極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

トータル・リコール(2012) TOTAL RECAL 118分

2012-08-16 19:31:31 | 外国映画(映画館)

 大きな戦争によって荒廃した近未来。生き延びた人類は、裕福な人々とそれ以外の貧しい労働者という二極化が進んでいた。工場労働者のクエイドは、希望のない単調な毎日に嫌気が差し、巷で評判の人工記憶を試してみたいと思い立つ。それは好きな記憶を選んで楽しむものだが、あまりにもリアルな体験のため、中毒者が出るなど社会問題化し、当局によって非合法化されていた。そんな人工記憶を扱う“リコール社”を見つけ出し、憧れの“スパイ”を選んだクエイド。しかし記憶を植え付けようとした瞬間、突如警官隊の襲撃を受け、取り囲まれてしまう。


 映画館 ★★★★


 私もリメイク作品を見る年齢になりました(笑)オリジナルを映画館で観て、リメイクも映画館で見るという体験はひょっとしたらなかったかもしれません。そうそう「犬神家の一族」がそうでしたね(笑)これは監督も同じなので純然なリメイク作品だと思います。
シュワちゃんのオリジナルなどは今でもDVDで2,3年に一度見るので古い感じは受けませんが、1990年の作品なんですね。私が映画館で見ていない作品のリメイクなどは随分あるんですが、実際に映画館で見た作品のリメイクなんて、ひょっとしたらこの作品が初めてかもしれません。もっとも、中学の頃から映画館で映画を見始めたとしたらすでに35年以上なのでこういう作品は探せばもっとあるかもしれませんね。

 リメイク作品は★4つあげてもいい素晴らしい内容でした。近未来の都市はブレードランナーを彷彿とさせる出来栄えでしたし、オリジナルは火星が舞台ですが、イギリスとオーストラリアを地球の核を串刺しするようにトンネルが通ってるというこの作品の世界観はなかなか面白かったですし、オリジナルを見たことのない人にはこの作品は本当に面白いものだと思います。またオリジナルで巨体なおばちゃんからシュワちゃんが出てくるシーンを連想させるシーンにもなかなか笑わせてもらいました。1シーンとっても気に入ってるシーンがあって、何故か弾けないはずのベートーベン「テンペスト」を弾くシーンがあって(笑)ま、ここは見た人のお楽しみって感じです。

 が・・・
やはりオリジナルを映画館で見た世代にはオリジナルのほうが面白いと思います。これはどうしようもないことなんですね。どのような映画でも自分自身が先に出会った作品をこえるものはなかなかないと思います。なのでこのリメイク版を見た人がオリジナルを見てもこちらに軍配を上げるのだと思います。

コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« アベンジャーズ (2012) THE A... | トップ | アイアンマン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画の記憶 (iina)
2012-08-22 09:46:32
>巨体なおばちゃんからシュワちゃんが出てくるシーンを連想させるシーン・・・
ありましたっけ?
映画館を出て3歩以上歩いているので、忘れるのも無理はありません。

>弾けないはずのベートーベン「テンペスト」を弾くシーン・・・
弾けない人でしたっけ? その割には、ピストルで弾を撃ちまくってました。
映画の印象は、観る人によって異なるものです。
Unknown (しんちゃん)
2012-08-22 21:35:08
★iinaさん
主人公がオーストラリア側に変装して密航する場面、ちょっと大柄のオリジナルと同じような顔をしたおばちゃんが何回も見きれてました。オリジナルを知ってる人は、「ん?またあの中に?」なんて思ったと思います。

 もちろんピアノ弾けるんです。弾けるからこそ黒鍵の仕掛けが生きるわけです。
しかし、本人は弾けるとは思ってなかったと思います。彼の記憶にはないことですからね。

コメントを投稿

外国映画(映画館)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

トータル・リコール (もののはじめblog)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演『トータル・リコール』のリコールでなくリメイク。 リコールなんて縁のない車が未来都市を飛びまわる。 舞台は火星ではなく地球。顔が割れた内にシュワちゃんが現れたり、埋め込まれた記憶を鼻から抜き取ったりはせず、ストーリーが...
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
トータル・リコール (a la mon)
あらすじ: 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラスは、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり...
トータル・リコール : 格差社会をぶっ壊せ!! (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 私自身、高校野球には全く興味ありませんが、大阪桐蔭が春夏連覇したとの事ですね。おめでとうございます。では、本日紹介する作品は、こちらになります。 【題名】 トータル
映画『トータル・リコール』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿) TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン...