極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

美女と野獣 (2014) LA BELLE ET LA BETE 113分

2014-11-01 15:13:16 | 外国映画(映画館)

 都会で裕福な暮らしをしていた商人一家が、貿易船を大嵐で失い、破産してしまう。一家が田舎に移り住むと、贅沢に慣れきった3人の兄と2人の姉が不満を募らせる。一方、末娘のベルだけは、家族で一緒にいられることに幸せを感じていた。そんなある日、森で吹雪に見舞われた父は、偶然見つけた古城に逃げ込み九死に一生を得る。いくら探しても主人の姿は見えず、父は帰り際に庭で美しいバラを目にして、思わずベルの土産にと一輪手折る。その瞬間、世にも恐ろしい野獣が姿を現わし、バラの代償に商人の命を要求する。


 映画館 ★★★★


 やっぱフランスの古典はフランスの映画が一番って思いました。当たり前の話です。ディズニーのアニメとは全く違うので・・・っていうか、こちらのほうが原作に近いわけで。

 この映画では野獣はどうして野獣となったのかという点に重点が置かれ、それをベルが夢で見て彼に恋心を抱くという設定になっています・・・って、一番のネタバレ?(笑)


 ベルを演じたレア・セドゥは正直それほど「美女」ではありません。
しかし、こういうコスプレ劇がほんとよく似合い、また衣装のせいで豊満な胸の谷間もたまらない魅力となっていました。

 ヴァンサン・カッセルについては「お前スッピンで野獣やん!」なんて心のなかで突っ込んでた人が多かったと思います(笑)


 もう少しグロでエロで残酷なのかな?なんて思いましたが、十分にお子様も楽しめるファミリー映画だと思います。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 京都〈千年の都〉の歴史   ... | トップ | 京都御所一般公開 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かったです (シウ)
2014-11-01 23:10:52
ほどよくエロティックでした。
たしかに、レア・セドゥの谷間見せは
今作最大の見どころかもしれませんね~。
あれがエロすぎにならないのは
彼女の顔だちのなせるわざ。
ミア・ワシコウシュカちゃんみたいな、
作品を名作にしちゃう顔立ちですね。
Unknown (しんちゃん)
2014-11-02 07:00:11
★シウちゃん
娘も「めちゃ触りたいおっぱい!」って感動してました(笑)
元カノの全裸もめちゃ綺麗でした(笑)

ま、それに引き換え、出てくる男はクズばかり(爆)

コメントを投稿

外国映画(映画館)」カテゴリの最新記事