極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

容疑者Xの献身 (2008) 128分

2008-10-05 16:50:48 | 日本映画(映画館)
「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
UNIVERSAL J(P)(M)

このアイテムの詳細を見る
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る



 天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…


 映画館 ★★★★☆

 いやぁ・・・なかなかよかった。
私は結局、昨夜の「ガリレオΦ」も見てなくって、「ガリレオ」についてはまったく見てないんですが、TVシリーズ1から見なくっちゃね。(先日再放送をやってたのを録りそこなったもんで)

 っていうか、この「容疑者Xの献身」においては、まったく違う内容のお話なので。。。「人の心」という非論理的なものを湯川准教授がどう解決するか・・・ってところが見ものです。まあ、お話の内容は原作を読んだ時の記事にも書いたので、ここは映画の話を。

 珍しく原作を読んでからの鑑賞でしたが、もちろん映画オリジナルのシーンもあって当たり前。それでも原作とまったく変わらない感動が胸を打ちました。私と嫁は原作を読んでましたが、原作を読んでいない娘が「え~わぁ~」って感動してたので、読んだあなたも読まなかったあなたも楽しめる作品だと思います。

 ぶっちゃけ私が一番驚いたのは
福山雅治って意外と背が高いのことと、柴咲コウって案外背が低いことでした(笑)

 で・・・ひとつ文句をつけると、堤真一の「演技してるやろ?」ってところかな(笑)ちょっと辛口だけど(笑)

コメント (10)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« めちゃ赤っ恥(笑) | トップ | 上村騎手 おめでとう! »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愛とは虚数? (kossy)
2008-10-05 21:22:10
予告編を見たときから“愛”とは虚数iのことだと思ってました~
だから物理学者が数学的アプローチで犯罪を解いていくものだと勘違いしてた。
毎度のことで、TVシリーズの映画が公開されても見ない!と決めてたのに、これほどTV版を見たくなってくるとは・・・

ちなみにPV(?)でギターを弾いてた福山の運指は音と合ってなかった・・・
だよね(笑) (しんちゃん)
2008-10-05 21:25:26
★kossyさん
やはり湯川のキャラがいいのかも。
確かにTVドラマは物理実験での解決なのでまったくこの映画とは違うみたいね。
でも、彼の「講釈」を聞きたいかも(笑)

私も昨夜の特番は録画したけど、TV版はまったく見てないもんで(笑)
そういえば (シウ)
2008-10-05 21:50:52
探偵ガリレオ&予知夢 と、容疑者Xの献身も
ちょっと違うイメージですものね。
ドラマと今回の映画が違うのは当然なのかもしれません。

ホント、おっしゃるとおりで
本を読んだ時と同じ感動が味わえるんですよね。
でさ・・・ (しんちゃん)
2008-10-05 22:13:38
★シウちゃん
よく考えたら「愛」というような「非論理的」なものも湯川准教授は得意なんだね(笑)

で、柴咲コウが私は邪魔にならなかったなぁ
物語を進める上でいい潤滑油でした。嫁は「いらんなぁ」って言ってたけど(笑)

 
こんばんは! (由香)
2008-10-05 23:44:07
お邪魔します♪
面白かったですね~
テレビドラマで軽いノリだったので、大丈夫かなぁ~と思いましたが、全く作風を変えて重厚感を出していたと思います。
実は原作はイマイチだったのですが(汗)、映画の方は感動したわ~
堤さんが凄く良かったです!!
いつも見ている堤さんとは別人で、気持ち悪さや(笑)哀しみが溢れていました~
そかそか(笑) (しんちゃん)
2008-10-06 07:03:31
★由香ちゃん
私は記事にも書いたように、堤真一の抑えた演技さえオーバーアクションに見えちゃって(笑)
でもまぁ、原作同様すばらしい映画でした。
堤さん嫌い? (じゃすみん)
2008-10-06 12:39:14
まぁ、私も好きなほうじゃないけど。>堤
弁当やさんの今後を心配しちゃったけど 結構原作に忠実だったよね。
読み直して気がついたこと(笑) (しんちゃん)
2008-10-06 12:42:00
★じゃすみんちゃん
原作は3月の事件だった(笑)
大きな違いってそこだな(笑)

柔道をやってたとか、弁当屋は実は彼女ガオーナーじゃないとか言うのはどうでもいいことだし。

堤真一、嫌いじゃないんだけど、演技がちょっとオーバーなのがなぁ(笑)
これから読む! (未来)
2008-10-15 00:12:08
「演技してるやろ?」
ほんま、ニヤッといやらしく笑いながら言いそう。。。
でもやっぱり堤さん上手いですね!
ドラマもSPも観たけど、ただの‘テレビ版スペシャル’じゃなくて、面白かったよ!
そして「観てから読む」のです。
うんうん!(^-^) (しんちゃん)
2008-10-15 08:11:44
★未来ちゃん
このシリーズ・・・TVはまったく見てなくて、原作は短編2作品読んでたのね。
で、「容疑者X」を読んだときに・・・
「w( ̄o ̄)w オオー! 直木賞受賞も大納得!」って感じで感動してた私(笑)

 堤真一って、どの演技もオーバーアクションなところがカレの個性なんだろうね(笑)
でも、そこがカレの魅力なんだと思う。
嫌いじゃないよ?ほとんど彼の映画見てるもん(笑)

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

42 トラックバック

容疑者Xの献身 (Diarydiary!)
《容疑者Xの献身》 2008年 日本映画 テレビドラマ《ガリレオ》の映画化、物理
「容疑者Xの献身」完全犯行トリックの末にみた湯川が導き出した底辺×高さ÷愛の答え (オールマイティにコメンテート)
「容疑者Xの献身」は東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「容疑者Xの献身」を映画化し2007年10月からフジテレビ月9で放送された「ガリレオ」の劇場版で天才物理学者湯川学が天才数学者石神哲哉の仕組んだ完全犯罪に対して物理学で謎を解いていく作品である。「ガリレオ...
容疑者Xの献身 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作...
容疑者Xの献身 (ネタバレ映画館)
ありえない、わからない、おもしろい・・・
『容疑者Xの献身』 (★we were on a break★)
公開まで2週間。地元マスコミ向け試写会で見てきました。
容疑者χの献身 (利用価値のない日々の雑学)
今年度の期待度ランキングには出なかったが、実は密かに今年一番期待していた作品かもしれない。そもそも昨年のテレビ放映中から映画化を前提としていたコンセプトに感銘していたので、気合いの入れ具合にこちらも久々に民放のドラマとしては全部見た。フジでは「踊る...
容疑者Xの献身 (せるふぉん☆こだわりの日記)
10月4日公開初日「容疑者Xの献身」を見てきました。 一番大きいスクリーンでした
容疑者Xの献身 (Akira's VOICE)
献身る(まもる)  
【邦画】容疑者Xの献身 (海外ドラマが好き♪)
朝一番で 映画館へ。ほんとは 朝、放映されるはずのメイキングSP番組も観たかったんだけど 我慢して・・・。 いやぁ、良かったよ!!
[映画] ガリレオ 容疑者Xの献身 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「容疑者Xの献身」 10月4日から公開になった映画版「ガリレオ」こと「容疑者Xの献身」を観てきました。 以下、ネタバレ無しの感想。 ■映画 「容疑者Xの献身」 あらすじ  惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に...
誰も幸せになれない結末。~「容疑者Xの献身」~ (ペパーミントの魔術師)
大概のひとはドラマ「ガリレオ」のスペシャル版 THE MOVIEのつもりで行ってる・・のかな? としたら、 あの葵の印籠みたいなシーン(爆)はないので あしからず。 ドラマの持っていた、軽さとか派手さよりも 原作に近いつくりになってたんじゃないですかね? 容疑者Xの...
容疑者Xの献身 (俺の明日はどっちだ)
「切ない、実に切ない」東野圭吾の原作を元に無難にストーリーをなぞって描きあげた「普通な、実に普通な」謎解き恋愛ミステリー。 結論から言うと総じて決して悪い出来ではないと思うし、特に原作のイメージとは大いにかけ離れていながらも説得力ある演技で唸らせてくれ...
【容疑者Xの献身】 (日々のつぶやき)
監督:西谷弘 出演:福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、北村一輝 原作は東野圭吾さんの同名小説、直木賞受賞作です。(原作の感想はこちら→☆ ) 「天才物理学者湯川を頼って捜査協力にやってきた内海。顔をつぶされ手足の指紋を消された男の死体が見つか
人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』 (水曜日のシネマ日記)
第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。
ガリレオが挑む、 “愛” の証明●容疑者 X の献身 (Prism Viewpoints)
その謎を、愛そう。 ――― (公式キャッチコピー) 『容疑者 X の献身』 容疑者 X の献身 公式HP 発見された男性の死体は顔がつぶ...
容疑者Xの献身 (Memoirs_of_dai)
TV局製作映画の中では実に面白い 【Story】 惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進...
『容疑者Xの献身』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、...
容疑者Xの献身 (掃き溜め日記-てれびな日々-)
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人
舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガリレオφ エピソードゼロ』サークルKサンクスで発売中のタイアッ...
容疑者Xの献身 (to Heart)
その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/...
★「容疑者Xの献身」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらり...
劇場鑑賞「容疑者Xの献身」 (日々“是”精進!)
「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、初長編にして、第134回直木賞に輝いた同名小説。TV...
「容疑者Xの献身」  感情にうごかされた二人の天才・・・・。  (取手物語~取手より愛をこめて)
『科学で証明できないものは、理解できないくせに・・・。』
