子どもたちに和楽器を伝える。 群馬邦楽教育振興会

「邦楽に親しむ会」の邦楽鑑賞会は何人でも大丈夫、学校の体育館が演奏会ホールとなります。実技指導も行っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

群馬県立盲学校訪問「初めての文化体験事業」

2017-12-11 23:12:23 | 子ども達の好きなこと


  朗読と話し方クッソンの会(代表佐藤弥生)会員萩原千恵子・佐野英子・梶川利江・高橋英代と佐藤美弥井が箏の演奏と朗読の授業をいたしました。
「いじっぱりなカラス」のお話は、森に中にカラスの食べ物がなくないみんなは、別の森にお引越しするのですが、一羽の烏は「僕はやだよ」と言って聞きません。それからカラスはどうなったのでしょう・・・

○お箏の体験もしました。「お名前弾けたね」とても感激でした。
○金子みすづさんの「蜂と神様をみんなで歌いました。
チャーミングな子供たちで参加したスタッフはみな大喜びでした。またお会いしたいね…
コメント

邦楽演奏家募集・尺八・三絃・お箏・篠笛  

2017-12-09 23:17:30 | 次世代の演奏家を育成いたします。
コメント

会員募集  お箏を弾いた経験のある人集まれ。

2017-12-09 23:00:38 | 若い世代に邦楽を伝える。
群馬邦楽教育振興会は、教育現場に出前演奏をしています。
経験のある人、グループレッスンをしてレベルアップしましょう。山田・生田の流派は問いません。

教育現場に出かけて、子供達に模範演奏を致します。
指導者でなくても大丈夫です。
五月から八月まで無料講習会を開きます。その時参加しても結構です。


実は指導者がお亡くなりになって困っている人も多いと聞いています。その様な方でもっと演奏家として、社会のお役に立てたいと思う方。ご連絡ください。
演奏家として実収入の得られるシステムを考えております。邦楽演奏家のプロになりたい方募集中です。年齢は問いません。
やる気のある方・
連絡先  090-3687-7468佐藤美弥井(会長)
コメント

次世代に残そう日本の伝統音楽

2017-12-07 22:31:01 | 若い世代に邦楽を伝える。
10月25日には群馬県立盲学校の子どもたちと交流しました。朗読と話し方クッションの会(代表佐藤弥生)萩原千恵子・梶川利江・佐野英子・高橋英代と私佐藤美弥井が参加しました。お箏の響きを気に入ってくれお話を聞く前に、お箏に触れてみました。子どもの小さな指を持って、「まるまるちゃーん」とうたうと大変気に入っていたようです。ヒーリング♪としてとりいれるのもうなずけますね。
11月27日(月)前橋市立鎌倉中学校へ文化講演会「日本の伝統音楽鑑賞会」を実施
400名の生徒の前で演奏と発声の練習、実技体験を実施しました。
キラキラと中学生らしい純粋さを感じました。もっともっと時間がほしいと思いました。
教育現場に出向くことが邦楽普及活動としては、大いに取り入れるべきと感じた。
演奏家たちも、そう願っているはずです。新年の1月22日には前橋市立元総社北小学校に行きます。
コメント

温故和楽会70周年記念演奏会

2017-12-03 23:40:31 | 若い世代に邦楽を伝える。
コメント