極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

キャプテン・マーベル(2019) CAPTAIN MARVEL 124分

2019-03-18 20:33:05 | 外国映画(映画館)

 クリー帝国の精鋭部隊“スターフォース”の女性ソルジャー、ヴァース(キャプテン・マーベル)は、失った記憶のフラッシュバックに悩まされていた。彼女の失われた記憶には大きな秘密が隠されており、それをクリー人の宿敵で、自在に姿を変える能力を持つスクラル人が狙っていた。やがてスクラル人を率いるタロスとの攻防の末に地球に墜落したヴァース。彼女はそこでS.H.I.E.L.D.の敏腕エージェント、ニック・フューリーと出会う。ヴァースの謎に満ちた存在に興味を示し、行動を共にしていくフューリー。地球に大きな脅威が迫る中、2人は協力して彼女の失われた記憶を探っていくのだったが…。


 映画館 ★★★


 めちゃ若くて顔にシワもなくて・・・ひょっとしたらサミュエル・L・ジャクソンの顔だけCG?(爆)

 っていうのが一番の感想です(笑)物語が「アベンジャーズ」が結成される随分前ですし、サミュエル・L・ジャクソン演じるニックがまだ隻眼ではないし。。。って、隻眼になった秘密まで明かしてくれるサービスぶりです。ま、このような言葉は悪いけど「後出しジャンケン」のような作品が増えるのは仕方がないかな。

 ヒロインを演じたブリー・ラーソンは2015年の「ルーム」でアカデミー主演女優賞をゲットした本格派。ハリウッドのすごいのはそういう俳優さんでもこうした映画に出てくれること。そう言えばハル・ベリーも「チョコレート」でアカデミー賞を取る前後に007でボンドガールや「Xmen」で目を光らせて嵐を起こしてたよね(笑)

ただね。。。
お話があまり面白くない(笑)
彼女も4月に公開される「アベンジャーズ エンドゲーム」に出るための紹介映画?って感じも否めません。ジュード・ロウやアネット・ベニングに時の流れを感じますが、ジュード・ロウ、まだ50前なんだけどなぁ。。。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« おおさか東線乗ってきました | トップ | honey (2018) 105分 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シウ)
2019-03-22 12:04:14
アネット・ベニングには年を感じたけど、
ジュード・ロウは髪の毛増えてませんでした?

ハル・ベリーはキャット・ウーマンも忘れないで!!
きっと本人は忘れたいと思うけど。

ブリー・ラーソンって良い女優さんなんだけど、
なんとなくおばさん臭さがあって、どうも「ヒーロー」というには違和感を覚えませんでしたか?

エンドゲームではサノスVSキャプテンマーベルになって、今までスーパーヒーローだった皆さんが雑魚っぽくなってしまうのでしょうか・・・・。
Unknown (しんちゃん)
2019-03-22 12:27:15
★シウちゃん
増えたんじゃなくてキープってことにしてあげて(笑)
ジュード・ロウもすっかりサブキャラになってしまって。シャーロック・ホームズはまだよかったけど、この映画の彼なんてホント可哀想(爆)
ハル・ベリーはあの数年、ほんとにすごい仕事量で、悲しいことに代表作が4年の間に詰まってた(笑)
コピペすると
キャットウーマン (2004)ペイシェンス・フィリップス
ゴシカ (2003)ミランダ・グレイ医師
X-MEN2 (2003)オロロ・マンロー(ストーム)
007/ダイ・アナザー・デイ (2002)ジンクス
チョコレート (2001)レティシア・マスグローヴ
ソードフィッシュ (2001)ジンジャー
X-メン (2000) ストーム

最近の仕事がも一つぱっとしないんだよね。

ブリー・ラーソン・・・地味すぎ(笑)
もう少し華が欲しいな。

エンドゲーム。。。
どうせならウルヴァリンやデッドプールまで出したら?(爆)

コメントを投稿

外国映画(映画館)」カテゴリの最新記事