極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

昭和がまた遠く。。。

2020-12-25 19:16:36 | ・・……(-。-) ボソッ

 10月に筒美京平が80歳で亡くなったときには、私の小中高大・・・大人になってからもそうですが、「青春」が終わった気持ちになりました。彼の全集を買いたいのですが、いまだに悩んでいます。

 昨日、中村泰士の訃報を聞き、81歳という年齢のこともあり、正直「そっかぁ・・・」程度の感想でしたが、今朝なかにし礼の訃報を聞いたときには正直「え!」と驚きました。2日続けて1970年代以降の歌謡史を作ってきた二人の訃報は本当に驚きました。

 レコード大賞受賞作「北酒場」はこの二人の手によるものです。細川たかしは連日コメントを発表することになりました。彼のデビュー曲「心のこり」も二人の手によるものです。紅白では郷ひろみが「筒美京平メドレー」を歌うことが発表されていますが、特別枠で「北酒場」歌ってほしいものです。

 中村泰士の代表曲として、私にとっては「スタ誕」の審査員ってこともあって、桜田淳子のデビューからの5曲(天使も夢みる・天使の初恋・わたしの青い鳥・花物語・三色すみれ)や、ちあきなおみの「喝采」「夜間飛行」細川たかしの「心のこり」「北酒場」。

 なかにし礼の代表曲は・・・これはあまりにも多過ますが歌手50音順で紹介すると
朝丘雪路「雨がやんだら」アン・ルイス「グッバイマイラブ」石川さゆり「風の盆恋歌」いしだあゆみ「あなたならどうする」奥村チヨ「恋の奴隷」北島三郎「まつり」北原ミレイ「石狩挽歌」キャンディーズ「哀愁のシンフォニー」黒沢年男「時には娼婦のように」小柳ルミ子「京のにわか雨」坂本スミ子「夜が明けて」島倉千代子「愛のさざなみ」菅原洋一「今日でお別れ」鶴岡雅義と東京ロマンチカ 「君は心の妻だから」ザ・テンプターズ「エメラルドの伝説」TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」ハイ・ファイ・セット「フィーリング」ピーター「夜と朝のあいだに」ザ・ピーナッツ「恋のフーガ」弘田三枝子「人形の家」ペドロアンドカプリシャス「別れの朝」細川たかし「北酒場」黛ジュン「天使の誘惑」由紀さおり「手紙」・・・キリがありません。

 彼の小説は読んだことは有りませんが、直木賞作家でもありますし、ワイドショーの辛口コメンテーターでもありましたね。

コメント   この記事についてブログを書く
« イヴのごちそうは。。。 | トップ | あ・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

・・……(-。-) ボソッ」カテゴリの最新記事