極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

焼肉ドラゴン (2018) 127分

2019-08-14 18:43:31 | 日本映画(DVD・TV)
焼肉ドラゴン [Blu-ray]
真木よう子,井上真央,大泉洋,桜庭ななみ
KADOKAWA / 角川書店



 大阪万博が目前に迫り活気溢れるとある地方都市の路地の一角。第二次世界大戦で左腕を失った龍吉は、故郷の済州島を追われて来日した英順と再婚し、ここで小さな焼肉店“焼肉ドラゴン”を開業し、4人の子どもたちを育てるために身を粉にして働いてきた。そんな中、中学生になった末っ子の時生は学校でイジメに遭い心を閉ざしてしまう。一方、次女の梨花は、夫・哲男が幼なじみでもある長女・静花への恋心を今も捨てきれずにいることに苛立ちを募らせていくのだったが…。


 WOWOW ★★★


 オリジナルは舞台劇。で、その原作も脚本も演出もおこなった鄭義信がメガホンを取ったわけなんだけど、最初に書いたようにオリジナルは舞台劇故に「焼肉ドラゴン」店内での会話でお話が進むという感じです。確かに末っ子の話の関係で学校行ったり、川行ったりしていますが(笑)

 なのでちょっとお話がこじんまりしている気がします。そこが少々残念かな。一番の見せ場がラス前の店主の長台詞だとは思いますが、大泉洋の恋敵との一気対戦も面白かったけど。

 美人三姉妹がそれぞれなかなか良かったんだけど、それぞれの連れ子とは言えどうみてもどちらの血も受け継いでいないように見える。。。。って、ここは突っ込むところじゃないか(笑)

 この「焼肉ドラゴン」のひと世代前のお話である「血と骨」を思い出しました。映画化における脚本はこの鄭義信も携わっていますが、全く違う「家族」の姿でしたね。

 千里川土手から見る、着陸する727がとてもきれいでした。CGだけど(笑)

コメント   この記事についてブログを書く
« 夏休み4日目 | トップ | 夏休み最終日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事