活を脅かすえん罪の恐怖」(1993年11月26日)
「名探偵信濃のコロンボ1 北国街道殺人事件」(1998年5月1日) - 妻・陽子 役
「名探偵信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」(1999年3月19日) - 妻・陽子 役
「名探偵信濃のコロンボ3 追分殺人事件」(2000年6月2日) - 妻・陽子 役
「特別企画 8・12墜落 20年目の誓い 〜天国にいるわが子へ〜」(2005年8月12日)
年末ドラマスペシャル 愛の降る街・領収書物語2 「愛が言った」(1993年12月27日、KTV) - 売れない小説家の妻 役
ビジネスマン空手道 お父さんの逆襲!(1995年10月10日、NHK)
塀の中の少女たち 女子少年院24時・初めて愛を知りました…」(1996年9月26日、TBS)
オグリの子(1998年、NHK)
第1回・あれがうわさの名馬の子(8月3日)
第2回・走れ走れ!ゴールを越えて(8月4日)
百年の物語 第三夜「(現代編)オンリー・ラブ 」(2000年8月30日、TBS) - 千代の母親 役
松本清張特別企画「影の車」(2001年2月19日、TBS) - 主演・泰子 役 ※本作の演技により第38回ギャラクシー賞奨励賞(テレビ部門)を受賞
北の国から2002 遺言(2002年9月6日・7日、CX)
幸田家の人びと〜江戸・平成 四代の物語〜(2003年1月2日、NHK)
水曜プレミア「つぐない」(2004年6月30日、TBS) - 愛人・美津子 役
飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(2005年10月10日、CX) - 沢村美和 役
金曜プレステージ (CX)
奇跡の夫婦愛スペシャル「虹を架ける王妃」(2006年11月24日、25日) - 梨本宮伊都子妃 役
監察医七浦小夜子・法医学者の事件プロファイル(2011年4月22日) - 井上茜 役
新春ドラマ特別企画 山田太一ドラマSP「まだそんなに老けてはいない」(2007年1月27日、EX)
追跡〜失踪人捜査官・石森新次郎(2008年1月28日、TBS)
いのちのいろえんぴつ(2008年3月22日、EX) - 小山内美和子 役
スペシャルドラマ・白洲次郎(2009年、NHK) - 白洲芳子 役
刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史(2009年6月20・21日、EX)
地下鉄サリン事件 15年目の闘い〜あの日、霞ヶ関で何が起こったのか〜(2010年3月20日) - 高橋シズヱ 役
宮部みゆきスペシャル「魔術はささやく」(2011年9月9日、CX) - 原沢鈴子 役
ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜 第3夜(2012年4月7日、TBS) - 滝沢圭子 役
NTTドコモ 20周年スペシャルドラマ 夢の扉 特別編「20年後の君へ」(2012年7月1日) - 澤田佳乃 役
みをつくし料理帖(2012年9月22日・2014年6月8日、EX) - 芳 役
恋(2013年12月16日、TBS) - 矢野布美子 役
テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞 「最後の仕事」(2014年1月12日、テレビ朝日) - 加代 役
ドラマ特別企画「たった一度の約束〜時代に封印された日本人〜」(2014年2月26日、TX) - 国方千世子 役
特集ドラマ「生きたい たすけたい」(2014年3月11日、NHK) - 三浦真佐子 役 ※主演
55歳からのハローライフ 第3話(2014年6月28日、NHK) - 中米志津子 役 ※主演
赤と黒のゲキジョー(CX)
「三面記事の女たち -愛の巣-」(2015年2月20日) - 梨山里衣子 役
宮崎のふたり(2016年10月19日、NHK BSプレミアム) - 小山京子 役 [10]
世にも奇妙な物語 「妻の記憶」(2017年) ‐ 成田春子
名奉行!遠山の金四郎(2017年) - 寿々
その他のテレビ番組[編集]
ヒューマンドキュメンタリー「二人の旅路〜日中 激動を生きた京劇夫婦〜」(2011年、NHK) - 語り
他多数
CM[編集]
サントリー
『オレンジ50』(1976年)
『なっちゃん』(2003年)[11]
ハウス食品『シチューミクス』( - 2001年)[11]
クラシエホールディングス『SIMPRO』(2002年 - 2003年)[11]
カネボウ化粧品『ラファイエ』(2005年 - 2007年)[11]
養命酒製造『養命酒』「未病編」(2006年 - 2010年)[11]
イオン『TOPVALU・おせち』(2011年)[11]
資生堂『プリオール』(2015年 - )[11]ほか
受賞歴[編集]