「容疑者Xの献身」 愛は割り切れない (はらやんの映画徒然草)
昨年テレビシリーズが放映された「ガリレオ」の劇場版です。 テレビシリーズは毎回欠
容疑者Xの献身(2008年) (勝手に映画評)
フジテレビで放映され、大ヒットした『ガリレオ』の映画化。って言うより、東野圭吾の探偵ガリレオシリーズの中の長編『容疑者Xの献身』の映画化と言った方が正しいんでしょうかね?  テレビの際も(元々原作には居なかった”内海薫”とか、”城ノ内桜子”とかの女性登...
映画「容疑者Xの献身」 (FREE TIME)
話題の映画「容疑者Xの献身」を鑑賞しました。
容疑者xの献身(映画評・感想) (blog50-1)
容疑者Xの献身 (東野圭吾著)を鑑賞。 あらすじ詳細は→容疑者Xの献身:wikipedia 水商売から足を洗い、花岡靖子は娘・美里とともに、慎ましやかに弁当屋に勤務しているが、どうしようもない元亭主が家に押しかけたため、勢いで親娘は元亭主を殺してしまう。 隣人...
「容疑者Xの献身」を愛そう (変化という流れの中で。CLOVER!!!!)
★ガリガリなオレ?・・・ううん、ガリレオ。 どうもこんにちは。湯川学です。 ガリレオと呼ばれています。 口癖は、「実におもしろい」です。 どうぞよろしく。 ・・・あ、すっかり勘違いしていました。 どうもこんにちは。しょうもな...
天才数学者 vs 天才物理学者【容疑者Xの献身】 (犬も歩けばBohにあたる!)
テレビドラマも高視聴率を納めた『ガリレオ』の映画版。 原作は本作で直木賞受賞した
映画『容疑者Xの献身』 (闘争と逃走の道程)
 直木賞を受賞したミステリー小説の映画化であり、かつフジテレビのいわゆる「月9」枠連続ドラマ『ガリレオ』の映画版でもある、そんな作...
容疑者Xの献身 (future world)
テレビ版とは違いますな。。 月9ドラマは欠かさず観ており、ごく一般的なガリレオファン・・・ 特に福山クンが大好きって訳じゃないけど、「キムタクのドラマ」「福山クンのドラマ」は無条件で観てしまうのだ。。。 ~容疑者Xの献身~、原作は未読(今手元にある...
『容疑者Xの献身』@日劇 (映画な日々。読書な日々。)
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっ...
【映画】容疑者Xの献身 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作の補填と福山視点でのシナリオ再構成 ■感想 随分と原作を丁寧に扱った ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 惨殺死体が発見され、草薙俊平(北村一輝)は後輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻(松雪泰子)の...
「容疑者Xの献身」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 男の絞殺死体が発見された。顔が潰され、指を焼かれたその男の身元は、富樫慎二(長塚圭史氏)と判明。捜査に乗り出した貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴咲コウさん)は、富樫の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子さ...
容疑者Xの献身 (Sweetパラダイス)
愛しの福山さんをスクリーンで堪能してきましたやっぱスクリーンで見るのはいいわミステリー作家・東野圭吾の直木賞作品「探偵ガリレオ」シリーズを原作とする人気ドラマの劇場版。福山雅治演じる天才物理学者・湯川学が、卓越した推理力で難問に挑む。顔をつぶされ、指を...
容疑者Xの献身 (★ Shaberiba ★)
愛や人の思いなんてものが、計算通りにいくわけはない・。 天才ながら不器用な男の物語に涙・・。
容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。 ●導入部...
容疑者Xの献身 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作者は東野圭吾さんで、この作品で第134回(2005年下半期)直木賞を受賞しているが、本作での受賞というよりは、それまでの実績が評価されての受賞だと思う。そもそも本作は、探偵ガリレオシリーズ第3弾ということで、シリーズものが嫌いな僕には興味の
容疑者Xの献身 (Yuhiの読書日記+α)
第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた東野圭吾の同名小説を映画化したもの。この作品に登場する物理学者湯川が謎を解く「探偵ガリレオ」「予知夢」も以前ドラマ化され、高視聴率を取っていましたね。 監督は西谷弘、キャストは福山雅治、柴咲コウ、堤真一、...
容疑者Xの献身 (pure's movie review)
2008年度 日本作品 128分 東宝配給STAFF監督:西谷弘脚本:福田靖原作:東野圭吾『容疑者Xの献身』CAST福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一 ダンカン 真矢みき かつてファンクラブにも入ってたほど、福山ファンです(*´ェ`*)ポッでもドラマのガリレオ...
「容疑者Xの献身」 主役は堤真一 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
りょうたが観たがっていたのに、休みの日は野球があるのでなかなか行けなかった作品。 もうすぐ終わりそうなので、大慌てで行って来た。 新春第一弾の劇場映画はコレ「容疑者Xの献身」 いやー、さすが上手いよ、堤 真一。 さすが年間興行収入第4位なだけある!
『容疑者Xの献身』’08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...