見出し画像

ぶらり旅スローライフを楽しむ

家飲み!家族に乾杯📷街角ぶらり旅07-15


今日も一日お疲れ様
我が家へようこそ
「今日の晩ごはん」



今日も開店「おうち居酒屋」

夫婦二人だけで好きなテレビ番組を観ながら奥さんの手作りおつまみを肴に美味しいお酒をいただきます。居酒屋気分でお酒も進みます。家族に乾杯!



本日のメニュー

〇金目鯛の干物


枝豆とチーズのスティック揚げ


竹輪とソーセージの磯辺揚げ


たまごとたくあんの細巻き


おくらとかつお節


小エビとかつお節の佃煮


※料理のレシピはカテゴリー「おすすめの酒の肴」で紹介しています。

お酒のお品書き
麦とホップ

冷えたジョッキで!

〇純米 賀茂鶴 生囲い
越路吹雪 吟醸酒
正宗 菊正宗 冷用酒
越路吹雪 ロックで薫る純米吟醸原酒
涼風すずみ酒 純米生貯蔵
白鹿 山田錦
〇大分麦焼酎 安心院蔵


※お酒の詳細はカテゴリー「おすすめのお酒」で紹介しています。

好きなテレビ番組

水曜時代劇 鬼平犯科帳I  (サンテレビ)

◇江戸時代後期、名に負う盗賊・凶賊たちから“鬼の平蔵"と恐れられた火付け盗賊改方長官・長谷川平蔵の活躍を描いた時代劇 

第18話「浅草・御厩河岸」(あさくさ・おうまやがし)
平蔵(中村吉右衛門)は、甲州・石和に出張り、大盗・鶍(いすか)の喜左衛門(高並 功)一味を捕えた。その際、腕を買われてはるばる江戸から招かれていた錠前外しの松吉(本田博太郎)もお縄を受ける。
平蔵は、正直で孝行者の松吉を放免し、密偵とした。松吉は、浅草の御厩河岸で飾り職に打ち込むかたわら、同心・酒井祐助(篠田三郎)の忠実な手足となって働いた。また、お梶(浅利香津代)と所帯を持ち、平穏な日々を送っていた。
そんなある日、松吉のもとに諸国を股にかけた大盗賊、海老坂の与兵衛(岩井半四郎)から、錠前破りの依頼がくる。与兵衛は、盗賊ながら仁義に厚く『盗む者も泣きを見ず、盗まれる者も泣きを見ず』が流儀の、その世界では一目置かれる男。そのことを知った病床の父、元盗っ人の卯三郎(田武謙三)は、やるべきだと松吉の背中を押す。
平蔵と与兵衛の間で板挟みになる松吉。そのころ、すでに平蔵のもとにも与兵衛が江戸に現れたとの報せが入っていた。 

中村吉右衛門
多岐川裕美
篠田三郎
浅利香津代
田武謙三
石山雄大
岩井半四郎
本田博太郎 


これで閉店「おうち居酒屋」
当然、お会計は致しません。念のため。
またのお越しを! お待ちしています。

2020/07-15 画像、文章の無断転載使用禁止


ブログ村に登録しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

おすすめのサイト


☟一日一回押していただけると喜びます☟

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「家飲み!家族に乾杯」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事