1976年: 『大地の子守歌』・『青春の殺人者』、ブルーリボン賞/新人賞。1976年度キネマ旬報/主演女優賞、製作者協会新人賞、報知映画賞/新人賞、ゴールデンアロー賞/最優秀新人賞
1977年: 日本映画テレビプロデューサー協会エランドール賞(ELAN D'OR)/新人賞
1979年: 『その後の仁義なき戦い』(根岸明子 役)、監督: 工藤栄一、『あゝ野麦峠』(篠田ゆき 役)、原作: 山本茂実、監督: 山本薩夫、第3回日本アカデミー賞/優秀助演女優賞
1986年: 『火宅の人』(恵子 役)、監督: 深作欣二、第10回日本アカデミー賞/最優秀助演女優賞、第11回報知映画賞/最優秀助演女優賞
1990年: 『夢』(雪女 役)、監督: 黒澤明、『式部物語』(大友てるえ 役)、監督: 熊井啓、『釣りバカ日誌2』(間宮弥生 役) 監督: 栗山富夫、第14回日本アカデミー賞/優秀助演女優賞
1996年: 『絵の中のぼくの村 Village of Dreams』(田島瑞枝 役)、監督: 東陽一、第20回山路ふみ子女優賞、1996年度キネマ旬報賞主演女優賞、 第39回ブルーリボン賞/最優秀主演女優賞、第6回日本映画批評家大賞/主演女優賞、第21回報知映画賞/最優秀主演女優賞、第11回高崎映画祭/最優秀助演女優賞受賞
1998年: 『愛を乞うひと』(山岡照恵 役 / 陳(和知)豊子 役)、原作: 下田治美、監督: 平山秀幸、第22回日本アカデミー賞/最優秀主演女優賞、第53回毎日映画コンクール/主演女優賞、報知映画賞/最優秀主演女優賞、1998年度キネマ旬報賞/主演女優賞、第23回報知映画賞/最優秀主演女優賞、第20回ヨコハマ映画祭/主演女優賞、第24回おおさか映画祭/主演女優賞、第41回ブルーリボン賞/最優秀主演女優賞、第8回東京スポーツ映画大賞/主演女優賞、1998年度全国映連賞/女優賞、読売新聞98年度「今年を代表する女優」、モントリオール世界映画祭/国際批評家連盟賞
2001年: 『雨あがる』(おきん 役)、監督: 小泉堯史、第24回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第55回毎日映画コンクール/田中絹代賞。『影の車』(小磯泰子 役): TBSギャラクシー賞/テレビ部門2月月間賞
2002年: 『折り梅』(巴 役)、監督: 松井久子、全国映画観賞団体連絡会議/女優賞。『OUT』(香取雅子 役)、監督: 平山秀幸、第26回日本アカデミー賞/主演女優賞
書籍[編集]
プレイボーイ特別編集 写真集「勝vs美枝子」(1980年、集英社)※勝新太郎撮影によるヌード写真集。
『愛しのハーフ・ムーン』(1984年、集英社(1986年、コバルト文庫))※処女長編小説。
アンティック・ガールズ(1987年、集英社『別冊Cobalt』87年新春号に掲載)
『あなたがそこにいるから』(1996年、扶桑社)エッセイ集
脚注[編集]
^ “石橋静河 映画初主演 石橋凌と原田美枝子の次女「怖いけど楽しみ」”. スポニチアネックス. (2016年8月2日) 2016年8月2日閲覧。
^ a b 鈴木、2011年、pp.29 - 30
^ 鈴木、2011年、pp.31 - 33
^ “聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
^ “映画 犬夜叉 鏡の中の夢幻城”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
^ “関ジャニ・横山、アウトロー刑事挑戦 主演の波瑠に「引っ張ってもらおう」”. ORICON STYLE. (2016年6月11日) 2016年6月11日閲覧。
^ “庭の家族〜美しく年を重ねるために〜”. テレビドラマデータベース. 2016年10月30日閲覧。
^ 放送ライブラリー 番組ID:007005
^ 第31回ギャラクシー賞選奨[7][8]。
^ “柄本明、宮崎県を舞台に“もう一度、ハネムーン”をドラマ化”. ORICON STYLE. (2016年4月27日) 2016年4月27日閲覧。
^ a b c d e f g “原田美枝子のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年10月30日閲覧。
参考文献[編集]
鈴木隆『俳優 原田美枝子』毎日新聞社、2011年
外部リンク[編集]
プロフィール - 舞プロモーション
原田美枝子 - KINENOTE
原田美枝子 - テレビドラマデータベース
原田美枝子 - オリコン
どらく-ひとインタビュー 『今の自分すべてを使って役に入る。 時折思い出す黒澤監督のこと』
[表示]
表 話 編 歴
日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
