極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ナンバー23 (2007) THE NUMBER 23 99分

2007-12-09 16:59:58 | 外国映画(映画館)
 動物管理局に勤める平凡な男、ウォルター・スパロウ。誕生日である2月3日、彼は妻アガサから“ナンバー23”という殺人ミステリーの本をプレゼントされる。その小説には、まるでウォルターそのものと思える主人公が登場し、“23”という数字が持つ奇妙な謎に取り憑かれて人生を狂わし、破滅へと向かう姿が描かれていた。やがてウォルターは、自分に関係するあらゆる情報も“23”に符合している事実に愕然とし、自分も物語の主人公と同じ運命を辿るという強迫観念に囚われてしまうのだったが…。


映画館 ★★★☆

 23って・・・素数です(笑)「博士の愛した数式」でもおなじみですが、素数ってすごく魅力的ですよね。そして日本ではもうすぐに迫った今上天皇の誕生日でもあります。

 「決して結末を話さないでください」って映画なのであまり多くは語れませんが、ジム・キャリーの相手役のヴァージニア・マドセンって女優さん・・・すごくいいです(笑)「サイドウェイ」や「ファイアーウォール」にも出ていた女優さん。本当にいい女です(笑)

 「23」という数字に魅せられた(?)主人公・・・
その体中に「23」を書いているんですが、さながら小泉八雲の「耳なし法一」を思い出させてくれます。

 ちょっとだけネタバレさせてもらうと。。。
ジョニーデップのメガネ姿がとてもセクシーだった「あの映画」とよく似ています(笑)ひょっとしたら一番重要なネタバレかもしれません(笑)

 R15の指定を受けていますが、内容がちょっと残虐な箇所が数箇所あってね・・・ちょっと残念でした。ここをうまく処理したらPG12ですんだかもしれません。

コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
«  怪しい?妖しい?(;¬_¬... | トップ | ベオウルフ/呪われし勇者 (... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり・・・ (Qchan)
2007-12-09 21:27:05
あれに似てるよね!?
でも、23のこじ付けがあまりにもひどくなかった?(笑)
最小公約数とかならまだ分かるんだけどね・・・
さかさまとか足し方がさまざまだとちょっとねぇ~・・・(笑)
まあ・・・ (しんちゃん)
2007-12-09 21:40:58
★Qちゃん
心の病だからさ
そのこじつけは仕方がないと思うよ。

でもまぁ、なかなか面白い映画でした。
そうなんだあ・・ (くみちゃん)
2007-12-09 22:20:46
大好きな大好きなジム様の映画だけど
残虐なシーンがあるならちょっと私はダメかも~
彼の映画でそういうのは今までなかったような気がするなあ。。

あ、それってスティーブキングの・・・
あれも目を覆うシーンいくつかありましたよね~
そうだなぁ・・ (しんちゃん)
2007-12-09 23:20:23
★くみちゃん
あの映画よりかは残酷だったよ。
ジム・キャリーファンなら観たいよなぁ

そうね、エターナル・サンシャインも彼の新境地の映画だったけど、この映画も新しい彼を見ることが出来るよ。

コメントを投稿

外国映画(映画館)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

ナンバー23 (なんちゃかんちゃ)
小説に登場する刑事と自分の半生を重ねた男が、次々と不気味な事件に巻き込まれるミステリー。ジム・キャリー扮する夫が、家族の運命をも狂わせるさまをスリリングに描出。
ナンバー23 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは一冊の本からはじまった』  コチラの「ナンバー23」は、ジム・キャリーが数字に執着する男をシリアスに熱演するR-15指定のスリラーで、奇しくもって言うかきっと狙ってでしょうけど、11/23に公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  本国ア...
ナンバー23 (ネタバレ映画館)
犬とは相性のいいはずのジム・キャリーが噛まれてしまった。
「ナンバー23」 数字の神秘 (はらやんの映画徒然草)
「23」という数字に支配されているという妄想にとりつかれた男が主人公の物語。 古
映画『ナンバー23』を観て (KINTYRE’SDIARY)
98.ナンバー23■原題:TheNumber23■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:99分■日本語字幕:石田泰子■鑑賞日:12月1日、渋谷東急(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジョエル・シューマッカー□脚本:ファーンリー・フィリップス□製...
ナンバー23 (eclipse的な独り言)
 一応観た映画は劇場でもDVDでもすべて記事にしようと考えている私です。でも劇場
「ナンバー23」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 動物管理局に勤める平凡な男、ウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)。誕生日の2月3日、 彼は妻アガサ(ヴァージニア・マドセン)から“ナンバー23”という...
ナンバー23 (mama)
The Number 23 2007年:アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジム・キャリー 、バージニア・マドセン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ、ローガン・ラーマン 動物管理局に勤めるウォルターは、誕生日に妻から「ナンバー23」という...
ナンバー23 (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、ためになる 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン 本作は、ミステリーではなく完全なサイコ・サスペンス。妻から「ナンバー23...
【映画】ナンバー23 (★紅茶屋ロンド★)
<ナンバー23 を観ました> 原題:The Number 23 製作:2007年アメリカ ランキング参加中 ジム・キャリー主演のサスペンス・ミステリー!気になりつつも、ずっと観るタイミングを逃してしまっていましたが、やっと鑑賞です。 コメディ映画が印象強いジム・キ...