極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

アルキメデスの大戦 (2019) 130分

2019-07-27 15:23:58 | 日本映画(映画館)
アルキメデスの大戦 実写映画公開記念 1巻~3巻お買い得パック (ヤンマガKCスペシャル)
三田 紀房
講談社



 1933年。欧米との対立を深め、軍拡路線を進める日本では、海軍省が秘密裏に世界最大の戦艦の建造を計画していた。その一方で、海軍少将・山本五十六をはじめとする“今後の海戦は航空機が主流になる”と主張する“航空主兵主義”派も存在し、“大艦巨砲主義”の推進派と激しく対立していた。そこで、山本は独自に建造費を見積もり、計画の欺瞞を指摘して建造を阻止しようと目論む。そのために彼が目を付けたのが、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。しかしこの男、筋金入りの軍隊嫌いで、おまけに超のつく変わり者だったのだが…。


 映画館 ★★★★


 日本は敗戦し、戦艦大和は就役後、たった3年5ヶ月で沈没し。。。ようするにこの映画の冒頭であえて大和の沈むところを見せてくれますが、この大和を作るまでの「秘話」の映画です。





 主人公櫂直のモデルとなる人がいたかどうかはわかりませんが、コミック原作とは言え、なかなかリアルなお話で面白いです。ようするにこの映画で限って言えば「戦争」がテーマではなく、一人の数学者の物語でした。主演の菅田将暉はもちろん良かったんだけど、私は彼の下につくことになる田中正二郎を演じた柄本佑がめちゃ良かったですね。

 原作のコミックは未見ですが、あくまでも「戦争を早く終えるため」の大和建造という視点はなかなか面白かったので、原作も読みたいと思います。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 体操しようよ (2018) 109分 | トップ | 地域盆踊り大会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kazu)
2019-09-02 23:46:21
戦争を早く終えるための大和建造には
ちょっとびっくり。
発想が面白いです。
「戦争」がテーマではなかったですね。
Unknown (しんちゃん)
2019-09-03 23:05:58
★kazuさん
菅田将暉はどんな役も達者だと感じました。
大阪の子だから応援してます(笑)

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事