ブルーリボン賞 主演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
ブルーリボン賞 新人賞
[表示]
表 話 編 歴
毎日映画コンクール 女優演技賞/女優主演賞
[表示]
表 話 編 歴
毎日映画コンクール 田中絹代賞
[表示]
表 話 編 歴
報知映画賞 主演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
報知映画賞 助演女優賞
[表示]
表 話 編 歴
日本映画批評家大賞 主演女優賞
典拠管理
WorldCat VIAF: 197841362 LCCN: no00071264 ISNI: 0000 0003 5751 7142 GND: 139228020 SUDOC: 07555271X BNF: cb14185264j (データ) NDL: 00138970

執筆の途中です この項目は、俳優(男優・女優)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ芸能人)。
カテゴリ: 日本の女優過去のサンミュージック所属者東京都区部出身の人物1958年生存命人物
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
English
فارسی
Suomi
한국어
Polski
Tagalog
リンクを編集
最終更新 2017年9月28日 (木) 02:16 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照して
コメント

sd

2017-11-17 16:23:48 | 日記
検索結果
「橋本 綾」のプロフィール | Facebook
https://ja-jp.facebook.com/public/橋本-綾
「橋本 綾」という名前の人のプロフィールを表示Facebookに参加して、橋本 綾さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
橋本綾 の画像検索結果
「橋本綾」の画像検索結果
「橋本綾」の画像検索結果
「橋本綾」の画像検索結果
「橋本綾」の画像検索結果
「橋本綾」の画像検索結果
3 日前
「橋本綾」の画像検索結果
橋本綾で見つかった他の画像
画像を報告
橋本綾 Profiles | Facebook
https://www.facebook.com/public/橋本綾
View the profiles of people named 橋本綾. Join Facebook to connect with 橋本綾 and others you may know. Facebook gives people the power to share and makes the...
橋本 綾 | Facebook
https://ja-jp.facebook.com/aya.hashimoto.50552
橋本 綾さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、橋本 綾さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
橋本綾 のプロフィール - allcinema
www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=126476
断線 (1983)<TVM>, 脚本. 二百三高地 愛は死にますか (1981)<TV>, 脚本. ザ・ボディガード (1974)<TV>, 脚本. 木枯し紋次郎 (第2期) (1972~1973)<TV>, 脚本. 「されどわれらが日々-」より 別れの詩 (1971), 脚本 ...
橋本綾とは - Weblio辞書
www.weblio.jp › 固有名詞の種類 › 人名 › 作家 › 劇作家・脚本家 › 脚本家
橋本綾とは?映画監督・俳優辞典。 以下の映画が橋本綾と関連しています。「されどわれらが日々--」より 別れの詩1971年東宝.
橋本 綾とは - Weblio辞書
www.weblio.jp › 固有名詞の種類 › 人名 › 作家 › 劇作家・脚本家 › 脚本家
橋本 綾とは?映画監督・俳優辞典。 以下の映画が橋本綾と関連しています。「されどわれらが日々--」より 別れの詩1971年東宝.
橋本 綾のブログ|マカナニ(Makanani)|ホットペッパービューティー
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000377049/blog/W000214732/
【ホットペッパービューティー】マカナニ(Makanani)の橋本 綾さんのブログをご紹介。プロフィールからはわからない雰囲気が伝わるブログ。気になったら、そのまま橋本 綾さんを指名予約できます!
