見出し画像

ぶらり旅スローライフを楽しむ

“宿泊療養施設で死亡”の女性はワクチン2回接種済み…「抗体カクテル療法」の対象外【気になるNEWS特番】

“宿泊療養施設で死亡”の女性はワクチン2回接種済み…「抗体カクテル療法」の対象外
2021/09/14 17:55 (MBSニュース)


“宿泊療養施設で死亡”の女性はワクチン2回接種済み…「抗体カクテル療法」の対象外

 大阪府の新型コロナウイルスの宿泊療養施設で、9月13日に療養中に死亡した60代の女性がワクチンを2回接種していたことがわかりました。

 大阪府は、9月8日から新型コロナウイルスの宿泊療養施設で療養していた60代の女性が13日に部屋で死亡したと発表しました。毎日看護師が行っている健康観察の電話に女性が出ないことから部屋に入り、発見に至ったということです。女性は軽症で、発熱症状が続いていましたが、酸素飽和度の数値に異常はなく、症状は安定していたということです。

 府によりますと、女性には基礎疾患がありましたが、7月上旬に2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種済みだったことなどから、入院ではなく宿泊療養施設で治療をしていたということです。

 (大阪府 吉村洋文知事 9月14日)
 「特に高齢者の方は、ワクチンを2回接種してもお亡くなりになる場合が、ケースとしては非常に少ないけれどもありますので、非常に気をつけて対策をしていかなければならないと改めて思います」

 また府によりますと、女性はワクチンを2回接種済みだったことから重症化を防ぐための「抗体カクテル療法」の対象外だったということです。

ファイザー製ワクチンに異物 相模原と鎌倉、同じロット
2021/09/14 19:50 (共同通信)

米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 相模原市は14日、新型コロナウイルスのワクチン接種会場で、米ファイザー製のワクチン3本に異物が見つかったと発表した。ロット番号は「FF5357」で、神奈川県鎌倉市でも同日までに、同じロット番号のワクチン1本に異物が確認された。

 両市によると、異物はいずれも白い浮遊物で、ファイザー社に異物の分析を依頼した。異物が見つかったワクチンは使用を中止し、他の同じロット番号のものは異物がないことを確認した上で使用を続けた。

 11〜14日、相模原市内の会場3カ所で使用予定のワクチンの瓶3本から異物が見つかった。医療関係者がワクチンを希釈する際に気付いたという。


◇関連記事
ファイザーのワクチンに白い浮遊物 神奈川・相模原と鎌倉で発見続く
(朝日新聞) 19:31

ファイザー製ワクチンに異物 鎌倉と同じロット番号
(FNNプライムオンライン) 19:53


ブログ村ランキングに参加しています
バナーをクリックして応援お願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村


おすすめのサイト


☟一日一回クリックして応援お願いします☟

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「気になるNEWS」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事