橋本 綾|マカナニ(Makanani)|ホットペッパービューティー
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000377049/staff/W000214732/
【ホットペッパービューティー】マカナニ(Makanani)のスタッフ:橋本 綾さんをご紹介。一言コメントやフォトギャラリーから、得意な技術を確認したら、そのまま指名予約も可能です。24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!
橋本 綾 (@ayahato5542) | Twitter
https://twitter.com/ayahato5542
The latest Tweets from 橋本 綾 (@ayahato5542): "Telepathic football: Yorke & Cole vs Rooney, Welbeck & Hernandez: http://t.co/Kjc71wR2wN @youtubeさんから"
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
次へ
橋本 綾
脚本家
両親: 橋本 忍
映画: DIVIDE/ディバイド
兄弟姉妹: 橋本 信吾
フィードバック
日本 〒739-0023 - インターネット アドレスから - 正確な現在地を使用 - 詳細
ヘルプ フィードバックを送信
コメント

sw

2017-11-17 16:22:36 | 日記
影の車
ウィキポータル 文学 ポータル 文学
『影の車』(かげのくるま)は、松本清張が1961年8月に出版した短編集。及び当該短編集に収録された短編小説『潜在光景』を原作とする映画、テレビドラマ。
目次 [非表示]
1 連作短編集『影の車』
2 小説『潜在光景』あらすじ
3 映画
3.1 キャスト
3.2 スタッフ
3.3 エピソード
4 テレビドラマ
4.1 1971年版
4.2 1988年版
4.3 2001年版
5 脚注・出典
6 外部リンク
連作短編集『影の車』[編集]
松本清張による連作短編。同タイトルで『婦人公論』1961年1月号から8月号まで連載され、同年8月、中央公論社より単行本が刊行された。
作品は以下の通り。なお、単行本では各話の順序が入れ替えられている。リンクのある作品は、各リンク先を参照。
『確証』(婦人公論・1961年1月号)
『万葉翡翠』(婦人公論・1961年2月号)
『薄化粧の男』(婦人公論・1961年3月号)
『潜在光景』(婦人公論・1961年4月号)
『典雅な姉弟』(婦人公論・1961年5月号)
『田舎医師』(婦人公論・1961年6月号)
『鉢植を買う女』(婦人公論・1961年7月号)
『突風』(婦人公論・1961年8月号)…単行本化時に除外された作品。のちに短編集『突風』(1966年、海燕社)などに収録。
第4話『潜在光景』が『影の車』のタイトルで映画化・テレビドラマ化されたほか、『万葉翡翠』『薄化粧の男』『典雅な姉弟』『鉢植えを買う女』『突風』もテレビドラマ化されている。
小説『潜在光景』あらすじ[編集]
Plume ombre.png この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権を侵害しないようご自身の言葉で加筆を行なってください。(2017年3月)(使い方)
都心から80分ばかりかかる住宅地に住む浜島幸雄は、会社帰りのバスの中で、小磯泰子から声をかけられ、学生時代以来の再会をする。1週間後、再びバスの中で遭遇した泰子は、家に立ち寄るよう勧めた。思い切ってバスを降りた浜島は、泰子が夫を失い、保険の集金の仕事をしながら、六歳の健一という名前の息子と二人で暮らしているのを知る。泰子の態度に、妻には見られないやさしさを感じる浜島。他方、浜島の妻は、それほど温かい気持ちの女ではなく、家の中は索漠としていた。浜島と泰子の間は急速に進み、二人は結ばれる。少ない収入にもかかわらず、浜島に心から仕える泰子。しかし、息子の健一はひどく人見知りし、一向に浜島に馴れない。泰子と話をしていても、健一の存在が煙たく、気持ちにひっかかってくる浜島。浜島はふと、自分の小さいときの記憶を途切れ途切れに思い出すようになったが、その記憶に潜在する光景が、現在の浜島に思わぬ影をもたらす。
映画[編集]
影の車
The Shadow Within
監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍
製作 三嶋与四治
出演者 加藤剛
岩下志麻
音楽 芥川也寸志
撮影 川又昂
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1970年6月6日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
ポータル 映画 ポータル 映画
[icon] この節の加筆が望まれています。
1970年6月6日に松竹系にて公開された。主な舞台を東急田園都市線・藤が丘駅周辺の「ささおやま団地」とし、浜島の勤務先を旅行代理店、妻・啓子の職業をフラワー教室とするなど、時代背景は、高度経済成長の進行を踏まえた設定となっている。また、本映画オリジナルの設定として、浜島と泰子の故郷を千葉県千倉町(現・南房総市)としている。1970年度キネマ旬報ベストテン第7位に選出されている。現在はDVD化されている。
キャスト[編集]
浜島幸雄:加藤剛
小磯泰子:岩下志麻
浜島啓子:小川真由美
浜島の母親:岩崎加根子
浜島のおじさん:滝田裕介
石川:近藤洋介
小磯健一:岡本久人
浜島の少年時代:小山梓
小磯貞雄:永井智雄
刑事:芦田伸介
医師:稲葉義男
浜田寅彦
早野寿郎
野村昭子
川口敦子
谷よしの

スタッフ[編集]
監督:野村芳太郎
脚本:橋本忍
撮影:川又昂
音楽:芥川也寸志
美術:重田重盛
編集:浜村義康
録音:栗田周十郎
照明:三浦礼
エピソード[編集]
本映画を監督した野村芳太郎は、撮影前日に「明日の撮影に関するメモ」と題した構想書きをメインキャストとメインスタッフに渡していた。主演の加藤剛はこれに刺激され、構想を提案するレポートを毎日書いており、劇中の眼鏡を握りつぶす演技は、加藤が野村に提案し採用されたと回顧している[1]。
劇中に度々挿入される主人公の回想場面は、一見フィルターをかけた普通のエフェクト映像に見えるが、実は100日間の実験期間と当初の9倍の予算費用、そして6千mの作業用ポジ・フィルムを消費するという手間暇がかかっている。潜在意識による被害妄想を表現するために単なる回想にしたくないと考えた監督が特注したもので、撮影を担当した川又昂は光学技術担当の石川智弘と共に大船撮影所内に現存していた旧式のオプチカルプリンターを駆使して、まず撮影したポジ・フィルムから3原色分に分解したネガを3本作り、それぞれを8~4コマ分ずらしてポジに焼くことで全体の色がズレた画面を創り上げ、次にこの色ずれしたフィルムの最初のネガからカラーポジと白黒ポジ2本焼いて、さらに撮影風景の明るい部分だけの素粒子を強調するコントラストの強い白黒ポジをもう1本焼いたうえで、この3本のポジを重ね焼きすることで『レリーフ効果』と呼ばれる線や面が浮き出る映像効果を創り上げた。3色分解とレリーフ効果を合わせたこの映像効果を、川又は『多層分解』と名付け、公開当時のパンフレットにもそう記載されている[2]。
監督は回想以外の場面を徹底的にリアルに描くこととし、ヒロインの家の外観は神奈川県の長津田にある家屋を8ヶ月借り切り、家内部を撮影する際も実際に大船撮影所内に家屋を建ててから本物の水道やガス、テレビを設置して、テレビ番組を視聴する場面では本物の番組が放送される時間帯まで撮影を待つという拘り様だった[3]。
[表示]
表 話 編 歴
松本清張原作の映画作品(カテゴリ)
[表示]
表 話 編 歴
野村芳太郎監督作品
テレビドラマ[編集]
OTVbelweder-front.jpg
ドラマ
関連項目[表示]
[icon] この節の加筆が望まれています。
以下、『潜在光景』を原作とする作品について記述。
1971年版[編集]
1971年9月13日から11月5日まで、フジテレビ系列の「ライオン奥様劇場」枠(13:00-13:30)にて、全40回の連続ドラマとして放映。タイトルは「影の車」。テレビ映画。白黒作品。
キャスト
日色ともゑ
園井啓介
岡本久人
橋爪功
折原啓子
水上竜子
広村芳子
スタッフ
脚本:国弘威雄、中島丈博、岡田正代、石川孝人
監督:番匠義彰、田中康義
音楽:崎出伍一
制作:フジテレビ、松竹
フジテレビ系列 ライオン奥様劇場
前番組 番組名 次番組
慟哭の花
(1971.8.2 - 9.10)
影の車
(1971.9.13 - 11.5)
偽れる妻
(1971.11.8 - 12.31)
1988年版[編集]
松本清張サスペンス
潜在光景
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 22:54
放送期間 1988年9月5日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
監督 富本壮吉
原作 松本清張『潜在光景』
脚本 岩間芳樹
出演者 水谷豊
テンプレートを表示
「松本清張サスペンス・潜在光景」。1988年9月5日、関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「月曜サスペンス(松本清張サスペンス)」枠(22:00-22:54)にて放映。視聴率17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 本作品は主人公の浜島が少年に暴力をふるったところを少年の母親泰子に見咎められ「二度と来ないで!」となじられて追い返される場面で終わっており、少年への殺人未遂で逮捕されて取り調べを受ける場面は無い。
キャスト
水谷豊
大谷直子
藤田三保子
加藤盛大
スタッフ
脚本:岩間芳樹
監督:富本壮吉
制作:関西テレビ、松竹、霧企画
関西テレビ制作・フジテレビ系列 月曜サスペンス(松本清張サスペンス)
前番組 番組名 次番組
-
潜在光景
(1988.9.5)
愛と空白の共謀
(1988.9.12)
2001年版[編集]
松本清張特別企画
影の車
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:54
放送期間 2001年2月19日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 堀川とんこう
原作 松本清張『潜在光景』
脚本 橋本綾
プロデューサー 野添和子(大映テレビ)
大西明子(TBS)
出演者 風間杜夫
原田美枝子
特記事項:
第38回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞受賞(原田美枝子)作品
テンプレートを表示
「松本清張特別企画・影の車」。2001年2月19日21:00-22:54、TBS系列にて放映。第38回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞受賞(原田美枝子)作品。
キャスト
浜島幸雄:風間杜夫 (保険会社社員)
小磯泰子:原田美枝子 (看護婦)
浜島啓子:浅田美代子 (浜島の妻)
小磯健一:山田一樹 (泰子の子)
浜島の母:石野真子
谷口朝子:川俣しのぶ
吉山節子:大塚良重
高木緑:安達香代子
池田文江:中上ちか
斉藤刑事:斉藤あきら
:加藤綾子
:稲森明美
保険会社社員:春山幹介
浜島幸雄(幼少期):岩下寛
:松岡愛
:田中力
:大谷智子
町田道子(泰子の同僚):友里千賀子
吉山(バスの客):螢雪次朗
浜島の伯父:村田雄浩
下坂警部:片岡鶴太郎
スタッフ
脚本:橋本綾
演出:堀川とんこう
音楽:川崎真弘
プロデューサー:野添和子(大映テレビ)、大西明子(TBS)
撮影:山本博俊
照明:久保田芳實
撮影協力:京成電鉄、ユアエルム成田店、千葉交通、テクノウェイブ100、ハマゴムエイコム
映像協力:読売新聞社、読売ジャイアンツ
実況アナウンサー:渡辺謙太郎
制作協力:東通、IMAGICA、フジアール
制作:大映テレビ、電通音楽出版、TBS
[表示]
表 話 編 歴
松本清張原作のテレビドラマ(カテゴリ)
脚注・出典[編集]
^ 『松本清張傑作映画ベスト10 第10巻 影の車』(2010年、小学館)参照。
^ 『松本清張映像作品サスペンスと感動の秘密』(2014年、メディアックス、P36,37より)
^ 松本清張映像作品サスペンスと感動の秘密』(2014年、メディアックス、P38,39より)
外部リンク[編集]
影の車 - allcinema
影の車 - KINENOTE
The Shadow Within - AllMovie(英語)
The Shadow Within - インターネット・ムービー・データベース(英語)
[表示]
表 話 編 歴
松本清張の作品
執筆の途中です この項目は、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。
執筆の途中です この項目は、テレビ番組に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル テレビ/ウィキプロジェクト 放送または配信の番組)。
この記事は以下のカテゴリでも参照できます[表示]
カテゴリ: 松本清張の短編小説集1960年代の小説の短編集日本の推理小説松本清張原作の映画作品1970年の映画野村芳太郎の監督映画松竹製作の映画作品橋本忍松本清張原作のテレビドラマ1971年のテレビドラマライオン奥様劇場2001年のテレビドラマTBSのスペシャルドラマ大映テレビ
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
言語
リンクを追加
最終更新 2017年3月7日 (火) 00:00 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してく
コメント